アイム・ア・ルーザー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アイム・ア・ルーザー
ビートルズ楽曲
収録アルバム ビートルズ・フォー・セール(ビートルズ '65)
リリース 1964年12月4日
録音 アビー・ロード・スタジオ 1964年9月11日
ジャンル フォークロック[1][2]
カントリー[3]
時間 2分37秒 (monaural version)
2分29秒 (stereo version)
2分32秒 ("the Beatles Live At The BBC" version)
レーベル EMIパーロフォンキャピトル・レコード
作詞者 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン

ビートルズ・フォー・セール(ビートルズ '65) 収録曲
A面
  1. ノー・リプライ
  2. アイム・ア・ルーザー
  3. ベイビーズ・イン・ブラック
  4. ロック・アンド・ロール・ミュージック
  5. アイル・フォロー・ザ・サン
  6. ミスター・ムーンライト
  7. メドレー「カンサス・シティヘイ・ヘイ・ヘイ・ヘイ
B面
  1. エイト・デイズ・ア・ウィーク
  2. ワーズ・オブ・ラヴ
  3. ハニー・ドント
  4. エヴリー・リトル・シング
  5. パーティーはそのままに
  6. ホワット・ユー・アー・ドゥーイング
  7. みんないい娘

アイム・ア・ルーザー」 ("I'm a Loser")はイギリスロックバンドビートルズの楽曲である。

解説[編集]

本作は1964年12月4日に発売された4枚目のイギリス盤公式オリジナル・アルバムビートルズ・フォー・セール(ビートルズ '65)』のA面2曲目に収録された。レノン=マッカートニー名義となっているが、実質的にはジョン・レノンの作品とされる[4][5]リード・ヴォーカルはジョンがとり、コーラスポール・マッカートニーが務めている。

本作は、ジョンがボブ・ディランを意識し作ったと認めている。曲調がフォークロックになっており、特にハーモニカサウンドと歌詞に影響が色濃く出ている。特に、この曲でのジョンのハーモニカ・ソロは『ウィズ・ザ・ビートルズ』の「リトル・チャイルド」に次いで、熱のこもったソロとなっている。この時期、ディランにドラッグを勧められて経験したことがきっかけとなり、以後ビートルズは徐々に内省的な歌詞を作り出していく。この曲にもそのことが見てとれる。ジョンは後に「ぼくの一部は自分が負け犬じゃないかと思っている。でもほかの一部では、全能の神だと思っている」[6]とこの曲の歌詞が作られる背景を説明している。そして彼はこの曲を自分のお気に入りの曲だとしている。なお、ジョンは「アイ・フィール・ファイン」を書くまで、この曲をシングル・カットするつもりだったという[7]

マリアンヌ・フェイスフル(1965年)[8]、ヴィンス・ガラルディ&ボラ・セチ(1966年)[9]らがカバーしている。

レコーディングとリリース[編集]

この曲のレコーディングは、「ミスター・ムーンライト」と「リーヴ・マイ・キトゥン・アローン英語版」と同じく1964年8月14日に行なわれた。全部で8テイク録音された[10]

このレコーディングから4ヶ月後にリリースされることになるのだが、発売前の11月17日BBCのラジオにてシングル「アイ・フィール・ファイン/シーズ・ア・ウーマン」と『ビートルズ・フォー・セール』収録から本作を含む三曲が先行公開されている[10]

なお、『ビートルズ・フォー・セール』発売当初は「I'm a Losser」と誤植されていた[11]

プレイヤー[編集]

※出典[12]

収録盤[編集]

脚注[編集]

  1. ^ "I'm a Loser" - オールミュージック
  2. ^ Unterberger, Richie (2009年). “Review of "I'm a Loser"”. Allmusic. 2019年1月21日閲覧。
  3. ^ 71 - 'I'm a Loser'”. 100 Greatest Beatles Songs. Rolling Stone (2011年9月19日). 2019年1月21日閲覧。
  4. ^ Sheff, David (2000). All We Are Saying: The Last Major Interview with John Lennon and Yoko Ono. New York: St. Martin's Press. ISBN 0-312-25464-4. 
  5. ^ Miles, Barry (1997). Paul McCartney: Many Years From Now. New York: Henry Holt and Company. p. 176. ISBN 0-8050-5249-6. 
  6. ^ イアン・マクドナルド 『ビートルズと60年代』 奥田祐士訳、キネマ旬報社、1996年、p.145より引用。
  7. ^ Taylor, Derek (1964). Beatles for Sale. The Beatles. Parlophone.
  8. ^ Marianne Faithful - Marianne Faithful”. AllMusic. 2019年1月21日閲覧。
  9. ^ Vince Guaraldi and Bola Sete: Live at El Matador - Vince Guaraldi”. AllMusic. 2019年1月21日閲覧。
  10. ^ a b I'm a Loser”. The Beatles Bible (2009年). 2019年1月21日閲覧。
  11. ^ The Beatles - Beatles For Sale”. Discogs. 2017年11月20日閲覧。
  12. ^ MacDonald, Ian (2005). Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties (Second Revised ed.). London: Pimlico (Rand). p. 124. ISBN 1-84413-828-3.