ロング・トール・サリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
リトル・リチャード > のっぽのサリー
キンクス > 作品リスト > ロング・トール・サリー
ビートルズ > 作品リスト > ロング・トール・サリー
ビートルズ > 曲名リスト > ロング・トール・サリー
のっぽのサリー
リトル・リチャードシングル
初出アルバム『ヒアズ・リトル・リチャード英語版
B面 スリッピン・アンド・スライディン英語版
リリース
規格 7インチシングル
録音
  • 1956年2月10日
  • J&Mスタジオ
ジャンル ロックンロール
時間
レーベル スペシャルティ・レコード
作詞・作曲
プロデュース ロバート・ブラックウェル
チャート最高順位
後述を参照
リトル・リチャード シングル 年表
  • のっぽのサリー
  • (1955年)
ヒアズ・リトル・リチャード英語版 収録曲
スリッピン・アンド・スライディン
(A-6)
のっぽのサリー
(B-1)
ミス・アン
(B-2)
テンプレートを表示

ロング・トール・サリー」あるいは、「のっぽのサリー[1]」(Long Tall SallyLong Tall Sally (The Thing)[2][3])は、リトル・リチャードの楽曲である。作詞作曲はロバート・ブラックウェルやエノトリス・ジョンスンとの共作。1956年3月にスペシャルティ・レコードよりB面に「スリッピン・アンド・スライディン英語版」を収録したシングル盤として発売された。

ビルボード』誌のR&Bチャートで第1位を獲得し、19週にわたってチャートイン[4]。同誌の年間チャートでは第45位[5]を獲得した。『ローリング・ストーン』誌の「The 500 Greatest Songs of All Time」では、第55位にランクインしている[6]

楽曲の発表後、エルヴィス・プレスリービートルズなど多数のアーティストによってカバーされ、ロックンロールのスタンダードとなった[7]

背景(リトル・リチャード版)[編集]

ブラックウェルは、テネシー州のディスクジョッキーであるハニー・チルから「すぐに来て欲しい。見てほしいものがある」という電話を受けた[8]。ブラックウェルがチルのいるホテルへ向かうと、チルのそばにエノトリス・ジョンスンという10代の少女がおり、ジョンスンの手には「Saw Uncle John with Long Tall Sally(ジョンおじさんはのっぽのサリーといっしょだった)」というフレーズから始まる3行の歌詞が記されたドイリーが握られていた[8]。ジョンスンは、病気を患った叔母の治療費を稼ぐために曲を売る必要があったことから、ミシシッピにある自宅から数日をかけて歩いてきて、2人の音楽担当の重役と会っていた[8]。事情を理解したブラックウェルは、ジョンスンの書いた歌詞をクライアントに持ち帰り、その日の午後に2人は「Have some fun tonight(今夜はちょいと楽しもう)」というフレーズがボーカルのフックとなるように曲を仕上げた[8]

ブラックウェルからアイデアを伝えられたリチャードは、当初渋っていたものの、「ducked back in the alley(あわてて路地裏にひっこんだ)」というフレーズが自身が求めていたものであったことから、できるだけ早口で歌えるように練習を続け、ヴァースとコーラスを加えて完成させた[9]

レコーディング(リトル・リチャード版)[編集]

「ロング・トール・サリー」のレコーディングは、1956年2月10日にニューオリンズにあるJ&Mスタジオで行なわれた[10]

レコーディングには、以下のミュージシャンが参加した[10]

チャート成績(リトル・リチャード版)[編集]

 チャート (1956年) 最高位
ベルギー (Ultratop 50 Flanders)[11] 9
オランダ (Single Top 100)[12] 9
US R&B Songs (Billboard)[4] 1

キンクスによるカバー[編集]

ロング・トール・サリー
キンクスシングル
B面 アイ・トゥック・マイ・ベイビー・ホーム
リリース
規格 7インチシングル
録音
  • 1964年1月
  • パイ・スタジオ
ジャンル ロックンロール
時間
レーベル パイ・レコード
作詞・作曲 エノトリス・ジョンスン
プロデュース シェル・タルミー英語版
チャート最高順位
後述を参照
キンクス シングル U.K. 年表
  • ロング・トール・サリー
  • (1964年)
キンクス シングル U.S. 年表
  • ロング・トール・サリー
  • (1964年)
テンプレートを表示

背景(キンクス版)[編集]

キンクスは、1973年初頭に結成され、レイヴンスなど複数の名義を使用して活動を行なった[13]。この当時のメンバーは、レイ・デイヴィスデイヴ・デイヴィスピート・クウェイフ、ミッキー・ウィレットの4人[14]。結成から間もなくしてマネージャー2名を雇い、その後ラリー・ペイジ英語版と出会った[15]。ペイジは、ビートルズのプロモーターであるアーサー・ハウズとともに、アメリカの音楽プロデューサーであるシェル・タルミー英語版にキンクスを紹介[15]。タルミーは、かつて関わりを持っていたパイ・レコードとの契約をとりまとめた[16]。これと前後して、ウィレットがバンドを脱退し、ミック・エイヴォリーが加入した[17]

1963年の終わり頃、バンド名をキンクスに改名[18]。キンクスがデビュー・シングルとして何を録音すべきか悩んだことから、ハウズがペイジに「ロング・ロール・トール」のレコーディングを提案[19]。ハウズは、1月16日にパリでビートルズによる演奏を聴いていて、その時の観客の反応に注目していた[19][注釈 1]。ペイジはすぐにキンクスに本作を覚えさせ、1964年1月に本作をレコーディングを敢行[20][注釈 2]。このセッションにおいて、タルミーは当時まだ新人であったエイヴォリーのドラミングにあまり興味が持てなかったことから、その代理としてセッション・ミュージシャンのボビー・グラハム英語版を雇った[21]

リリース・評価(キンクス版)[編集]

キンクスによるカバー・バージョンでは、ピアノは使用されておらず、R&Bから離れた現代的なロック・サウンドになるようなアレンジ[22]となっていて、レイが演奏するハーモニカのソロが特徴となっている[23]ロブ・ヨヴァノヴィッチ英語版は、後に発売されたビートルズによるカバー・バージョンとのアレンジの類似点を著書の中で指摘している[21]。一方で、トーマス・キッツは、キンクスによるマージービート調のアレンジがレコードから「活力を奪った」とし、キンクスは「リトル・リチャードやポール・マッカートニーに打ち勝つための情熱やパンチ力が欠けている」と評した[19]。また、キッツはデイヴの声質をもとに、本作でデイヴをリード・ボーカルとするべきだったという考えを示している[19]

キンクスによるカバー・バージョンは、イギリスでは1964年2月7日にパイ・レコードから、アメリカでは4月1日にキャメオ・レコード英語版からシングル盤として発売された[19][23][24]。B面にはレイ・デヴィスが作曲した「アイ・トゥック・マイ・ベイビー・ホーム」(I Took My Baby Home)が収録された[23]。ペイジは、シングル盤の発売に際して積極的な宣伝活動を行なったが、『レコード・リテイラー英語版』誌のチャートに入ることはなかった[19]。その一方で、『メロディー・メイカー英語版』誌のチャートでは最高位42位を獲得し、キンクスにとって初となる商業的成功をもたらした[19][23]。アメリカでは、1965年1月に『ビルボード』誌のBubbling Under Hot 100に2週間チャートインし、最高位129位を記録した[25]

クレジット(キンクス版)[編集]

※出典[26]

キンクス
外部ミュージシャン

チャート成績(キンクス版)[編集]

チャート (1964年 - 1965年) 最高位
UK Melody Maker Chart[23] 42
US Bubbling Under Hot 100 (Billboard)[25] 129

ビートルズによるカバー[編集]

のっぽのサリー
ビートルズシングル
B面 アイ・コール・ユア・ネーム
リリース
規格 7インチシングル
録音
ジャンル ロック
時間
レーベル 日本の旗 オデオン / 東芝音楽工業
作詞・作曲
  • リチャード・ペニーマン
  • ロバート・ブラックウェル
  • エノトリス・ジョンスン
プロデュース ジョージ・マーティン
チャート最高順位
後述を参照
ビートルズ シングル 日本 年表
  • のっぽのサリー
  • (1965年)
パスト・マスターズ Vol.1 収録曲
シー・ラヴズ・ユー(ドイツ語)
(9)
ロング・トール・サリー
(10)
アイ・コール・ユア・ネーム
(11)
テンプレートを表示

ビートルズは、1950年後期より「ロング・トール・サリー」をライブのレパートリーとしていて、1966年まで演奏していた[27]。なお、本作がビートルズの最後のライブとなった1966年8月29日のキャンドルスティック・パーク公演で最後に演奏された楽曲である[27]ポール・マッカートニーはリチャードの歌唱法を忠実に再現することができ、これにより本作のカバー・バージョンでリード・ボーカルを担当することとなった[28][注釈 3]

ビートルズによるカバー・バージョンは、1964年3月1日にEMIスタジオのスタジオ2で1テイクで録音された[28][30]。当時ビートルズはアルバム『ハード・デイズ・ナイト』のためのレコーディング・セッション中[31]であったが、同作には未収録となっている。イギリスでは1964年6月19日に発売された同名のEPに収録され[27]、アメリカでは1964年4月10日に発売された『ザ・ビートルズ・セカンド・アルバム』に収録された[32]。日本では、EPの収録曲として発売されたほか、B面に「アイ・コール・ユア・ネーム」を収録したシングル盤としても発売されており、同シングル盤はミュージック・マンスリー洋楽チャートで最高位3位を記録した[33][注釈 4]。このほか、スウェーデンでもシングル盤として発売されており、Kvällstoppenチャートでも第1位を獲得している[38]

1963年から1964年にかけてBBCラジオの番組で演奏されており[39]、1994年に発売された『ザ・ビートルズ・ライヴ!! アット・ザ・BBC』には1963年8月13日に放送された『Pop Go the Beatles』での演奏[40]、2013年に発売された『オン・エア〜ライヴ・アット・ザ・BBC Vol.2』には1964年7月16日に放送された『Top Gear』での演奏[41]が収録された。また、1977年に発売された『ザ・ビートルズ・スーパー・ライヴ!』には1964年8月23日のハリウッド・ボウル公演でのライブ音源[42]、1995年に発売された『ザ・ビートルズ・アンソロジー1』にはテレビ番組『Around The Beatles』での演奏[43]が収録された。

マッカートニーは、ビートルズ解散後に結成したウイングスのライブでも演奏しており、1972年の大学ツアー、1973年のヨーロッパツアーやイギリスツアーで演奏した[27]。1986年に開催されたプリンス・トラストのコンサートでは、エルトン・ジョンエリック・クラプトンフィル・コリンズマーク・ノップラー、レイ・キングらと共に本作を演奏した[27]

クレジット(ビートルズ版)[編集]

※出典[44](特記を除く)

ビートルズ
外部ミュージシャン

チャート成績(ビートルズ版)[編集]

週間チャート
チャート (1964年) 最高位
ベルギー (Ultratop 50 Flanders)[46] 7
ベルギー (Ultratop 50 Wallonia)[47] 30
オランダ (Single Top 100)[48] 1
ノルウェー (VG-lista)[49] 2
西ドイツ (Official German Charts)[50] 3
月間チャート
チャート (1964年) 最高位
日本 (ミュージック・マンスリー洋楽チャート)[33] 3

その他のアーティストによるカバー[編集]

1956年にパット・ブーンがシングル盤として発売し、エルヴィス・プレスリーがアルバム『エルヴィス』でカバー[51]

1964年にジェリー・リー・ルイスがシングル盤として発売し、西ドイツのシングルチャートで最高位7位[52]を記録した。

1966年のビートルズの来日公演で、前座として出演したザ・ドリフターズが本作を演奏した[53]。また、2020年の『24時間テレビ』では54年ぶりに仲本工事加藤茶高木ブーが演奏した[54]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 当時ビートルズは本作をライブでしか演奏していなかったことから、ビートルズよりも先にレコーディング・発売を行えるということも理由として考えられている[19]
  2. ^ 同日のセッションでは、「ロング・トール・サリー」のほかに「アイ・トゥック・マイ・ベイビー・ホーム」、「ユー・スティル・ウォント・ミー英語版」、「ユー・ドゥ・サムシング・トゥ・ミー」、「アイ・ドント・ニード・ユー・エニー・モア」のレコーディングも行われた[21]
  3. ^ マッカートニーは、14歳の頃に出場したコンクールでも、本作を演奏していた[29]
  4. ^ シングル盤[34]およびEP[35]では「のっぽのサリー」という邦題が使用されているが、『パスト・マスターズ[36]や『ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル[37]などのアルバム作品では「ロング・トール・サリー」という邦題が使用されている。

出典[編集]

  1. ^ リトル・リチャードさん死去 ロック創始者、「のっぽのサリー」”. 時事ドットコム. 時事通信社 (2020年5月10日). 2020年5月13日閲覧。
  2. ^ Little Richard: 20 Essential Songs”. Rolling Stone (2020年5月9日). 2021年7月10日閲覧。
  3. ^ Little Richard's Life In 10 Songs”. NPR (2020年5月11日). 2021年7月10日閲覧。
  4. ^ a b Long Tall Sally”. Rolling Stone. 2007年10月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月10日閲覧。
  5. ^ “1956's Top Popular Records”. The Billboard 69 (4): 60. (January 26, 1957). https://www.americanradiohistory.com/Archive-Billboard/50s/1957/Billboard%201957-01-26.pdf. 
  6. ^ The RS 500 Greatest Songs of All Time”. Rolling Stone. 2007年4月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月10日閲覧。
  7. ^ Gillett 1996, p. 26.
  8. ^ a b c d Gulla 2007, p. 35.
  9. ^ White 2003, pp. 60–62.
  10. ^ a b White 2003, p. 272.
  11. ^ "Ultratop.be – Little Richard – Long Tall Sally" (in Dutch). Ultratop 50. 2021年7月11日閲覧。
  12. ^ "Dutchcharts.nl – Little Richard – Long Tall Sally" (in Dutch). Single Top 100. 2021年7月11日閲覧。
  13. ^ Hinman 2004, pp. 9–20.
  14. ^ Hinman 2004, p. 9.
  15. ^ a b Savage 1984, pp. 15–19.
  16. ^ Hinman 2004, p. 11.
  17. ^ Hinman 2004, p. 20.
  18. ^ Kitts 2008, p. 29.
  19. ^ a b c d e f g h Kitts 2008, p. 36.
  20. ^ Perone, James E. (2009) [2004]. Mods, Rockers, and the Music of the British Invasion. Praeger. p. 102. ISBN 0275998606 
  21. ^ a b c Jovanovic 2013, pp. 53–55.
  22. ^ Perone, James E. (2009). Mods, Rockers, and the Music of the British Invasion. ABC-CLIO. p. 103. ISBN 978-0-275-99860-8. https://books.google.com/books?id=S5UbIgKdAS4C&q=The+Kinks+Long+Tall+Sally+single&pg=PA103 
  23. ^ a b c d e Fleiner 2017, p. 51.
  24. ^ Martoccio, Angie (2020年5月11日). “Kinks' Dave Davies on Meeting Little Richard, 'Long Tall Sally' Cover”. Rolling Stone. 2022年7月6日閲覧。
  25. ^ a b “Bubbling Under The Hot 100”. Billboard: 20. (January 16, 1965). https://worldradiohistory.com/Archive-All-Music/Billboard/60s/1965/Billboard%201965-01-16.pdf. 
  26. ^ Hinman 2004, p. 21.
  27. ^ a b c d e Womack 2014, p. 573.
  28. ^ a b MacDonald 2008, p. 112.
  29. ^ “中日春秋:中日春秋(朝刊コラム)”. 中日新聞 (中日新聞社). (2020年5月12日). https://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2020051202000111.html 2020年5月13日閲覧。 
  30. ^ Guesdon & Margotin 2014, p. 177.
  31. ^ Ingham 2009, p. 165.
  32. ^ Russell 2006, p. 440.
  33. ^ a b 『日経BPムック 大人のロック!特別編集 ザ・ビートルズ 世界制覇50年』日経BP、2015年、33頁。ISBN 978-4-8222-7834-2 
  34. ^ ビートルズ『のっぽのサリー / アイ・コール・ユア・ネーム』、オデオン / 東芝音楽工業、1965年2月5日、OR-1155。
  35. ^ ビートルズ『のっぽのサリー』、オデオン / 東芝音楽工業、1964年2月5日、OP-4055。
  36. ^ Past Masters (Volumes 1 & 2)[CD] - ザ・ビートルズ”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN. 2021年7月11日閲覧。
  37. ^ ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル [SHM-CD] - ザ・ビートルズ”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN. 2021年7月11日閲覧。
  38. ^ Swedish Charts 1962-March 1966/Kvällstoppen - Listresultaten vecka för vecka > Juli 1964” (スウェーデン語). hitsallertijden.nl. 2021年7月11日閲覧。
  39. ^ Lewisohn 1996, pp. 230, 356.
  40. ^ Live At The BBC”. thebeatles.com. 2021年7月11日閲覧。
  41. ^ Live At The BBC (Vol.2)”. thebeatles.com. 2021年7月11日閲覧。
  42. ^ ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル [SHM-CD][CD] - ザ・ビートルズ”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN. 2021年7月11日閲覧。
  43. ^ Ingham 2009, p. 182.
  44. ^ MacDonald 2007, p. 112.
  45. ^ a b Winn 2008, p. 160.
  46. ^ "Ultratop.be – The Beatles – Long Tall Sally" (in Dutch). Ultratop 50. 2021年7月12日閲覧。
  47. ^ "Ultratop.be – The Beatles – Long Tall Sally" (in French). Ultratop 50. 2021年7月12日閲覧。
  48. ^ "Dutchcharts.nl – The Beatles – Long Tall Sally" (in Dutch). Single Top 100. 2021年7月12日閲覧。
  49. ^ "Norwegiancharts.com – The Beatles – Long Tall Sally". VG-lista. 2021年7月12日閲覧。
  50. ^ Offizielle Deutsche Charts - The Beatles - Long Tall Sally”. GfK Entertainment charts. 2021年7月12日閲覧。
  51. ^ Birnbaum 2013, p. 335.
  52. ^ Offizielle Deutsche Charts - Jerry Lee Lewis - Long Tall Sally”. GfK Entertainment charts. 2021年7月12日閲覧。
  53. ^ 「ドリフの歴史、話しておこうか」高木ブーが今改めて振りかえる【連載 第24回】. インタビュアー:石原壮一郎. 小学館. (2020年8月25日). 介護ポストセブン.. https://www.news-postseven.com/kaigo/84436 2021年7月12日閲覧。 
  54. ^ 松永良平 (2020年1月15日). 高木ブーをハワイアン、ザ・ドリフターズ、雷様に導いたウクレレ|愛する楽器 第19回. インタビュアー:松永良平. ナターシャ. 音楽ナタリー.. https://natalie.mu/music/column/362704 2020年5月13日閲覧。 

参考文献[編集]

外部リンク[編集]