ヘイ・ヘイ・ヘイ・ヘイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リトル・リチャード > ヘイ・ヘイ・ヘイ・ヘイ
ビートルズ > ビートルズの曲名一覧 > ヘイ・ヘイ・ヘイ・ヘイ
ヘイ・ヘイ・ヘイ・ヘイ
リトル・リチャードシングル
初出アルバム『リトル・リチャード
A面 グッド・ゴリー・ミス・モリー
リリース
規格 7インチシングル
録音 ルイジアナ州ニューオーリンズ
1956年5月9日
ジャンル R&B
ロックンロール
時間
レーベル スペシャルティ・レコード
作詞・作曲 リチャード・ペニーマン
プロデュース バンプス・ブラックウェル英語版
リトル・リチャード シングル 年表
ジェニ・ジェニ
b/w
ミス・アン
(1957年)
グッド・ゴリー・ミス・モリー
b/w
ヘイ・ヘイ・ヘイ・ヘイ
(1958年)
ウー! マイ・ソウル
b/w
トゥルー・ファイン・ママ
(1958年)
テンプレートを表示

ヘイ・ヘイ・ヘイ・ヘイ」(Hey-Hey-Hey-Hey[注釈 1])は、リトル・リチャードの楽曲で、1956年5月9日ルイジアナ州ニューオーリンズにあるJ&M Studioでレコーディングされた。

背景[編集]

1955年にリトル・リチャードは、ジェリー・リーバーとマイク・ストーラーによって書かれた楽曲「カンサス・シティ」のカバー・バージョンのレコーディングを行なった。カバー・バージョンのレコーディングは、1955年9月13日ロバート・ブラックウェル英語版がプロデュース)と11月29日アート・ループ英語版がプロデュース)の2回に分けて行われた[1]

1955年9月13日に録音された音源は、1952年に発売されたリトル・ウィリー・リトルフィールドバージョンに近いアレンジで、1970年11月に発売されたコンピレーション・アルバム『Well Alright!』に収録された。1955年11月29日に録音された音源は、リトル・リチャードによって大幅に作り変えられ、後半が「Hey, hey, hey, hey; Hey baby, hey child, hey now」というフレーズのリフレインに変更された。11月29日版は、1958年後半に発売された3作目のアルバム『The Fabulous Little Richard』に収録された[2]のち、1959年4月にはシングル盤としてリリースされた[1]

「カンサス・シティ」の第2バージョンがレコーディングされた6ヶ月後、本作のレコーディングが行なわれた。本作には「カンサス・シティ」の第2バージョンの後半のフレーズが含まれている。本作は、1958年1月にシングル盤「グッド・ゴリー・ミス・モリー」のB面曲としてリリースされた後、7月に発売されたアルバム『リトル・リチャード』に収録された[3]

パーソネル[編集]

カバー・バージョン[編集]

カンサス・シティ/ヘイ・ヘイ・ヘイ・ヘイ
ビートルズ楽曲
収録アルバム ビートルズ・フォー・セール
リリース 1964年12月4日
録音 アビー・ロード・スタジオ 1964年10月18日
ジャンル ロックンロール
時間 2分38秒 (monaural version)
2分38秒 (stereo version)
2分15秒 ("Live At The Star-Club In Hamburg, Germany; 1962." version)[注釈 2]
2分44秒 ("The Beatles Anthology 1" version)
2分37秒 ("The Beatles Live At The BBC" version)
レーベル EMIパーロフォンキャピトル・レコード
作詞者 ジェリー・リーバーとマイク・ストーラー(カンサス・シティ)
リチャード・ペニーマン(ヘイ・ヘイ・ヘイ・ヘイ)
プロデュース ジョージ・マーティン

ビートルズシングル盤 日本 年表
ミスター・ムーンライト
b/w
ホワット・ユー・アー・ドゥーイング
(1965年)
カンサス・シティ/ヘイ・ヘイ・ヘイ・ヘイ
b/w
アイル・フォロー・ザ・サン
(1965年)
パーティーはそのままに
b/w
みんないい娘
(1965年)
ビートルズ・フォー・セール 収録曲
A面
  1. ノー・リプライ
  2. アイム・ア・ルーザー
  3. ベイビーズ・イン・ブラック
  4. ロック・アンド・ロール・ミュージック
  5. アイル・フォロー・ザ・サン
  6. ミスター・ムーンライト
  7. カンサス・シティ/ヘイ・ヘイ・ヘイ・ヘイ
B面
  1. エイト・デイズ・ア・ウィーク
  2. ワーズ・オブ・ラヴ
  3. ハニー・ドント
  4. エヴリー・リトル・シング
  5. パーティーはそのままに
  6. ホワット・ユー・アー・ドゥーイング
  7. みんないい娘

1964年ビートルズイギリスで発売した4作目のアルバム『ビートルズ・フォー・セール』、アメリカで発売したキャピトル編集盤『ビートルズ VI』に「カンサス・シティ」のカバー・バージョンを収録。このカバー・バージョンは、リトル・リチャードの第2バージョンを基にしたもので、後半が「ヘイ・ヘイ・ヘイ・ヘイ」になっている。発売当初、曲目には「カンサス・シティ」と表記されていたが、後に「カンサス・シティ/ヘイ・ヘイ・ヘイ・ヘイ」(Kansas City/Hey, Hey, Hey, Hey)に改められた。また、作者のクレジットも「Leiber-Stoller/Penniman」に変更された。

1974年テン・イヤーズ・アフターはアルバム『バイブレーションズド英語版』に「Going Back to Birmingham」というタイトルでカバー・バージョンを収録。

ボブ・シーガーのカバー・バージョンは、1989年公開の映画『ロードハウス/孤独の街』のサウンドトラック盤に収録された。ファッツ・ドミノによる「Blue Monday」のカバー・バージョンと同じセッションで録音されたが、長らく未発表のままであった。その後、2011年に発売されたコンピレーション・アルバム『Ultimate Hits: Rock and Roll Never Forgets』からの先行シングルとしてリリースされて22年越しに日の目を見ることとなった[5][6][7]

The Jim Jones Revueは、2008年に発売したデビュー・アルバムに本作のカバー・バージョンを収録。その後ライブの定番曲となった。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ Hey-Hey-Hey-Hey! (Goin' Back to Birmingham)」とされる場合もある。
  2. ^ 演奏後のポールの語りも含まれるため実際の演奏時間はさらに短い。演奏時間の出典は『デビュー! ビートルズ・ライヴ'62』のインデックスである。

出典[編集]

  1. ^ a b (1989年) Little Richard『The Specialty Sessions(ABOXLP 1 (set), ABOXBK1 (booklet)), p.29』のアルバム・ノーツ [ブックレット]. Ace Records Ltd..
  2. ^ White, Charles (1994). The Life and Times of Little Richard: The Quasar of Rock. Da Capo Press. p. 259. ISBN 0-306-80552-9 
  3. ^ White, Charles (1994). The Life and Times of Little Richard: The Quasar of Rock. Da Capo Press. p. 259. ISBN 0-306-80552-9 
  4. ^ Little Richard – The Specialty Sessions – 8 Album Set (booklet). London: Ace Records Ltd.. (1989). p. 29. ABOXLP 1 (set), ABOXBK1 (booklet) 
  5. ^ Recorded but Unreleased”. The Seger File. 2019年10月10日閲覧。
  6. ^ Ultimate Hits”. BobSeger.com. 2012年9月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年10月26日閲覧。
  7. ^ “ボブ・シーガー、未発表音源を含む新ベスト盤登場”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2012年2月19日). https://www.barks.jp/news/?id=1000077169 2019年10月10日閲覧。