伊藤正宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊藤正宏(いとう まさひろ、1963年3月25日 - )は放送作家、脚本家、元・舞台俳優。

個人事務所、有限会社イトーサン・ドット・コム(ito3.com)所属。大阪府出身。大阪明星高等学校卒業、早稲田大学第一文学部中退。大学在学中から劇団第三舞台に所属する俳優であった。

1988年から放送作家を兼職、1993年に同劇団を退団して俳優を廃業し、以後放送作家に専念する。代表作に「めちゃ2イケてるッ!」「料理の鉄人」「大改造!!劇的ビフォーアフター」「空から日本を見てみよう」「和風総本家」などがある。

和文化や柴犬が好き。パソコンはアップル派と公言。以前は米Palm社のPDA「Palm」を愛用しており、「機長」のハンドルネームでPalmをメインテーマにしたサイト「パーム航空」を主催していた(2019年現在、更新は停止している)[1]

2009年に双子が誕生し、ツイッターやブログにて、子育ての奮闘とパパとしての喜びに溢れた双子日記が綴られている。

来歴[編集]

1963年3月25日、大阪府出身。大阪時代のほとんどを大阪市大淀区(現北区)中津で過ごす。中津小学校、大淀中学校、明星高等学校を卒業。

1981年、劇団第三舞台に入団して俳優デビュー。同年、早稲田大学(第一文学部)に入学し上京。その後、中退。

第三舞台時代は、背の低さをいじられることが多く、「天使は瞳を閉じて」では劇団きってののっぽ女優・山下裕子と天使のデコボココンビを組まされていた。『天使は瞳を閉じて』で主役を演じた彼の評価は高く、後に同作品はミュージカル化され、伊藤の役はキャイ〜ン天野ひろゆきが演じたが、第三舞台ファンたちの間では伊藤の方がはまっていたと言われている。

役者時代は「オタクの花嫁」という映画で主役を務め(ヒロインは筒井真理子)、ビデオ化もされたが、人気を得ることはできなかった。私生活では小須田康人と非常に仲がよく、小須田の酔ったときの愚痴を聞くのは伊藤の役目であったという。

俳優をしながらできるアルバイトの一つとして放送作家業を始め、1988年、フジテレビ「笑いの殿堂」で放送作家デビュー。初期の作品では、本を書いた上に出演したりすることもあった。1993年、第三舞台退団と同時に俳優業を辞め、放送作家として本格的に活動開始。この年に始めた番組が、「とぶくすり」と「料理の鉄人」。前者はその後「めちゃイケ」(1996年 - )へと成長し、この2番組がその後の人生を決める。この後は、完全に作家業一本に専念。

2001年、有限会社イトーサン・ドット・コムを創業、現在に至る。

放送作家活動の担当作品[編集]

現在の担当テレビ番組[編集]

過去の担当テレビ番組[編集]

バラエティ・情報番組[編集]

テレビドラマ[編集]

映画脚本[編集]

ビデオソフト[編集]

  • ウッチャンナンチャンの大人養成講座(1993年7月、ポニーキャニオン
  • 笑いの殿堂 Vol.1 - 6(ポニーキャニオン)
  • 笑いの殿堂〜自画自賛(1990年2月、ポニーキャニオン)
  • 笑いの殿堂〜目覚めよアーバニスト(1991年11月、ポニーキャニオン)
  • 「とぶくすり」シリーズ(ポニーキャニオン)
  • 「料理の鉄人」シリーズ(ポニーキャニオン)
  • ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島(2005年、東映
  • ONE PIECE THE MOVIE カラクリ城のメカ巨兵(2006年、東映)
  • とぶくすりベスト(2001年、ポニーキャニオン)
  • 大改造!!劇的ビフォーアフター(2007年、東宝
  • 空から日本を見てみよう(2010年、ポニーキャニオン)

ラジオ番組[編集]

  • 武田真治のHIT*FACTORY(1994年 - 1997年、TBSラジオ

ラジオCM[編集]

  • PARCO「PARCOグランバザール99夏」(1999年)構成・演出

舞台[編集]

  • サードステージ・プロデュース伊藤正宏ひとり会?「うそつき」(1990年、渋谷ジァン・ジァン
  • 伊勢丹・サードステージ・プロデュース伊藤正宏ひとり会?「うそつき2」(1990年、テアトル新宿
  • PARCOミュージカル「美女とトークン、マヨネーズ」(1996年12月 - 1997年1月、PARCO劇場
  • サードステージ・プロデュース「催眠術入門」(1999年2月24日 - 3月1日、中野ザ・ポケット)

お笑いライブ[編集]

  • 「笑いの殿堂・自画自賛」(1989年12月、常磐座
  • 「笑いの殿堂・星降る夜にお会いしましょう」(1990年7月、常磐座)
  • 「笑いの殿堂・目覚めよアーバニスト」(1991年8月、原宿クエストホール
  • 「昇太と伊藤の1500円」(1991年、渋谷ジァン・ジァン)※出演も
  • 「昇太と伊藤の開演7時」(1995年、文芸坐)※出演も
  • 「南原清隆ひとり芝居・PIN I」(1996年8月、新宿シアターモリエール
  • 「南原清隆ひとり芝居・PIN II」(1997年2月、新宿シアターモリエール)
  • 「南原清隆ひとり芝居・PIN III」(1997年8月、シアターサンモール
  • 「南原清隆ひとり芝居・PIN IV」(1998年2月、シアターVアカサカ

インターネット[編集]

  • 「TK Trillion Net」(1996年)コンセプト・レイアウト担当
  • 「クイズ$ミリオネア」公式サイト(2000年)プランニング担当

書籍[編集]

  • 「めちゃイケ大百科事典」(2001年、扶桑社・共著)

俳優活動の作品[編集]

舞台[編集]

劇団・第三舞台[編集]

  • 宇宙で眠るための方法について(1981年・1984年)
  • プラスチックの白夜に踊れば(1982年)
  • リレイヤー(1983年)
  • デジャ・ヴュ(1983年・1986年)
  • モダンホラー(1984年)
  • 朝日のような夕日をつれて(1985年・1987年)
  • もうひとつの地球にある水平線のあるピアノ(1985年)
  • スワンソングが聴こえる場所(1986年)
  • ハッシャバイ(1986年・1991年)
  • モダンホラー特別篇(1987年)
  • 天使は瞳を閉じて(1988年)
  • 宇宙で眠るための方法・序章(1989年)
  • ピルグリム(1989年)
  • BE HERE NOW(1990年)
  • 天使は瞳を閉じて インターナショナル版(1991年)

伊藤正宏ひとり会?[編集]

  • サードステージ・プロデュース伊藤正宏ひとり会?「うそつき」(1990年、渋谷ジァン・ジァン)
  • 伊勢丹・サードステージ・プロデュース伊藤正宏ひとり会?「うそつき2」(1990年、テアトル新宿)

客演・プロデュース公演[編集]

  • 君たちがいて僕がいる(1983年、懐シアター)
  • 環状線ラプソディ〜終着駅(1988年、翔企画・青山円形劇場
  • ホワイトソング(1988年、劇団健康
  • メロンボールの女神(1989年、ネバーランドミュージカルコミュニティ)
  • 悪魔のいるクリスマス(1992年、流山児★事務所
  • ザ・中学教師(1993年、プラチナ・ペーパーズ)

その他[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ・情報番組[編集]

テレビCM[編集]

ビデオソフト[編集]

  • おたくの嫁とり(1991年、大映
  • 極道弁護士綾小路春彦(1993年、大映)
  • 第三舞台 VINTAGE BOX(イーオシバイ)
    • 天使は瞳を閉じて〜インターナショナル・ヴァージョン〜
    • ピルグリム
  • 第三舞台 VINTAGE BOX2(イーオシバイ)
    • デジャ・ヴュ'86
    • 朝日のような夕日をつれて'87、
    • ビー・ヒア・ナウ
    • ハッシャ・バイ

映画[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]