ジェームズ・コーデン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジェームズ・コーデン
James Corden
James Corden
本名 James Kimberley Corden
生年月日 (1978-08-22) 1978年8月22日(39歳)
出生地 イングランドの旗 イングランドヒリンドン・ロンドン特別区
国籍 イギリスの旗 イギリス
身長 173 cm
職業 俳優、コメディアン、歌手、作家、プロデューサー、テレビ番組司会者
ジャンル テレビ・映画・舞台
活動期間 1996年 -
配偶者 ジュリア・ケイリー(2012年 - )
備考
OBE(大英帝国勲章オフィサー)受章

ジェームズ・キンバリー・コーデン OBEJames Kimberley Corden1978年8月22日 - )は、イングランド俳優コメディアン歌手作家プロデューサーテレビ番組司会者CBSトークバラエティ番組レイト×2ショー with ジェームズ・コーデン』の司会として知られる。

略歴[編集]

1978年にヒリンドン・ロンドン特別区で生まれ、バッキンガムシャー州ウィカム地区英語版ヘイゼルミア英語版で育つ[1]。父親はイギリス空軍音楽隊所属のミュージシャン[2]、母親はソーシャルワーカー[3]。姉と妹がいる[2]

1996年にミュージカル『Martin Guerre』の端役で舞台に立ち、プロの俳優としてデビューする[4]

自ら脚本を執筆して出演したBBCシットコムGavin & Stacey』で2008年の英国アカデミー賞テレビ部門英語版最優秀コメディ演技賞英語版を受賞。

2010年に、同年のFIFAワールドカップに出場するイングランド代表の非公式応援歌『Shout for England[5]ディジー・ラスカルと共に歌い、全英シングルチャート1位を獲得。

2012年に『One Man, Two Guvnors』でトニー賞演劇主演男優賞を受賞。

2015年に大英帝国勲章のオフィサー(将校、OBE)を受章[6]

2015年3月より、CBS深夜トークバラエティ番組レイト×2ショー with ジェームズ・コーデン』の司会を務めている。『ザ・レイト・レイト・ショー英語版』は1995年から放送されている人気番組で、コーデンは4代目の司会者である。前任者は丸10年担当したクレイグ・ファーガソン

2015年11月1日に開催される予定の第19回ハリウッド映画賞の授賞式の司会に選ばれた[7]

私生活[編集]

ルームメイトだった俳優ドミニク・クーパーの紹介で知り合った元テレビプロデューサーのジュリア・ケイリー[8]と2012年に結婚、2人の間には結婚前に誕生した長男マックスと結婚後に生まれた長女ケイリー(ジュリアの旧姓と同じ)がいる[9]

サッカーでは少年時代からウェストハム・ユナイテッドFCのファンであり[10]、出世作『Gavin & Stacey』でも自身の役を同クラブのファンと設定してたびたび劇中でグッズを着用していた。

主な作品[編集]

邦題
原題
役名 備考
1997 トゥエンティフォー・セブン
Twenty Four Seven
カール(トンカ)・マーシュ
2002 人生は、時々晴れ
All or Nothing
ローリー・バセット
2006 ヒストリーボーイズ
The History Boys
ティムズ
2007 ロブの「この年、オレ年」
Rob Brydon's Annually Retentive
本人 第2シリーズ第4回「深刻な“アタマ”事情!?」
2009 レズビアン・ヴァンパイア・キラーズ
Lesbian Vampire Killers
フレッチ
2010 ガリバー旅行記
Gulliver's Travels
ジンクス
2011 三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船
The Three Musketeers
プランシェ
2013 はじまりのうた
Begin Again
スティーヴ
ワン チャンス
One Chance
ポール・ポッツ 歌声はポール・ポッツ本人による吹き替え
2014 イントゥ・ザ・ウッズ
Into the Woods
パン屋の主人
2018 オーシャンズ8
Ocean's Eight

その他[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Lindi Bilgorri (2005年3月2日). “It’s all down to confidence” (英語). This is Local London. http://www.thisislocallondon.co.uk/news/575072.0/ 2015年4月11日閲覧。 
  2. ^ a b “James Corden: The day my father went to war” (英語). Daily Mail. (2008年10月3日). http://www.dailymail.co.uk/femail/article-1067573/James-Corden-The-day-father-went-war.html 2015年4月11日閲覧。 
  3. ^ Andy Ricketts (2013年4月30日). “Sharon and Kelly Osbourne give their backing to Fashion Targets Breast Cancer 2013” (英語). Third Sector. http://www.thirdsector.co.uk/sharon-kelly-osbourne-give-backing-fashion-targets-breast-cancer-2013/communications/article/1180208 2015年4月11日閲覧。 
  4. ^ Kira Cochrane (2011年10月2日). “James Corden: 'I'm not sure people even think of me as an actor at all'” (英語). The Gurdian. http://www.theguardian.com/culture/2011/oct/02/james-corden-actor-gavin-stacey 2015年4月11日閲覧。 
  5. ^ https://www.youtube.com/watch?v=sHq3vy_7cJQ
  6. ^ New Year Honours 2015 (PDF)” (英語). GOV.UK (2014年12月30日). 2015年4月11日閲覧。
  7. ^ James Corden to Host the 19th Annual Hollywood Film Awards”. 2015年10月15日閲覧。
  8. ^ Hannah Symmons (2010年9月29日). “James Corden To Become A First-Time Dad” (英語). Sky News. オリジナル2011年1月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110115042256/http://news.sky.com/skynews/Home/Showbiz-News/James-Corden-Has-Confirmed-He-Is-Expecting-A-Baby-With-Girlfriend-Julia-Carey/Article/201009415747631 2015年4月11日閲覧。 
  9. ^ “James Corden and his wife Julia have welcomed a baby girl called Carey” (英語). BelfastTelegraph.co.uk. (2014年10月30日). http://www.belfasttelegraph.co.uk/entertainment/news/james-corden-welcomes-baby-girl-30704928.html 2015年4月11日閲覧。 
  10. ^ “James Corden - a proper footy fan” (英語). BBC. (2009年8月25日). http://www.bbc.co.uk/blogs/danwalker/2009/08/amiable_corden_is_a_big_hit.html 2017年6月10日閲覧。 

外部リンク[編集]

先代:
クレイグ・ファーガソン
ザ・レイト・レイト・ショー
2015年
次代:
-