ウィズイン・ユー・ウィズアウト・ユー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィズイン・ユー・ウィズアウト・ユー
ビートルズ楽曲
収録アルバム サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
リリース 1967年6月1日
録音 アビー・ロード・スタジオ
1967年3月15日、22日、4月3日、4日
ジャンル ラーガ・ロック
時間 5分06秒
レーベル パーロフォンキャピトルEMI
作詞者 ジョージ・ハリスン
プロデュース ジョージ・マーティン

サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド 収録曲
A面
  1. サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
  2. ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ
  3. ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ
  4. ゲッティング・ベター
  5. フィクシング・ア・ホール
  6. シーズ・リーヴィング・ホーム
  7. ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト
B面
  1. ウィズイン・ユー・ウィズアウト・ユー
  2. ホエン・アイム・シックスティー・フォー
  3. ラヴリー・リタ
  4. グッド・モーニング・グッド・モーニング
  5. サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド (リプライズ)
  6. ア・デイ・イン・ザ・ライフ
  7. サージェント・ペパー・インナー・グルーヴ

ウィズイン・ユー・ウィズアウト・ユー」(Within You Without You) はビートルズの楽曲。

解説[編集]

1967年発表のアルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』に収録された曲の中で唯一のジョージ・ハリスン作の曲である。歌詞は"within you and without you"と"and"が入っているためタイトルが歌詞中には入っているとは言えない。

ビートルズ解散後のアルバム『ラヴ』には「トゥモロー・ネヴァー・ノウズ」のドラムとベースの上にこの曲のヴォーカルを乗せたリミックス・ヴァージョンが収録されている。

最初ジョージはこのアルバム向けに「オンリー・ア・ノーザン・ソング」を書いてきていたが、それはジョージ・マーティンによって却下されてしまった。その代わりとしてこの曲が作られた[1]。前のアルバム『リボルバー』からジョージはインド楽器を総動員したラーガ・ロック(「ラヴ・ユー・トゥ」)を制作するほどインド音楽に傾倒していた。『サージェント・ペパーズ・ロンリーハツ・クラブ・バンド』に収録された唯一のジョージの作品であるこの曲もエスラジ(ディルルバ)、シタールソーマンダルタブラタンブーラ、インド式ハーモニウムといったインド楽器を採り入れており、いかにこのころのジョージがインドに傾倒していたか窺い知れる。しかしチェロヴァイオリンのストリングスがフィーチャーされている[1]からインド一辺倒ではないともいえる。ちなみにジョージ本人は「僕にとっては普通のポップソング」と語っている(CD版の解説を参照)。

この曲はジョージのみがレコーディングに参加していて、他のメンバーは参加していない。ちなみに最後に聞こえる笑い声はジョージが「退屈するだろうから」と皮肉をこめて録音したとのこと。

ジョージのシタールの師匠ラヴィ・シャンカルは、この曲を「本物のインド音楽になっていない」と酷評している。

クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングスティーヴン・スティルスはこの曲の歌詞に特に感銘を受け、自宅の庭にこの歌詞を彫った碑を作った。

演奏者[編集]

  • ジョージ・ハリスン - リード・ヴォーカルタンブーラ英語版シタール
  • 外部ミュージシャン(無記名) - ソーマンダルツィターに類似)、エスラジ(ディルルバ)、タブラ
  • エリック・グルーンバーグ、アラン・ラヴデイ、ジュリアン・ゲイラード、ポール・スケルマン、ラルフ・エルマン、デイヴィッド・ウルフスタル、ジャック・ローズスタイン、ジャック・グリー - ヴァイオリン
  • リチャード・キルベイ、アレン・フォード、ピーター・ビーヴァン - チェロ

カヴァー・ヴァージョン[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b ジョージ・マーティン『メイキング・オブ・サージェント・ペパー』 水木まり訳、キネマ旬報社、1996年、185-197ページ