倉本美津留

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
倉本 美津留
別名 美津留
生誕 1959年6月2日(57歳)
出身地 日本の旗 日本 広島県広島市
ジャンル J-POP
職業 放送作家
作詞家
ラジオパーソナリティ
担当楽器 フォークギター
キーボード
活動期間 1998年 -
レーベル キューンレコード
事務所 ninpop
共同作業者 松本人志
YOU
峯田和伸(銀杏BOYZ
空気公団
公式サイト 公式サイト

倉本 美津留(くらもと みつる、1959年(昭和34年)6月2日 - )は、日本の放送作家作詞家作曲家脚本家演出家パーソナリティ・ミュージシャンなどとしても活動。広島市生まれ、大阪育ち。

略歴・人物[編集]

大阪府立交野高等学校京都産業大学卒業。元来はミュージシャン志望だったが、1982年(昭和57年)に大阪の番組制作会社に入社。『夜はクネクネ』で放送作家デビュー。主に関西の番組を中心に活動していたが、いわゆるベタな「大阪の笑い」のあり方に疑問を抱き、『EXテレビ(火曜日)』などで様々な実験的企画を手掛け、頭角を現すと共に、後述のダウンタウン島田紳助らが東京でのレギュラー番組を増やすに伴い、1990年代中期に活動の場を東京に移す。その後も『BLT』『冒冒グラフ』『三宅裕司のワークパラダイス』等といった実験バラエティ番組や、『ダウンタウンのごっつええ感じ』、『たけしの万物創世紀』、『伊東家の食卓』、『平成日本のよふけ』、『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』、『ダウンタウンDX』、『M-1グランプリ』、NHK子供番組『シャキーン!』などの番組を担当している。

ダウンタウンや島田紳助などの番組ブレーンとして知られる。ダウンタウンとはMBSラジオ『ヤングタウン』の構成で出会い、以後ダウンタウンのブレーンの一人として濃密な関係を保つようになる。ダウンタウン関係の番組には自らもしばしば出演し、『ダウンタウンDX』のトスポの声(※ただし声は加工している)、『一人ごっつ』、『松ごっつ』の師匠の声やエンディングテーマソング(「しやわせ」)などを担当。子供番組『くらもとみつるとぽんごん』にはメインキャストとして登場。映画『自殺サークル』では俳優デビューしている(主題歌も担当)。「リビドー」というバンドとして、またソロでもライブ活動もしており、『イカ天』への出演経験がある。

リビドーとして『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』の「誰やねん」のコーナーに出演した経験もあり。メジャーデビュー曲「オフィーリア」の作曲は坂本龍一だった。「神様のご褒美」は『ダウンタウンのごっつええ感じ』のエンディングテーマともなった。

大槻ケンヂの著書『オーケンののほほんと熱い国へ行く』において同行したインド旅行でのエピソードが綴られている。のちに1997年の大槻とのコラボレーションライヴ以降、本格的にソロライブを行い始める(リビドーは活動休止中)。

2006年(平成18年)10月には、YOUとチームを結成し、NHK音楽番組みんなのうた』に、「」で、YOUに美津留としてデビュー。

2007年(平成19年)夏季より、正式な歌手名としては美津留という名称で放送作家業とは別個の名称となる事が決定する。

2008年(平成20年)3月、脚本を担当したインターネットテレビ配信のテレビドラマ『ピンボケ』の主題歌「つたわり/つたわれ!」を峯田和伸と担当、峯田に美津留を結成しオリコンチャートイン。同年10月、美津留名義でアルバム『躾』をビクターエンタテインメントよりリリース。同年現在、漫画家タナカカツキが、雑誌「Re:S(りす)」に、『倉本美津留伝』を連載。後に、企画構成も担当していたエンダン(NOTTV)で、峯田に美津留が実現し、つたわりを生ライブで披露した。

また、ザ・ビートルズの『LOVE』世界同時発売前夜祭(2006年(平成18年))、リマスター版発売記念イベント『カウントダウン ザ・ビートルズ』(2009年(平成21年))、『赤盤』『青盤』世界同時発売記念イベント(2010年(平成22年))などのプロデュースなども手掛ける。

2011年(平成23年)11月、アミューズ所属のアイドルユニットさくら学院の校長に就任。

2013年11月、空気公団とのユニット「くうきにみつる」としてアルバムを発売[1]

2016年11月28日、お笑いコンビのジャルジャル、アーティストの福山芳樹と結成した音楽ユニット「モジャモジャルジャル」がオリジナルソング集『ジャル歌全集』を配信開始[2]

出演番組[編集]

担当番組[編集]

ダウンタウン[編集]

松本人志[編集]

島田紳助[編集]

それ以外の番組[編集]

映画[編集]

連載[編集]

  • EX大衆双葉社)「倉本美津留のお笑い大好き対談!笑いにリスペクト」
  • 東京スポーツ新聞(東京スポーツ新聞社)「フクロトジー〜袋とじエコロジー〜」
  • キリンビール大学(理事長)
  • アスキーネットJ(アスキー)「勝手に国語辞典」創刊号より
  • TVブロス(東京ニュース通信)「かるら」
  • クイックジャパン(太田出版)「いきなはからい」
  • future(角川出版)「飛常識」
  • Car Sensor関西版(リクルート)「O.D.N.A 大阪遺伝子辞典」
  • 公募ガイド(公募ガイド社)「マジカル・デジカメ・ミュージアム」
  • Men's JOKER(KKベストセラーズ)「倉本美津留の因スパイヤー対談」
  • ディレクターズマガジン(クリーク・アンド・リバー社)「新しい国語の先生」
  • かがく組(Benesse進研ゼミ小学講座)「くらもとみつるのことばばばバーン!」
  • ドラゴンマガジン(富士見書房)「ラレコ劇場(小説)くわがたツマミ」
  • EX大衆双葉社)「ごっつええ漢字」

著書[編集]

DVD[編集]

  • 松本人志自薦集「スーパーひとりごっつ」(構成・コーディネイト・副音声)
  • HITOSI MATUMOTO VISUALBUM 完成(構成・副音声)
  • 三宅裕司のワークパラダイス 生瀬勝久 伝説のひとり不可思議20職 (構成)
  • ホレゆけ!スタア☆大作戦!〜まりもみ、危機一髪〜 DVDBOX1〜3(企画・原案)
  • ホレゆけ!スタア☆大作戦!〜まりもみ、一触即発〜 DVDBOX1〜3(企画・原案)
  • ホレスタ? (企画・原案)
  • ピンボケ (企画・脚本)
  • 菅原そうた「あかるい世界」(監修)
  • 関根勤の妄想力〜東へ〜 (企画・監修)
  • 関根勤の妄想力〜西へ〜 (企画・監修)
  • 関根勤の妄想力〜南へ〜 (企画・監修)
  • 関根勤の妄想力〜北へ〜 (企画・監修)
  • イケ麺そば屋探偵 DVDBOX1〜3
  • イケ麺新そば屋探偵DVDBOX1〜3
  • 女優力(企画・構成・演出)

監督[編集]

舞台[編集]

  • 130R「TABOO」(作、構成、演出)
  • 寸止め海峡(仮題)〜松本人志ライブ〜(構成、演出)
  • HITOSHI MATHUMOTO 4D in 武道館(構成、演出)
  • 木村祐一「怒点」(構成、声出演)
  • りあるキッズライブ「〜りある革命〜」(構成、演出)
  • 板尾創路ひとり舞台「III」(作、演出)
  • 竹中直人の匙かげん2“そう。”(作)
  • 元クラウディーズ〜木村祐一&千原ジュニア&倉本美津留〜(作、構成、出演)
  • 笑い飯のおもしろ近鉄ライブ〜東京公演〜(構成、演出)
  • 日本モンティパイソン宣言(構成、演出)
  • SUPERハンサムLIVE2010〜三浦春馬佐藤健神木隆之介、他(演出)

開発者[編集]

  • 「フリップ大喜利」
  • 「絵しりとり」
  • 「乳首相撲」
  • 「面雀」(松本人志と共同開発)
  • 「写真で一言」(松本人志と共同開発)
  • 「おもしりとり」
  • 「アーホ!」他

脚注[編集]

  1. ^ くうきにみつる(空気公団×倉本美津留)、フル視聴&先行配信をスタート! OTOTOY 2013年11月8日
  2. ^ “音楽ユニット・モジャモジャルジャルが初ライブ「今までにない空間を世の中に」”. お笑いナタリー. (2016年11月28日). http://natalie.mu/owarai/news/210982 2016年11月28日閲覧。 

外部リンク[編集]