シー・ラヴズ・ユー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ビートルズ > ビートルズの作品 > シー・ラヴズ・ユー
ビートルズ > ビートルズの曲名一覧 > シー・ラヴズ・ユー
シー・ラヴズ・ユー
ビートルズシングル
B面 アイル・ゲット・ユー
リリース
録音
ジャンル ロックンロール
時間
レーベル
作詞・作曲 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン
チャート最高順位
後述を参照
ビートルズ シングル U.K. 年表
ビートルズ シングル U.S. 年表
ビートルズ シングル 日本 年表
オールディーズ 収録曲
シー・ラヴズ・ユー
(A-1)
フロム・ミー・トゥ・ユー
(A-2)
パスト・マスターズ Vol.1 収録曲
サンキュー・ガール
(3)
シー・ラヴス・ユー
(4)
アイル・ゲット・ユー
(5)
テンプレートを表示

シー・ラヴズ・ユー」(She Loves You)は、ビートルズの楽曲である。レノン=マッカートニーの作品で、リード・ボーカルはジョン・レノンポール・マッカートニーの2人で務めた。1963年8月にシングル盤として発売され、B面には「アイル・ゲット・ユー」が収録された。シングル盤は全英シングルチャートで第1位を獲得し[1]、1964年4月4日付のBillboard Hot 100でも第1位を獲得した[2]。本作は1960年代で最も売れたシングル作品となった[3]

2004年11月にローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500では第64位にランクされている[4]。音楽評論家の中山康樹は「一般的な『初期のビートルズの音楽的イメージは、この曲にある』と断言してもいいほどの作品」と評している[5]

イギリスで発売されたオリジナル・アルバムには収録されなかった一方、カナダではアルバム『Twist and Shout』、アメリカでは『ザ・ビートルズ・セカンド・アルバム』に収録された。

背景・曲の構成[編集]

レノンとマッカートニーは、1963年6月26日に「シー・ラヴズ・ユー」を書き始めた。当時のビートルズは、ロイ・オービソンジェリー&ザ・ペースメイカーズらとツアーを行なっていて、2人はツアーバスで曲を書き始め、その夜にニューカッスル・アポン・タインにあるホテルで作業を続け[6]、翌日にリヴァプールのフォースリンロードにあるマッカートニーの実家で完成させた[7]

本作はボビー・ライデルの楽曲「フォーゲット・ヒム」におけるコールアンドレスポンスに触発され、アンサーソングとして書かれた楽曲となっている[8]。マッカートニーは「当初はこの曲を掛け合いにしようと考えてた。僕らが"She Loves You"って歌ったら、他のメンバーが"yes, yes, yes"と歌い返す…いや、"yeah, yeah, yeah"だったかな。改めてチンケなアイデアだと思ってやめたんだけど、『シー・ラヴズ・ユー』という曲を書こうということになった。だからホテルの部屋で2〜3時間ほどで書いたんだ」と語っている[9]。レノンは、1980年のPLAYBOY誌で「ポールと一緒に書いた。どうやったのかは覚えてないけど、アイデアを出したのはポールじゃなかったかな。毎度毎度"I love you"と歌うんじゃなくて、第三者的なものにするのはどうだろうか、という感じでね。"Wooo"というのは、アイズレー・ブラザーズの『ツイスト・アンド・シャウト』からだ。ありとあらゆる曲に使えた」と語っている[10]

マッカートニーは、曲が完成した直後に自宅にいる父ジムのためにアコースティック・ギターで演奏して聴かせていて、「父は『シー・ラヴズ・ユー』を聴いて、『ずいぶんアメリカナイズされてるな。"She loves you, yes, yes, yes!"と歌えないのか?』と言っていたよ。だから僕は『父さん、わかってないな。それじゃダメなんだ』って答えたんだ」と振り返っている[11]。なお、マッカートニーは2018年に放送された『レイト×2ショー with ジェームズ・コーデン』内のコーナー「カープール・カラオケ」に出演した際にも、同様のエピソードを語っている[12]

曲はリンゴ・スターによるドラムスの2カウントから始まる[13]。レノンとマッカートニーの2人でリード・ボーカルを務めていて、セクションごとにユニゾンとハーモニーを使い分けている[13][14]。ミックス面では従来の作品に比べて、マッカートニーのベースをはじめとした電子楽器のパートが強調されている[15][13]

プロデューサーであるジョージ・マーティンは、本作のエンディング部分の6thコードに疑問を呈しており、マッカートニーは「僕らはときどきマーティンの助言を拒んでいた。例えば『シー・ラヴズ・ユー』では、エンディングに6thを持ってきた。少しジャズみたいな感じのね。そしたら彼が『それはないだろ?まるでジャズみたいだ』と言っていた。でも僕らは『良いフックじゃないか。これでやるよ』と言い返したんだ」と振り返っている[16]

レコーディング[編集]

「シー・ラヴズ・ユー」は、1963年7月1日に2トラック・レコーダーを使用してレコーディングされ、同月4日にミキシングが行なわれた[17]。本作のレコーディングで必要となったテイク数は不明となっており、本作のレコーディングに関する資料は残されていない[17]。また、当時はモノラル・ミックスを作成した後に、セッション・テープを破棄していたため、「ラヴ・ミー・ドゥ」、「P.S.アイ・ラヴ・ユー」、「アイル・ゲット・ユー」と同様にステレオ・ミックスは存在しない。このためアルバムのステレオ盤には、1966年にレコーディング・エンジニアジェフ・エメリックによって作成された疑似ステレオ・ミックスが収録されていた[18]

リリース[編集]

イギリス[編集]

イギリスでは、1963年8月23日にシングル盤として発売され、B面には「アイル・ゲット・ユー」が収録された[19]。これまでの作品では、作者クレジットが「マッカートニー=レノン」となっていたが、本作より「レノン=マッカートニー」に変更された[20]

タイトルが公表された6月よりファンによるシングルの注文が殺到し[21]、発売前日までに約50万件もの事前注文があった[21]。シングル盤は、1963年9月4日付の全英シングルチャートで12位にランクインし[22]、9月18日付の同チャートで第1位を獲得した[1]。以降4週連続で第1位を獲得し、一度3位にランクダウンしたが、12月4日付の同チャートで第1位に返り咲いた[23]。このチャートアクションの背景は、1963年10月13日に開催された『Sunday Night at the London Palladium』での演奏や、イギリスにおけるビートルマニアの本格的な出現が挙げられている[24]

「シー・ラヴズ・ユー」は、1963年に最も売れたシングルとなっており[25]、イギリスにおいて最も売れたビートルズのシングルとなっている[26]。14年後にウイングスの『夢の旅人』に抜かれるまでは、イギリスで最も売れたシングルとなっていた[27]。2018年12月時点で192万枚の売上を記録していて、オールタイム・チャートでは第9位にランクインしている[28]

アメリカ[編集]

当時ビートルズがアメリカで発売したシングルで、Billboard Hot 100にランクインしたのは『フロム・ミー・トゥ・ユー』(最高位116位)のみであったことから、プロデューサーのジョージ・マーティンとマネージャーのブライアン・エプスタインはビートルズのアメリカ進出を不安視していた[29]。アメリカでのシングル盤は、キャピトル・レコードがビートルズの作品の取り扱いを拒否したことにより、スワン・レコード英語版からの発売となった。

シングル盤は1963年9月16日に発売されたが[30]、Billboard Hot 100にチャートインすることはなく、ラジオでのエアプレイも少なかった[31]。同年12月10日に『CBSイブニングニュース』で、イギリスのビートルマニアに関する特集が放送された[32]。これをきっかけにビートルズが注目されるようになり、同月26日にはキャピトル・レコードから次作『抱きしめたい』が発売された。同時期にアメリカにおいてブリティッシュ・インヴェイジョンが発生したこともあり、同作は1964年1月末までに第1位を獲得した。これをきっかけにスワン・レコードから本作が再発売され、1964年1月25日付のBillboard Hot 100で初めてチャートインした[29]。同年には『エド・サリヴァン・ショー』に出演し、本作を含む数曲を演奏。その後本作は4週にわたって『抱きしめたい』に次ぐ第2位を獲得したのち、3月21日付の同チャートで第1位を獲得した[2]。また、4月4日付の同チャートでは1964年4月4日付の同チャートでは、1位から5位を本作を含むビートルズの楽曲が独占した[33][注釈 1]

シー・ラヴズ・ユー(ドイツ語)[編集]

シー・ラヴズ・ユー(ドイツ語)
ビートルズシングル
A面 ドイツの旗 抱きしめたい(ドイツ語)
B面 アメリカ合衆国の旗 アイル・ゲット・ユー
リリース
規格 7インチシングル
録音
  • 1964年1月29日
  • パテ・マルコーニ・スタジオ
ジャンル ロック
時間
レーベル
作詞・作曲 レノン=マッカートニーニコラス=ヘルマー英語版
プロデュース ジョージ・マーティン
ビートルズ シングル U.S. 年表
パスト・マスターズ Vol.1 収録曲
抱きしめたい(ドイツ語)
(8)
シー・ラヴズ・ユー(ドイツ語)
(9)
ロング・トール・サリー
(10)
テンプレートを表示

シー・ラヴズ・ユー(ドイツ語)」(原題 : Sie Liebt Dich)は、EMIの西ドイツ支部の要請によりレコーディングされた。タイトルの「Sie Liebt Dich」は原題をドイツ語に訳したもので、「抱きしめたい(ドイツ語)」に比較して原詞に近く訳されている。訳詞者のJean Nicolas、Lee Montague は同一人物で、ルクセンブルク出身のタレントであるキャミロ・フェルゲン英語版のペンネームである。

レコーディングは1964年1月29日にパリのパテ・マルコーニ・スタジオで行われており、同じ日に「抱きしめたい(ドイツ語)」もレコーディングされた[注釈 2]。オリジナルのマスターテープか破棄されていたため、新たに演奏を含めて録音し直している[34]。ただしビートルズはこれら録音に気乗りせずレコーディング当日に予約していたスタジオに出向かず、滞在していたホテルに立てこもった。事態の収拾をつけるべくプロデューサーのジョージ・マーティンがホテルに出向いてビートルズを説得してスタジオに向かわせたという。彼らがジョージ・マーティンに反抗したのは初めてのことであった[35]

本作と「抱きしめたい(ドイツ語)」をカップリングしたシングルは、1964年に西ドイツとオーストラリアで発売され、西ドイツのメディア・コントロール・シングルチャートでは最高位7位を獲得した[36]

イギリスではビートルズ解散の8年半後の1978年12月2日に発売されたアルバム『レアリティーズ』に収録された。アメリカでは1964年5月21日にシングル盤(B面は英語版と同じく「アイル・ゲット・ユー」)として発売されたのち、『レアリティーズ Vol.2』に収録された。日本では1965年5月5日に発売されたアルバム『ビートルズ No.5!』に収録された。CD作品では、1988年に発売された『パスト・マスターズ Vol.1』に収録された。

アルバムへの収録など[編集]

「シー・ラヴズ・ユー」は、BBCセッションで演奏されており、このうち1963年10月5日に放送された『Saturday Club』での演奏が、2013年に発売された『オン・エア〜ライヴ・アット・ザ・BBC Vol.2』に収録された。また、1963年11月4日に行なわれたイギリス王室主催の「ロイヤル・バラエティー・パフォーマンス」で演奏されており[注釈 3][37]、この時の音源が1995年に発売された『ザ・ビートルズ・アンソロジー1』に収録された。

1964年に公開されたビートルズ主演の映画『ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!』では、映画のフィナーレにあたるライブシーンで使用された[38]

初期のライブツアーでは定番曲の1つとされており、そのうち1964年8月23日のハリウッド・ボウル公演でのライブ音源が1977年に発売された『ザ・ビートルズ・スーパー・ライヴ!』に収録された[39]。ただし、1964年後半からは新曲やカバー曲が優先されたことにより演奏されていない[40]

1967年に発売された「愛こそはすべて」のエンディング部分で、レノンが本作の1フレーズを歌っている[41][42]。また、同年に公開されたビートルズ主演のテレビ映画『マジカル・ミステリー・ツアー』ではオルガンで演奏された音源が使用された。

本作は、『オールディーズ』(アメリカでは未発表)、『ザ・ビートルズ1962年〜1966年』、『ザ・ビートルズ/グレイテスト・ヒッツ』、『ザ・ビートルズ・ビート』、『リヴァプールより愛を込めて ザ・ビートルズ・ボックス』、『20グレイテスト・ヒッツ』、『パスト・マスターズ Vol.1』、『ザ・ビートルズ1』などのコンピレーション・アルバムに収録された。なお、カナダではアルバム『Twist and Shout』、アメリカではキャピトル編集盤『ザ・ビートルズ・セカンド・アルバム』、日本では独自の編集盤『ビートルズ!』にも収録された。

文化的影響[編集]

「シー・ラヴズ・ユー」の「yeah, yeah, yeah」というフレーズは、当時の代表的なフレーズとなり、1963年11月5日のデイリー・ミラー紙には、「Yeah! Yeah! Yeah!」と題して前夜に行なわれた『ロイヤル・バラエティ・パフォーマンス』でのビートルズのパフォーマンスについての社説が掲載された[15]ニューヨーク・タイムズ紙は、ビートルズがジョン・F・ケネディ国際空港に到着した際に、3000人のファンが出迎えたことを伝える1964年2月8日の記事で、「yeah, yeah, yeah」というフレーズを引用した[43]

評論家のクリントン・ヘイリン英語版は、ボブ・ディランは1964年に発表した楽曲「悲しきベイブ」で、本作の「yeah, yeah, yeah」のパロディとして「no, no, no」というコーラスを加えたとしている[44]

一方で、当時のイギリスにおいてこのフレーズが物議を醸しており、BBCなどのラジオ局はシングルをエアプレイし、「一部の地域において文明社会の崩壊の歓迎が見られた」としている[45]。また、東南アジアの一部の国では1970年代半ばまでビートルズの髪型や音楽を禁止する法律が制定されていた[15]

2004年11月にローリング・ストーン誌が発表した「ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500」では第64位[4]、2018年にタイムアウト・ロンドン誌が発表した「The 50 Best Beatles songs」で第8位にランクインした[46]

演奏[編集]

※出典[47]

プロデュースジョージ・マーティンが手がけ、レコーディング・エンジニアノーマン・スミスが務めた。

チャート成績[編集]

カバー・バージョン[編集]

メアリー・ウェルズ英語版は、1965年に発売したカバー・アルバム『くたばれ!ビートルズ英語版』で、女性目線に歌詞とタイトルを変えた「He Loves You」としてカバーした。

コメディアンのテッド・チッピントン英語版は、1986年にシングル盤として発売した。チッピントンによるカバー・バージョンは、全英シングルチャートで最高位77位を獲得した[63]

俳優のヒメーシュ・パテルは、2019年に公開された映画『イエスタデイ』の劇中で演奏した。同作でのパテルの演奏はライブ収録によるもので[64]、同作のサウンドトラック・アルバムにその音源が収録されている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 1位:「キャント・バイ・ミー・ラヴ」、2位:「ツイスト・アンド・シャウト」、3位:「シー・ラヴズ・ユー」、4位:「抱きしめたい」、5位:「プリーズ・プリーズ・ミー[33]
  2. ^ なお、このドイツ語版2曲のレコーディングは予定より早く終了したため、残り時間を使って「キャント・バイ・ミー・ラヴ」が録音された。
  3. ^ 他には「フロム・ミー・トゥ・ユー」「ティル・ゼア・ウォズ・ユー」「ツイスト・アンド・シャウト」が演奏された[37]

出典[編集]

  1. ^ a b c "Official Singles Chart Top 100". UK Singles Chart. 2021年2月4日閲覧。
  2. ^ a b c The Hot 100 Chart”. Billboard (1964年3月21日). 2021年2月4日閲覧。
  3. ^ “Ken Dodd 'third best-selling artist of 1960s'”. BBC News (BBC). (2010年6月1日). https://www.bbc.com/news/10201932 2021年2月4日閲覧。 
  4. ^ a b 500 GREATEST SONGS OF ALL TIME”. Rolling Stone (2004年). 2018年10月23日閲覧。
  5. ^ 中山康樹『これがビートルズだ』講談社、2003年、259頁。ISBN 4-0614-9653-0
  6. ^ Harry 2000, pp. 990–992.
  7. ^ The Beatles 2000, p. 96.
  8. ^ Sounes 2010, p. 155.
  9. ^ Giles, Jeff (2013年1月26日). “50 Years Ago: The Beatles Write ‘She Loves You’”. Ultimate Class Rock (Townsquare Media, Inc.). https://ultimateclassicrock.com/beatles-she-loves-you/ 2021年2月4日閲覧。 
  10. ^ Sheff 2000, p. 169.
  11. ^ Miles 1997, p. 150.
  12. ^ “ポール・マッカートニーとリバプールを周る『Carpool Karaoke』全編公開”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2018年6月25日). https://www.barks.jp/news/?id=1000156746 2021年2月4日閲覧。 
  13. ^ a b c Carr & Tyler 1975, p. 20.
  14. ^ Castleman 1975, p. 164.
  15. ^ a b c Schaffner 1977, p. 22.
  16. ^ Everett 2001, p. 175.
  17. ^ a b Lewisohn 1988, p. 72.
  18. ^ Spizer, Bruce (2007). The Beatles Swan Song: She Loves You & Other Records. Four Ninety-Eight Productions Llc. p. 192. ISBN 0-9662-6497-5 
  19. ^ Lewisohn 1988, pp. 200–201.
  20. ^ Lewisohn 1988, p. 23.
  21. ^ a b Davies 1968, p. 202.
  22. ^ Official Singles Chart Top 50”. Official Charts Company (1963年9月4日). 2021年2月4日閲覧。
  23. ^ Official Singles Chart Top 50”. Official Charts Company (1963年12月4日). 2021年2月4日閲覧。
  24. ^ Davies 1968, pp. 200–203.
  25. ^ Simpson, Richard (2009年8月31日). “Why She Loves You is officially the best selling Beatles song of all time”. Daily Mail Online (Associated Newspapers Ltd). https://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-1210240/Why-She-Loves-You-officially-best-selling-Beatles-song-time.html 2021年2月4日閲覧。 
  26. ^ Myers, Justin (2018年12月14日). “The best-selling singles of all time on the Official UK Chart”. Official Charts Company. https://www.officialcharts.com/chart-news/the-best-selling-singles-of-all-time-on-the-official-uk-chart__21298/ 2021年2月4日閲覧。 
  27. ^ Paul McCartney’s 40 Greatest Solo Songs”. Rolling Stone (2020年11月30日). 2021年2月4日閲覧。
  28. ^ a b Myers, Justin (2018年12月14日). “The best-selling singles of all time on the Official UK Chart”. Official Charts Company. 2021年2月4日閲覧。
  29. ^ a b Castleman 1975, p. 347.
  30. ^ Castleman 1975, p. 17.
  31. ^ Rayl 1989, p. 10.
  32. ^ “Remembering Walter Cronkite”. CBS News. (2009年7月19日). オリジナルの2009年7月25日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090725130633/http://www.cbsnews.com/stories/2009/07/19/broadcasts/main5173249_page3.shtml 2021年2月4日閲覧。 
  33. ^ a b The Hot 100 Chart”. Billboard. Prometheus Global Media (1964年4月4日). 2020年9月23日閲覧。
  34. ^ Dogget, Peter; Humphries, Patrick (2010). The Beatles: The Music And The Myth. Omnibus Press. p. 172. ISBN 0-8571-2361-0 
  35. ^ マーク・ルーイスン『ザ・ビートルズ レコーディング・セッションズ完全版』シンコーミュージック・エンタテイメント、2009年、61頁。ISBN 978-4401632947
  36. ^ Offizielle Deutsche - Charts The Beatles - Sie Liebt Dich”. GfK Entertainment Charts. 2021年2月4日閲覧。
  37. ^ a b Reed, Ryan (2015年11月4日). “Revisiting the Beatles' 'Rattle Your Jewelry' Concert”. Ultimate Classic Rock (Townsquare Media, Inc.). https://ultimateclassicrock.com/the-beatles-play-rattle-your-jewelry-concert/ 2021年2月4日閲覧。 
  38. ^ “'Yeah, Yeah, Yeah' For Beatles' Film”. St. Petersburg Times. Associated Press: p. 9A. (1964年7月8日). https://news.google.com/newspapers?id=V09SAAAAIBAJ&pg=5987,3837265 
  39. ^ ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル [SHM-CD][CD] - ザ・ビートルズ”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN. 2021年2月4日閲覧。
  40. ^ Schaffner 1977, pp. 15, 29, 41.
  41. ^ Pollack, Alan W. (1996年). “Notes on 'All You Need Is Love'”. soundscapes.info. 2021年2月4日閲覧。
  42. ^ Edwards, Gavin (2014年8月28日). “The Beatles Make History With 'All You Need Is Love': A Minute-by-Minute Breakdown”. Rolling Stone. 2021年2月4日閲覧。
  43. ^ Gardner, Paul (1964年2月8日). “3,000 Fans Greet British Beatles”. The New York Times (The New York Times Company): p. 25. https://timesmachine.nytimes.com/timesmachine/1964/02/08/106937497.pdf 
  44. ^ Heylin, Clinton (2001). Bob Dylan: Behind the Shades Revisited. HarperCollins. p. 154. ISBN 0-06-052569-X 
  45. ^ Ellen 2002, p. 60.
  46. ^ Time Out London Music (2018年5月24日). “The 50 Best Beatles songs”. Time Out London. 2021年2月4日閲覧。
  47. ^ MacDonald 2005, pp. 83–85.
  48. ^ Kent, David (2005). Australian Chart Book (1940-1969). Turramurra: Australian Chart Book. ISBN 0-646-44439-5 
  49. ^ "Ultratop.be – The Beatles – She Loves You" (in Dutch). Ultratop 50. 2021年2月4日閲覧。
  50. ^ "Ultratop.be – The Beatles – She Loves You" (in French). Ultratop 50. 2021年2月4日閲覧。
  51. ^ CHART NUMBER 358”. CHUM (1964年1月20日). 2006年2月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月4日閲覧。
  52. ^ "The Irish Charts – Search Results – She Loves You". Irish Singles Chart. 2021年2月4日閲覧。
  53. ^ charts.org.nz - Forum - 1963 Chart (General)”. charts.org.nz. 2021年2月4日閲覧。
  54. ^ 『日経BPムック 大人のロック!特別編集 ザ・ビートルズ 世界制覇50年』日経BP、2015年、97頁。ISBN 978-4-8222-7834-2
  55. ^ "Dutchcharts.nl – The Beatles – She Loves You" (in Dutch). Single Top 100. 2021年2月4日閲覧。
  56. ^ "Norwegiancharts.com – The Beatles – She Loves You". VG-lista. 2021年2月4日閲覧。
  57. ^ Swedish Charts 1962-March 1966/Kvällstoppen - Listresultaten vecka för vecka > November 1963” (スウェーデン語). hitsallertijden.nl. 2021年2月4日閲覧。
  58. ^ Hoffmann, Frank (1983). The Cash Box Singles Charts, 1950-1981. Metuchen, NJ & London: The Scarecrow Press, Inc. pp. 32-34 
  59. ^ Offizielle Deutsche - Charts The Beatles - She Loves You”. GfK Entertainment Charts. 2021年2月4日閲覧。
  60. ^ "Official Singles Chart Top 100". UK Singles Chart. 2021年2月4日閲覧。
  61. ^ Lane, Dan (2012年11月18日). “The biggest selling singles of every year revealed! (1952-2011)”. Official Charts Company. 2012年11月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年2月4日閲覧。
  62. ^ Billboard Hot 100 60th Anniversary Interactive Chart”. Billboard. 2021年2月4日閲覧。
  63. ^ Official Singles Chart Top 100”. Official Charts Company (1986年5月4日). 2021年2月4日閲覧。
  64. ^ “映画『イエスタデイ』メイキング映像 ─ ザ・ビートルズによる名曲をレコーディング、ただし線路脇のスタジオで”. THE RIVER (株式会社riverch). (2019年10月13日). https://theriver.jp/yesterday-recording/ 2021年2月4日閲覧。 

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

先代:
全英シングルチャート 第1位
1963年9月18日 - 10月9日(4週)
次代:
先代:
全英シングルチャート 第1位
1963年12月4日 - 12月11日(2週)
次代:
先代:
Billboard Hot 100 第1位
1964年3月21日 - 28日(2週)
次代: