ロール・オーバー・ベートーヴェン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
チャック・ベリー > ロール・オーバー・ベートーヴェン
ビートルズ > 作品リスト > ロール・オーバー・ベートーヴェン
ビートルズ > 曲名リスト > ロール・オーバー・ベートーヴェン
エレクトリック・ライト・オーケストラ > ロール・オーバー・ベートーヴェン
ロール・オーバー・ベートーヴェン
チャック・ベリーシングル
初出アルバム『チャック・ベリー・イズ・オン・トップ
B面 ドリフティング・ハート
リリース
規格 7インチシングル
録音 1956年4月16日[2]
ジャンル ロックンロール[3]
時間
レーベル チェス・レコード
作詞・作曲 チャック・ベリー
プロデュース
  • レナード・チェス
  • フィル・チェス
チャート最高順位
後述を参照
チャック・ベリー シングル 年表
  • ロール・オーバー・ベートーヴェン
  • (1956年)
チャック・ベリー・イズ・オン・トップ 収録曲
ジョ・ジョ・ガン
(B-2)
ロール・オーバー・ベートーヴェン
(B-3)
アラウンド・アンド・アラウンド
(B-4)
テンプレートを表示

ロール・オーバー・ベートーヴェン」(Roll Over Beethoven)は、チャック・ベリーの楽曲である。1956年にチェス・レコードよりシングル盤として発売され、B面には「ドリフティング・ハート」 (Drifting Heart) が収録された。楽曲の発表後、ビートルズエレクトリック・ライト・オーケストラらによってカバーされた。『ローリング・ストーン』誌の「The 500 Greatest Songs of All Time」では第97位にランクインした[1]

歌詞・インスピレーション[編集]

ローリング・ストーン』誌や『オールミュージック』のカブ・コーダによると、ベリーがポピュラー音楽を演奏したい時に、姉のルーシーがいつも自宅のピアノでクラシック音楽を演奏していたことが本作のインスピレーションとなっているとのこと[1][3]。本作は、姉にピアノを独占されていた悔しさを歌った楽曲で、ベリーは自伝の中で「ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンではなく、ルーシーに文句を言いたかったんだ」と語っている[4]

歌詞の中には、ベートーヴェンと同じくクラシック作曲家であるピョートル・チャイコフスキーの名前が登場している。歌詞中の「Don't you step on my blue suede shoes(俺のブルー・スウェード・シューズを踏むなよ)」というフレーズは、カール・パーキンスの「ブルー・スエード・シューズ」からの引用で、「Reel and rock」というフレーズは、かねてよりブルースで使用されているもの[4]

ヒューイ・"ピアノ"・スミスは、この曲の歌詞の中の一節、「I got the rocking pneumonia. I need a shot of rhythm-and-blues」 (俺はロッキン肺炎にかかってしまった。リズム・アンド・ブルースの注射を打たなければ)にインスピレーションを受け、翌1957年に「ロッキング・ニューモニア・アンド・ザ・ブギウギ・フルー」をリリースし、ヒットさせている[5]

レコーディング[編集]

「ロール・オーバー・ベートーヴェン」のレコーディングは、1956年4月16日にイリノイ州シカゴで行なわれ、プロデュースはレナード・チェスとフィル・チェスが手がけた[6]

演奏者は、以下のようになっている[6]

チャート成績(チャック・ベリー版)[編集]

チャート (1956年) 最高位
US Billboard Top 100[7] 29
US R&B Chart (Billboard)[8] 7
西ドイツ (Official German Charts)[9] 31

リリース・文化的影響[編集]

「ロール・オーバー・ベートーヴェン」は、1956年5月にチェス・レコードからシングル盤として発売され、B面には「ドリフティング・ハート」が収録された。シングル盤は、Billboard Top 100では最高位29位[7]、R&Bチャートでは最高位7位を記録した[8]。その後、『ツイスト英語版』や『ザ・チェス・ボックス英語版』などのコンピレーション・アルバムに収録された。

ローリング・ストーン』誌の「The 500 Greatest Songs of All Time」では第97位にランクインし、同誌は「新しい時代を宣言する究極のロックンロール・コールとなった」と評している[1]

カバー・バージョン[編集]

「ロール・オーバー・ベートーヴェン」は、ポピュラー音楽の中で最も広くカバーされている楽曲の1つであり、コーダは「ロックンロール・バンドの定番」としている[3]

ビートルズによるカバー[編集]

ロール・オーバー・ベートーヴェン
ビートルズ楽曲
収録アルバムウィズ・ザ・ビートルズ
英語名Roll Over Beethoven
リリース
  • 1963年11月22日
  • 1964年4月25日 (Japan single)
A面日本の旗 ツイスト・アンド・シャウト
録音
ジャンルロックンロール
時間2分48秒
レーベル
作詞者チャック・ベリー
作曲者チャック・ベリー
プロデュースジョージ・マーティン
チャート順位
後述を参照
ビートルズ シングル 日本 年表
ウィズ・ザ・ビートルズ 収録曲
プリーズ・ミスター・ポストマン
(A-7)
ロール・オーバー・ベートーヴェン
(B-1)
ホールド・ミー・タイト
(B-2)

「ロール・オーバー・ベートーヴェン」は、ビートルズのメンバーのお気に入りの楽曲の1つで、活動初期より演奏していた[10]。1963年7月30日にEMIスタジオのスタジオ2で、「ロール・オーバー・ベートーヴェン」のカバー・バージョンのレコーディングが行なわれ[11]ジョージ・ハリスンボーカルを務めた[12][13]。5テイク録音した後、ギターソロ、ハンドクラップ英語版、ハリスンの2本目のリード・ボーカルを2回オーバー・ダビングした[11]。同日に録音したテイクのうち、テイク8はメンバー全員で曲の最後のコードを演奏しているところを編集したものとなっている[11]。このカバー・バージョンは、イギリスでは同年に発売された2作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム『ウィズ・ザ・ビートルズ』に収録され[11]、アメリカでは1964年4月10日に発売された『ザ・ビートルズ・セカンド・アルバム』にオープニング・トラックとして収録された[14]

イギリスやアメリカではシングル・カットされていないが、カナダではキャピトル・レコードから発売されたシングル盤『プリーズ・ミスター・ポストマン』のB面に収録され、アメリカのBillboard Hot 100で最高位68位[15]Cash Box Singlesチャートで最高位30位[16]、スウェーデンのKvallstoppenチャートで最高位11位を記録した[17]。日本ではシングル盤『ツイスト・アンド・シャウト』のB面に収録された。

1994年に発売された『ザ・ビートルズ・ライヴ!! アット・ザ・BBC』には、1964年2月28日にBBCラジオ『From Us To Say The Beatles』用に録音され、同年3月30日に放送された演奏が収録されている[18]。また、1977年に発売された『ザ・ビートルズ・スーパー・ライヴ!』には1964年8月23日のハリウッド・ボウル公演でのライブ音源[19]、1995年に発売された『ザ・ビートルズ・アンソロジー1』には1963年のストックホルム公演でのライブ音源[20]が収録されている。

クレジット(ビートルズ版)[編集]

※出典[13]

チャート成績(ビートルズ版)[編集]

チャート (1964年) 最高位
ベルギー (Ultratop 50 Wallonia)[21] 43
ノルウェー (VG-lista)[22] 2
スウェーデン (Kvallstoppen)[17] 11
US Billboard Hot 100[15] 68
US Cash Box Singles[16] 30
西ドイツ (Official German Charts)[23] 31

エレクトリック・ライト・オーケストラによるカバー[編集]

ロール・オーバー・ベートーヴェン
エレクトリック・ライト・オーケストラシングル
初出アルバム『ELO2
B面 クイーン・オブ・ジ・アワーズ
リリース
録音
ジャンル
時間
レーベル ハーヴェスト・レコード
作詞・作曲 チャック・ベリー / ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
プロデュース ジェフ・リン
チャート最高順位
後述を参照
エレクトリック・ライト・オーケストラ シングル 年表
  • ロール・オーバー・ベートーヴェン
  • (1963年)
ELO2 収録曲
ママ
(A-2)
ロール・オーバー・ベートーヴェン
(A-3)
フロム・ザ・サン・トゥ・ザ・ワールド(ブギーNo.1)
(B-1)
テンプレートを表示

エレクトリック・ライト・オーケストラは、1973年に発売したオリジナル・アルバム『ELO2』に、「ロール・オーバー・ベートーヴェン」のカバー・バージョンを収録した。エレクトリック・ライト・オーケストラによるカバー・バージョンは、チャック・ベリーの原曲のトレードマークとなっている12小節のロックンロール調のリフや、ベートーヴェンの「交響曲第5番」の冒頭部分が盛り込まれている[26]。1973年1月にバンドの2作目のシングルとして発売され、全英シングルチャートで最高位6位[27]Billboard Hot 100で最高位42位[28]を記録した。

シカゴのAMラジオ放送局であるWLSでは複数回放送されており、同局は「ロール・オーバー・ベートーヴェン」を1973年に89番目に人気のあるヒット曲としてランク付けし[29]、2週連続で8位を記録した[30]。競合局となるWMVPでは6位を記録した[31]

チャート成績(エレクトリック・ライト・オーケストラ版)[編集]

週間チャート
チャート (1973年) 最高位
オーストラリア (Kent Music Report)[32] 42
ベルギー (Ultratop 50 Flanders)[33] 24
ベルギー (Ultratop 50 Wallonia)[34] 10
Canada Top Singles (RPM)[35] 19
ドイツ (Official German Charts)[36] 22
ノルウェー (VG-lista)[37] 19
UK Singles (Official Charts Company)[27] 6
US Billboard Hot 100[28] 42
US Cash Box Top 100 48
US Record World[38] 31
年間チャート
チャート(1973年) 順位
Top 100 Singles (RPM)[39] 167
US (Joel Whitburn's Pop Annual)[40] 250

その他のアーティストによるカバー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d Rolling Stone 2003.
  2. ^ 20th Century Masters - The Millennium Collection: The Best of Chuck Berry (CD). Chuck Berry. MCA Records. 1999. MCAD-11944。
  3. ^ a b c Koda, Cub. Roll Over Beethoven | Song Info - オールミュージック. 2021年7月1日閲覧。
  4. ^ a b 小出斉 (2017年8月25日). “ロックンロールの大定番『ロール・オーヴァー・ベートーヴェン』の意味を歌詞から紐解く!|『意味も知らずにロックンロールを歌うな!?』より”. リットーミュージック. 2021年7月1日閲覧。
  5. ^ Huey "Piano" Smith And The Rocking Pneumonia Blues, Author: John Wirt, LSU Press, 2014, P. 49
  6. ^ a b Thompson 2008, p. 287.
  7. ^ a b Cotten 1989, p. 5.
  8. ^ a b Chuck Berry's Biggest Billboard Hits”. Billboard (2016年10月18日). 2021年7月2日閲覧。
  9. ^ Offizielle Deutsche Charts - Chuck Berry - Roll Over Beethoven”. Official German Charts. 2021年7月2日閲覧。
  10. ^ Keane 2008, p. 74.
  11. ^ a b c d Winn 2008, p. 65.
  12. ^ Lewisohn 1988, p. 37.
  13. ^ a b MacDonald 2007, p. 92.
  14. ^ Lewisohn 1988, p. 201.
  15. ^ a b The Hot 100 Chart”. Billboard (1964年4月4日). 2021年7月3日閲覧。
  16. ^ a b Hoffmann, Frank (1983). The Cash Box Singles Charts, 1950-1981. Metuchen, New Jersey, and London: The Scarecrow Press. p. 34. ISBN 0-8108-1595-8 
  17. ^ a b Swedish Charts 1962-March 1966/Kvallstoppen - Listresultaten vecka for vecka > Juni 1964” (スウェーデン語). hitsallertijden.nl. 2021年7月3日閲覧。
  18. ^ (1994年) The BeatlesLive at the BBC』のアルバム・ノーツ [booklet]. Apple Records.
  19. ^ ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル [SHM-CD][CD] - ザ・ビートルズ”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN. 2021年7月3日閲覧。
  20. ^ Ingham 2003, p. 96.
  21. ^ "Ultratop.be – The Beatles – Roll Over Beethoven" (in French). Ultratop 50. 2021年7月3日閲覧。
  22. ^ "Norwegiancharts.com – The Beatles – Roll Over Beethoven". VG-lista. 2021年7月3日閲覧。
  23. ^ Offizielle Deutsche Charts - The Beatles - Roll Over Beethoven”. Official German Charts. 2021年7月2日閲覧。
  24. ^ Eder, Bruce. Electric Light Orchestra II - Electric Light Orchestra | Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2021年7月3日閲覧。
  25. ^ 34 Essential Glam Songs”. stereogum.com (2017年1月5日). 2021年7月3日閲覧。
  26. ^ Bennett 2020, p. 66.
  27. ^ a b "Official Singles Chart Top 100". UK Singles Chart. 2021年7月3日閲覧。
  28. ^ a b The Hot 100 Chart”. Billboard (1973年7月28日). 2021年7月3日閲覧。
  29. ^ The WLS Big 89 of 1973”. Wlshistory.com. 2021年7月3日閲覧。
  30. ^ wls090873”. Users.qwest.net (1973年9月8日). 2016年10月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年7月3日閲覧。
  31. ^ wcfl730901”. Oldiesloon.com (1973年9月1日). 2021年7月3日閲覧。
  32. ^ Kent, David (1993). Australian Chart Book 1970-1992. St Ives, NSW: Australian Chart Book. ISBN 0-646-11917-6 
  33. ^ "Ultratop.be – The Electric Light Orchestra – Roll Over Beethoven" (in Dutch). Ultratop 50. 2021年7月3日閲覧。
  34. ^ "Ultratop.be – The Electric Light Orchestra – Roll Over Beethoven" (in French). Ultratop 50. 2021年7月3日閲覧。
  35. ^ Top RPM Singles: Issue 7456”. RPM. Library and Archives Canada. 2021年11月16日閲覧。
  36. ^ "Musicline.de – The Electric Light Orchestra Single-Chartverfolgung" (in German). Media Control Charts. PhonoNet GmbH. 2021年7月3日閲覧。
  37. ^ "Norwegiancharts.com – The Electric Light Orchestra – Roll Over Beethoven". VG-lista. 2021年7月3日閲覧。
  38. ^ Hawtin, Steve. “Song artist 171 - Electric Light Orchestra”. Tsort.info. 2021年7月3日閲覧。
  39. ^ Top RPM Singles: Issue 6899”. RPM. Library and Archives Canada. 2021年12月11日閲覧。
  40. ^ Whitburn, Joel (1999). Pop Annual. Menomonee Falls, Wisconsin: Record Research Inc.. ISBN 0-89820-142-X 
  41. ^ DiVita, Joe (2021年6月7日). “Cristina Scabbia Now a Character in Iron Maiden's Mobile Game”. Loudwire. Townsquare Media, Inc.. 2021年7月3日閲覧。
  42. ^ Whitburn, Joel (2008). Hot Country Songs 1944 to 2008. Record Research. p. 143. ISBN 978-0-89820-177-2 
  43. ^ 王様が語るニューアルバム『カブトムシ外伝』の全貌&全曲試聴”. BARKS. ジャパンミュージックネットワーク株式会社 (2005年12月15日). 2021年7月3日閲覧。

参考文献[編集]

  • Bennett, Andy (2020). British Progressive Pop 1970-1980. Bloomsbury Publishing. ISBN 1-5013-3665-7 
  • Cotten, Lee (1989). The Golden Age of American Rock n' Roll: Reelin' & rockin', 1956-1959. Pierian Press. ISBN 1-5607-5039-1 
  • 97. Chuck Berry, 'Roll Over Beethoven'”. The 500 Greatest Songs of All Time. Rolling Stone (2003年12月11日). 2021年7月1日閲覧。
  • Ingham, Chris (2003). The Rough Guide to the Beatles. Rough Guides. ISBN 1-8435-3140-2 
  • Keane, Colm (2008). The Beatles Irish Concert. Capel Islalnd Press. ISBN 0-9559-1330-6 
  • Lewisohn, Mark (1988). The Beatles Recording Sessions. New York: Harmony Books. ISBN 0-5175-7066-1 
  • MacDonald, Ian (2007) [1994]. Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties. Chicago Review Press. ISBN 1-5565-2733-0 
  • Thompson, Gordon (2008). Please Please Me: Sixties British Pop, Inside Out. Oxford University Press. ISBN 0-1953-3318-7 
  • Winn, John C. (2008). Way Beyond Compare: The Beatles' Recorded Legacy, Volume One, 1957-1965. Crown. ISBN 0-3074-5238-7 

外部リンク[編集]