ベイビーズ・イン・ブラック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ビートルズ > 作品リスト > ベイビーズ・イン・ブラック
ビートルズ > 曲名リスト > ベイビーズ・イン・ブラック
ベイビーズ・イン・ブラック
ビートルズ楽曲
収録アルバムビートルズ・フォー・セール
英語名Baby's in Black
リリース1964年12月4日
A面オランダの旗 エイト・デイズ・ア・ウィーク
録音
ジャンルフォークロック[1]
時間2分2秒
レーベルパーロフォン
作詞者レノン=マッカートニー
作曲者レノン=マッカートニー
プロデュースジョージ・マーティン
チャート順位
ビートルズ シングル U.K.U.S. 年表
ビートルズ シングル 日本 年表
ビートルズ・フォー・セール 収録曲
アイム・ア・ルーザー
(A-2)
ベイビーズ・イン・ブラック
(A-3)
ロック・アンド・ロール・ミュージック
(A-4)

ベイビーズ・イン・ブラック」(Baby's in Black)は、ビートルズの楽曲である。1964年に発売されたイギリス盤公式オリジナル・アルバム『ビートルズ・フォー・セール』や[3]、同年にアメリカで発売されたキャピトル編集盤『Beatles '65』に収録された[4]ジョン・レノンポール・マッカートニーの共作(クレジットはレノン=マッカートニー名義)[5][6]で、リード・ボーカルもレノンとマッカートニーの2人で務めている[1]

オランダでは、1965年に「エイト・デイズ・ア・ウィーク」との両A面シングルとしても発売されており、同国でのシングル・チャートで第1位を獲得している[2]

曲の構成[編集]

「ベイビーズ・イン・ブラック」は、6/8拍子で演奏され[7]ジョージ・ハリスンによるカントリー調の低音のギターリフから始まる[1]。『オールミュージック』のリッチー・アンターバーガー英語版は、本作について「おそらく従来のビートルズの楽曲よりも悲観的で、悲しみに暮れる少女への愛の哀歌」と評している[8]。本作の歌詞は、音楽評論家やジャーナリストによって、ハンブルク時代からの友人で、ビートルズの元メンバーのスチュアート・サトクリフ(1962年に死去)の婚約者であったアストリッド・キルヒャーと関連づけられている[1][9]

マッカートニーは、本作について「僕とジョンは少し影のある、ブルージーな曲を書きたいと思っていた。この曲は完全に共作で、一緒に歌った。僕のハーモニーがジョンの歌う主旋律よりも前に出てしまうこともあった。「どっちが主旋律なのか?」と聞かれることもある。別にどちらが主旋律でもいいだろう。とにかく僕らのお気に入りの曲だった」と振り返っている[6]。なお、レノンも1980年の『プレイボーイ』誌のインタビューで、共作であることを認めている[5]

レコーディング[編集]

「ベイビーズ・イン・ブラック」は、『ビートルズ・フォー・セール』のためのセッションで最初にレコーディングされた楽曲[10]で、レコーディングは1964年8月11日にEMIスタジオのスタジオ2で行なわれた[11]。テイク数は14で[12]、レノンとマッカートニーのボーカルは、「恋におちたら」と同じく1本のマイクで録音された[9]

10月26日に最終ミックスが作成され、11月4日にステレオ・ミックスが作成された[12]

ライブでの演奏[編集]

「ベイビーズ・イン・ブラック」は、ビートルズのライブにおける定番曲の1つで、1966年8月29日サンフランシスコで行なわれた最後のコンサートまで演奏されていた[12]。ライブにおいて、マッカートニーは「「そろそろちょっと違ったやつを」と言って(曲名を告げずに)……いつもこれ(ベイビーズ・イン・ブラック)をもってきた。腹の中で、「何を演るのか全然わかんないだろうな。クールじゃないか」って言ってたね」という曲紹介を行なっていた[6]

1996年に発売されたシングル『リアル・ラヴ』のB面に、1965年のハリウッド・ボウル公演でのライブ音源が収録され、このライブ音源は2016年に発売された『ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル』にも収録された[13]

クレジット[編集]

※出典[14]

カバー・バージョン[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d Halpin 2007, p. 91.
  2. ^ a b Dutchcharts.nl - The Beatles - Eight Days A Week / Baby's In Black” (in Dutch). Single Top 100. 2022年3月27日閲覧。
  3. ^ Lewisohn 1988, p. 200.
  4. ^ Lewisohn 1988, p. 201.
  5. ^ a b Sheff 2000, p. 205.
  6. ^ a b c Miles 1997, p. 175.
  7. ^ Leanord 1993, p. 79.
  8. ^ Unterberger 2007.
  9. ^ a b Womack 2016, p. 30.
  10. ^ Lewisohn 1988, p. 47.
  11. ^ Winn 2008, p. 223.
  12. ^ a b c Margotin & Guesdon 2014, p. 203.
  13. ^ Womack 2016, p. 49.
  14. ^ MacDonald 2005, pp. 122–123.
  15. ^ Unterberger, Richie. “Beatle Country - The Charles River Valley Boys | Songs, Reviews, Credits”. Allmusic. 2007年3月20日閲覧。
  16. ^ Flynnville Train - Flynnville Train | Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2021年1月15日閲覧。

参考文献[編集]

  • Halpin, Brooke (2017). Experiencing the Beatles: A Listener's Companion. Rowman & Littlefield Publishers. ISBN 1-4422-7143-4 
  • Hal Leonard Publishing Corporation (1993). The Beatles - Complete Scores. Milwaukee: Hal Leanord. ISBN 0-7935-1832-6 
  • MacDonald, Ian (2005). Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties (Second Revised ed.). London: Pimlico (Rand). ISBN 1-84413-828-3 
  • Margotin, Philippe; Guesdon, Jean-Michel (2014). All The Songs: The Story Behind Every Beatles Release. Black Dog & Leventhal. ASIN Dog & Leventhal Black Dog & Leventhal 
  • Lewisohn, Mark (1988). The Beatles Recording Sessions. New York: Harmony Books. ISBN 0-517-57066-1 
  • Miles, Barry (1997). Paul McCartney: Many Years From Now. New York: Henry Holt & Company. ISBN 0-8050-5249-6. https://archive.org/details/paulmccartneyman00mile 
  • Sheff, David (2000). All We Are Saying: The Last Major Interview with John Lennon and Yoko Ono. New York: St. Martin's Press. ISBN 0-312-25464-4. https://archive.org/details/allwearesayingla00lenn 
  • Unterberger, Richie (2007年). “Baby's in Black - Song Review”. 2010年11月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月15日閲覧。
  • Winn, John C.. Way Beyond Compare: The Beatles' Recorded Legacy, Volume One, 1957-1965. Crown Archetype. ASIN B001MYA36O 
  • Womack, Kenneth (2016). The Beatles Encyclopedia: Everything Fab Four. Greenwood. ISBN 1-4408-4426-7 

外部リンク[編集]