ファッツ・ドミノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ファッツ・ドミノ
Fats Domino
Fats Domino 1977.jpg
西ドイツ公演 (1977年)
基本情報
出生名 Antoine Dominique Domino
生誕 1928年2月26日
出身地 米国ルイジアナ州ニューオーリンズ
死没 (2017-10-24) 2017年10月24日(89歳没)
ジャンル ロックンロールR&Bブルース
職業 シンガーピアニストソングライター
担当楽器 ピアノヴォーカル
活動期間 1949年 - 2017年
レーベル インペリアル・レコード
ABCレコード
マーキュリー・レコード
リプリーズ・レコード
ワーナー・ブラザース・レコード
共同作業者 デイヴ・バーソロミュー

ファッツ・ドミノFats Domino, 1928年2月26日 - 2017年10月24日ルイジアナ州ニューオーリンズ生まれ)は、R&Bロックンロール歌手作曲家ピアニスト。本名は、アントワーヌ・ドミニク・ドミノ。

1950年代から1960年代初期にかけてアメリカで最も売れた黒人歌手のひとりである。ストライド奏法とブギウギの影響を受けた独自のブルース調のスタイルでピアノを演奏した。代表曲は、"Blueberry Hill"、"Ain't That A Shame"、"Walking To New Orleans"、"I'm Walkin'"、"Blue Monday"など。

ロックンロールの創始者の一人と言われており、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第25位だった。

略歴[編集]

1949年インペリアル・レコードより"Detroit City Blues"でデビュー。B面に収録された"The Fat Man"がR&Bチャート2位の大ヒットを記録する。インペリアルには1963年まで在籍し、デイヴ・バーソロミューのプロデュースと共作のもと、数多くのヒットを世に送り出した。1963年ABCレコードへ移籍するものの、以後インペリアル時代に匹敵するヒットは生まれていない。

1986年ロックの殿堂入りを果たしている。

ニューオーリンズのロウワー・ナインス・ワード (下9地区) に自宅を構えていたが、2005年のハリケーン・カトリーナで浸水。一時は行方不明と伝えられたが[1]無事救出された。

2006年には、カトリーナの前にレコーディングした新作「Alive & Kickin'」をリリースした。同年春のニューオーリンズ・ジャズ&ヘリテッジ・フェスティバルでは、最終日のトリを務める予定であったが、当日になってから体調不良を理由にキャンセル。演奏はしなかったものの、会場には現れ、ステージから観客に対し、演奏できないことを謝罪した。

ビートルズもリスペクトしており、ジョン・レノンは「ロックン・ロール」、ポール・マッカートニーは「バック・イン・ザ・USSR」で「エイント・ザット・シェイム」をカバーし、ポールは「アイム・イン・ラヴ・アゲイン」をカバーしている。奇しくも「アイム」はジョージ・ハリスンが「初めて買ったロックのレコードだ」と発言していた。なお1964年にアメリカツアー中のビートルズと対面している。

2017年10月24日にルイジアナ州で死去[2]

脚注[編集]

外部リンク[編集]