アイム・ダウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アイム・ダウン
ビートルズシングル
A面 ヘルプ!
リリース
録音 アビー・ロード・スタジオ
1965年6月14日
ジャンル ロックンロール
時間
レーベル パーロフォン
作詞・作曲 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン
ビートルズシングル盤 U.K. 年表
涙の乗車券
b/w
イエス・イット・イズ
(1965年)
ヘルプ!
b/w
アイム・ダウン
(1965年)
恋を抱きしめよう
両A面
デイ・トリッパー
(1965年)
ビートルズシングル盤 U.S. 年表
涙の乗車券
b/w
イエス・イット・イズ
(1965年)
ヘルプ!
b/w
アイム・ダウン
(1965年)
イエスタデイ
b/w
アクト・ナチュラリー(1965年)
ビートルズシングル盤 日本 年表
涙の乗車券
b/w
イエス・イット・イズ
(1965年)
ヘルプ!
b/w
アイム・ダウン
(1965年)
ディジー・ミス・リジー
b/w
アンナ
(1965年)
パスト・マスターズ Vol.1 収録曲
  1. ラヴ・ミー・ドゥ
  2. フロム・ミー・トゥ・ユー
  3. サンキュー・ガール
  4. シー・ラヴズ・ユー
  5. アイル・ゲット・ユー
  6. 抱きしめたい
  7. ジス・ボーイ
  8. 抱きしめたい(ドイツ語)
  9. シー・ラヴズ・ユー(ドイツ語)
  10. ロング・トール・サリー
  11. アイ・コール・ユア・ネーム
  12. スロウ・ダウン
  13. マッチ・ボックス
  14. アイ・フィール・ファイン
  15. シーズ・ア・ウーマン
  16. バッド・ボーイ
  17. イエス・イット・イズ
  18. アイム・ダウン
テンプレートを表示

アイム・ダウン」(I'm Down)は、1965年7月にビートルズが発表した10枚目のオリジナル・シングル(「ヘルプ!」)のB面曲である。

解説[編集]

レノン=マッカートニー名義だが、ポール・マッカートニーの単独作。リード・ボーカルもポールが担当している。

発表前までは、コンサートのラスト・ナンバーは「ロング・トール・サリー」だった。それに代わるオリジナル曲として制作され、1965年シェイ・スタジアム公演以降はこの曲が演奏されており、1966年日本武道館でもこの曲が演奏された。但し、この曲を演奏し始めた頃は、ライヴの序盤で演奏されていたこともあった[注釈 1]ジョン・レノンはこの曲ではギターではなく、オルガンを演奏しており、間奏部分ではオルガンを手ではなく、「肘を使って鍵盤の上を左右に滑らせて弾く」というジョンらしいワイルドなパフォーマンスで有名。

なお、『エド・サリヴァン・ショー』では、2番の歌詞から歌い始めたこともあり、またビートルズ最後のワールド・ツアーのミュンヘン公演の際には、ポールが冒頭の歌詞 "You tell lies thinkin' I can't see / You can't cry cause you laughing at me I'm down" を忘れてしまったため、ジョンが慌ててその部分の歌詞を教え、演奏はスタートしたものの、この時もポールは2番の歌詞から歌い始めてしまったために混乱し、収拾がつかなくなったこともあった[1]。ジョンがライヴで歌詞を忘れるのは、デビュー以前からよくあることだったが、ポールがそういったミスをすることは殆ど無かった。また、1966年の全ツアーにおいて「アイム・ダウン」用としてオルガンがステージにセッティングされていたが、ジョンはオルガンを使用せず、ギターを演奏。当時、ビートルズのライヴへの取り組みが真剣でなかったことが窺える。

当時ビートルズの楽曲は、シングル曲のB面も常にトップ100圏内に入ってきていたが、この曲はビルボード誌では最高位101位だった。また、キャッシュボックス誌でも、チャート入りしていない。

「グッド・イヴニング・ニューヨーク・シティ」の付録のDVDにはシェイで開催されたポールのコンサートということから現在のポールが歌うシーンと1965年8月のビートルズのシェイ・スタジアムのライヴシーンを交互に見せるバージョンが制作された。

レコーディング[編集]

この曲は、アルバム『4人はアイドル』のB面に収録の「イエスタデイ」、「夢の人」と同じ1965年6月14日に録音された[2]。ベーストラックは7回録音されたうちの最後のテイクが採用され、正式テイクとなった。コーラスは、ジョンとジョージ・ハリスンに加え、ポール自身が行なっている[注釈 2]。オルガンを弾いているのはジョンで、こちらもロックンロール心溢れる演奏となっている[注釈 3]

1995年に発売された『ザ・ビートルズ・アンソロジー1』には、この日の第1テイクが収録された。このテイクではコーラスが入っておらず、オルガンが控え絵に入っている。なお、曲の最後にポールが「Plastic soul, man, plastic soul」という呟きが入っている。これは黒人ミュージシャンがミック・ジャガーに対して言った言葉で、後にビートルズが発表したアルバム『ラバー・ソウル』のタイトルの由来となっている。

ステレオ・ヴァージョン[編集]

「アイム・ダウン」のリアル・ステレオ・ヴァージョンは、ビートルズの活動中にはリリースされなかった。解散後、1976年6月にリリースされたアルバム『ロックン・ロール・ミュージック』に収録。ただし日本では1965年12月5日に発売された4曲入りEPヘルプ!涙の乗車券/アイム・ダウン/ディジー・ミス・リジー」(OP-4110)のB面1曲目に収録されていた。CDでは、1988年3月にリリースされたアルバム『パスト・マスターズ Vol.1』で初のリリースとなった[3]

ミキシング[編集]

ステレオ・ヴァージョンに比較してモノラル・ヴァージョンの方がフェード・アウトが遅く収録時間が2秒長い。

演奏[編集]

※出典[4]

カヴァー・ヴァージョン[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 1965年8月1日ブラックプール公演では、オープニング曲であるアイ・フィール・ファインの次に歌っている映像が存在している。また、同月14日に収録された『エド・サリヴァン・ショー』でも2番目に歌われている。ただし、ビートルズ最後のツアーとなった1966年のアメリカン・ツアーでのラストは「ロング・トール・サリー」。
  2. ^ 4トラック録音のため可能となっている。
  3. ^ よく聴くと、ライヴでやっているのと同じく肘でオルガンをこする音が聴こえる。

出典[編集]

  1. ^ 『ジョージ・ハリスン全仕事』ザ・ビートルズ・クラブ編集、2002年、プロデュースセンター出版局。
  2. ^ Lewisohn, Mark (1988). The Beatles Recording Sessions. New York: Harmony Books. p. 59. ISBN 978-0-517-57066-1. 
  3. ^ Lewisohn, Mark (1988). The Beatles Recording Sessions. New York: Harmony Books. p. 59-60,62,200-201. ISBN 978-0-517-57066-1. 
  4. ^ MacDonald, Ian (2005). Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties (Second Revised ed.). London: Pimlico (Rand). p. 156. ISBN 978-1-84413-828-9.