ザ・ビートルズ1967年〜1970年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ザ・ビートルズ1967年〜1970年
The Beatles 1967-1970
ビートルズベスト・アルバム
リリース
録音 Abbey Road 1967年~1970年
Savile Row 1969年
ジャンル ロック
レーベル Apple, Parlophone, EMI
プロデュース ジョージ・マーティン, フィル・スペクター
専門評論家によるレビュー
  • All Music Guide 4hvof5.svg link
チャート最高順位
ビートルズ U.K. U.S. 年表
ザ・ビートルズ1962年〜1966年
(1973年)
ザ・ビートルズ1967年〜1970年
(1973年)
ロックン・ロール・ミュージック
(1976年)
ビートルズ 日本 年表
ザ・ビートルズ1962年〜1966年
(1973年)
ザ・ビートルズ1967年〜1970年
(1973年)
ウィズ・ザ・ビートルズ
(1976年)
テンプレートを表示

ザ・ビートルズ1967年〜1970年』(The Beatles / 1967-1970 )は、1973年4月19日にアナログLP2枚組で発売されたビートルズベストアルバムである。

解説[編集]

本作及びその前編『ザ・ビートルズ1962年〜1966年』は本来"beatles AΩ"(ビートルズ・アルファ・オメガ)という4枚組120曲入りの海賊盤コンピレーション・アルバムが出回ったことへの対抗措置として企画されたものである。

『ザ・ビートルズ1967年〜1970年』はその外見から『青盤-The Blue Album』の愛称で親しまれている。1962年から1966年までの代表曲を集めた『ザ・ビートルズ1962年〜1966年』(通称『赤盤』)と同時にリリースされた。

アルバムでは『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』(1967年)からラスト・アルバムの『レット・イット・ビー』(1970年)までの楽曲で構成されている。選曲はジョージ・ハリスンが担当したと言われているが、海外ではアラン・クレインによる選曲という説もある[1]。ただし、20年後のCD化の際には「選曲者」として、ジョージ・マーティンとともに記者会見に出席している。

イギリスの「ミュージック・ウィーク」誌では、最高位第2位を獲得。アメリカの「ビルボード」誌では、最高位第1位を獲得し、1973年度年間ランキング第32位、「キャッシュボックス」誌では、最高位第2位を獲得し、1973年度年間ランキング第28位だった。アメリカだけで800万セット以上のセールスを記録し、全世界では2,100万セット以上のセールスを記録している。

メンバーの成長と共に音楽性も変化し、ストリングスブラスバンドを大胆に取り入れるなど、実験的な曲も目立つ。サイケデリック志向の作品も多く、ジョン・レノンの作品は複雑で文学的なものやメッセージ性の強いものが増えている。ポール・マッカートニーも実体験をもとにした歌や作家的な曲作りに磨きがかかっている。また、ジョージ・ハリスンの作品も4曲収録されており、第3のソングライターとしての実力を見せている。コンサート・ツアーを休止してレコーディングに専念して制作しただけあって、初期とは異なる作風・完成度を見せる楽曲が並んでいる。

ジャケット写真は、1963年のデビューアルバム『プリーズ・プリーズ・ミー』のジャケットと同様、ロンドンマンチェスター・スクエア内にあったEMI本部(現在は取り壊されている)の吹き抜けにて、同じアングル、同じフォトグラファー(アンガス・マクビーン)で撮影されている。また、このジャケット写真は当初、レコーディングされたものの未発売となったアルバム『ゲット・バック』(後に編集され『レット・イット・ビー』のタイトルで発売)のために撮影されたものである。

アメリカ・キャピトルのアナログ盤はオーダーは日・英のものと同じではあるが、すべてアメリカ・オリジナル盤を音源としているため内容に若干の相違が見られる(顕著な例では「アイ・アム・ザ・ウォルラス」のイントロは4拍であるなど。)。

CD化[編集]

1993年にCD化されたが、本来は1991年に発売予定であった。アナログ盤とCDの相違点は、「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」のイントロ部分が「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド (リプライズ)」とクロス・フェイドしていない(1988年のジョン・レノン『イマジン (オリジナル・サウンドトラック)』に収録されたヴァージョンと同じ。)こと、「バック・イン・ザ U.S.S.R.」 のフェイド・アウト部分に入っていた「ディア・プルーデンス」とのクロス・フェイド部分がカットされていることが挙げられる。

1993年ヴァージョンはデジタル・リマスタリングが本作用に改めて施されており、1987年1988年に発売されたCDアルバムと同じミックスの曲でも音量バランスや音質、ノイズの程度が異なっている。特にノイズ面が顕著でオリジナルCDと比較するとテープヒス等のノイズが大分取り除かれている。

2010年には2009年にリリースされたオリジナルCDリマスターの音源(2009年盤に未収録の曲は除く)を用いて再発売された。また2014年には日本独自企画によるスーパー・ハイ・マテリアルCDの本アルバムがリリースされた。これはディスクの材質面の向上であるため、収録されているデジタルオーディオデータに違いはない。


収録曲[編集]

DISC 1[編集]

アナログA面[編集]

  1. ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー - Strawberry Fields Forever (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(4'10")、リード・ヴォーカル:ジョン・レノン
    当時の英国初のステレオ・リリース。
    アメリカ盤は米編集アルバム『マジカル・ミステリー・ツアー』収録のものとミキシングが同じで、エンディング部分が一旦フェード・アウトした後フェード・インせずクロス・フェードする。また最後のフェード・アウトが少し早い。
  2. ペニー・レイン - Penny Lane (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(3'03")、リード・ヴォーカル:ポール・マッカートニー
    当時の英国初のステレオ・リリース。
    アメリカ盤はモノラル・ヴァージョンを収録。
  3. サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド - Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'02")、リード・ヴォーカル:ポール・マッカートニー
  4. ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ - With a Little Help from My Friends (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'44")、リード・ヴォーカル:リンゴ・スター、ポール・マッカートニー、ジョン・レノン、ジョージ・ハリスン
  5. ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ - Lucy in the Sky with Diamonds (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(3'29")、リード・ヴォーカル:ジョン・レノン
  6. ア・デイ・イン・ザ・ライフ - A Day in the Life (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(5'05")、リード・ヴォーカル:ジョン・レノン(主部)、ポール・マッカートニー(中間部)
  7. 愛こそはすべて - All You Need Is Love (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(3'47")、リード・ヴォーカル:ジョン・レノン

アナログB面[編集]

  1. アイ・アム・ザ・ウォルラス - I Am the Walrus (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(4'36")、リード・ヴォーカル:ジョン・レノン
    アメリカ盤は米編集アルバム『マジカル・ミステリー・ツアー』収録のものとミキシングが同じで、イントロ部分が4拍である。
  2. ハロー・グッドバイ - Hello, Goodbye (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(3'27")、リード・ヴォーカル:ポール・マッカートニー
    当時の英国初のステレオ・リリース。
    アメリカ盤はモノラル・ヴァージョンを収録。
  3. フール・オン・ザ・ヒル - The Fool on the Hill (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(3'00")、リード・ヴォーカル:ポール・マッカートニー
  4. マジカル・ミステリー・ツアー - Magical Mystery Tour (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'51")、リード・ヴォーカル:ポール・マッカートニー
  5. レディ・マドンナ - Lady Madonna (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'15")、リード・ヴォーカル:ポール・マッカートニー
    当時の英国初のステレオ・リリース。
  6. ヘイ・ジュード - Hey Jude (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(7'11")、リード・ヴォーカル:ポール・マッカートニー
    当時の英国初のステレオ・リリース。
  7. レヴォリューション - Revolution (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(3'21")、リード・ヴォーカル:ジョン・レノン
    当時の英国初のステレオ・リリース。

DISC 2[編集]

アナログC面[編集]

  1. バック・イン・ザ・U.S.S.R. - Back in the U.S.S.R. (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'43")、リード・ヴォーカル:ポール・マッカートニー
  2. ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス - While My Guitar Gently Weeps (Harrison)
    演奏時間:(2'43")、リード・ヴォーカル:ジョージ・ハリスン
  3. オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ - Ob-La-Di, Ob-La-Da (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(3'07")、リード・ヴォーカル:ポール・マッカートニー
  4. ゲット・バック - Get Back (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(3'14")、リード・ヴォーカル:ポール・マッカートニー
    シングル盤ヴァージョン。
    当時の英国初のステレオ・リリース。
  5. ドント・レット・ミー・ダウン - Don't Let Me Down (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(3'33")、リード・ヴォーカル:ジョン・レノン
    当時の英国初のステレオ・リリース。
  6. ジョンとヨーコのバラード - The Ballad of John and Yoko (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'59")、リード・ヴォーカル:ジョン・レノン
  7. オールド・ブラウン・シュー - Old Brown Shoe (Harrison)
    演奏時間:(3'16")、リード・ヴォーカル:ジョージ・ハリスン

アナログD面[編集]

  1. ヒア・カムズ・ザ・サン - Here Comes the Sun (Harrison)
    演奏時間:(3'05")、リード・ヴォーカル:ジョージ・ハリスン
  2. カム・トゥゲザー - Come together (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(4'17")、リード・ヴォーカル:ジョン・レノン
  3. サムシング - Something (Harrison)
    演奏時間:(3'00")、リード・ヴォーカル:ジョージ・ハリスン
  4. オクトパスズ・ガーデン - Octopus's Garden (Starkey)
    演奏時間:(2'51")、リード・ヴォーカル:リンゴ・スター
  5. レット・イット・ビー - Let It Be (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(3'50")、リード・ヴォーカル:ポール・マッカートニー
    シングル盤ヴァージョン。
  6. アクロス・ザ・ユニヴァース - Across the Universe (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(3'45")、リード・ヴォーカル:ジョン・レノン
    アルバム『レット・イット・ビー』ヴァージョン。
  7. ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード - The Long and Winding Road (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(3'37")、リード・ヴォーカル:ポール・マッカートニー
    アメリカ盤はミキシングが異なり軽めの音になっている。こちらのヴァージョンはのちに『ラヴ・ソングス』に収録され、イギリス・日本でもリリースされた。

脚注[編集]

  1. ^ Badman, Keith (2002). The Beatles: Off the Record. Omnibus Press. pp. 99. ISBN 0711991995.