ノルウェーの森

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ノルウェーの森
ビートルズ楽曲
収録アルバム ラバー・ソウル
リリース イギリスの旗 イギリス1965年12月3日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国1965年12月6日
日本の旗 日本1966年3月15日
録音 アビー・ロード・スタジオ
1965年10月12日21日
ジャンル ロック
時間 24 (stereo version)
2分8秒 (monaural version)
1分59秒 ("The Beatles Anthology 2" version)
レーベル パーロフォンイギリス
キャピトル・レコードアメリカ
オデオン・レコード日本
作詞者 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン
ラバー・ソウル 収録曲
A面
  1. ドライヴ・マイ・カー
  2. ノルウェーの森
  3. ユー・ウォント・シー・ミー
  4. ひとりぼっちのあいつ
  5. 嘘つき女
  6. 愛のことば
  7. ミッシェル
B面
  1. 消えた恋
  2. ガール
  3. 君はいずこへ
  4. イン・マイ・ライフ
  5. ウェイト
  6. 恋をするなら
  7. 浮気娘

ノルウェーの森」 ("Norwegian Wood (This Bird Has Flown)")はイギリスロックバンドビートルズの楽曲である。

解説[編集]

本作は1965年12月3日に発売された6作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバムラバー・ソウル』のA面2曲目に収録された。レノン=マッカートニーの作。リード・ヴォーカルジョン・レノンローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500では83位にランクされている。

リード・ヴォーカルおよびアコースティック・ギターはジョン・レノンバッキング・ヴォーカルポール・マッカートニーが担当し、ジョンの発案によりインド民族楽器であるシタールジョージ・ハリスンによって演奏されている。レコード化されたポピュラーミュージックにシタールが使用されたのはこれが初めてのことであると言われていた[1]。アルバム『ザ・ビートルズ・アンソロジー2』には別ヴァージョン(お蔵入りになっていた第1テイク)が収録されている。

歌詞内容についてレノン自身は、ローリング・ストーン誌やプレイボーイ誌のインタビューで「当時の妻シンシアに気付かれないように、他の女性との浮気を書いたもの」と説明している。一見ふられたような歌詞にも受け取れるが、"最後の火をつけるラインはポールによるもので、ポールの解説によれば風呂で寝ることになってしまった復讐をするために、その場所を燃やしてしまうことにしたというもの[2]

音楽的には、シタールの使用や、メインメロディ部分のEミクソリディアンモード(移動ドで、ドレミファソラ♭シの旋法)と、ポールのバッキングヴォーカルが重なってくる部分のEドリアンモード(移動ラで、ラシドレミ#ファソの旋法)のモードチェンジが特徴である。

タイトルに関する諸説[編集]

原題の"Norwegian Wood"が何を意味するか歌詞中に明確に描かれていないため、邦訳には、「ノルウェーの森」や「ノルウェー製の家具」などがある。

ポール・マッカートニーは次のように解説している。"Peter Asher had just done his room out in wood, and a lot of people were decorating their places in wood. Norwegian wood. It was pine, really, just cheap pine. But it's not as good a title, is it, "Cheap Pine"?"(ピーター・アッシャーフォークデュオピーター&ゴードン」のメンバーで当時のポールの恋人ジェーン・アッシャーの兄)は部屋の内装をすっかり木造にしていたよ。多くの人が木材で部屋を飾り付けていたんだ。ノルウェー産の木材、松の木のことだよ。安物の松材さ。でも「安物の松材」じゃタイトルにならないだろ?)[3]

つまり、彼女の部屋に入ってみるとノルウェー産の木材で内装された「ウッド調の部屋だった」ということをあらわしており、woodは木材を指している。また、英国では"Norwegian wood"はしばしば労働階級の人が住むアパートの内装に使われる安物の木材を指すことがあり、そうした部屋に住んでいる彼女は、大して裕福ではない娘を表しているともいわれている(さらに部屋には椅子も置いていないと歌われている)。

大津栄一郎によれば、"wood"という単語は、"the wood"と定冠詞がつく場合以外の単数では森を意味しないという[4]。「森」は語学的におかしく、「ノルウェイ材の部屋」のような訳の方が正しいのではないかとしている。ただし一方で、「ノルウェーの森」の方がタイトルとしてははるかに良いということも述べている。

この説はアルバート・ゴールドマンによるジョン・レノンの伝記にも登場する[5]

また、村上春樹は、「ジョージ・ハリソンのマネージメントをしているオフィスに勤めているあるアメリカ人女性から『本人から聞いた話』」として、"Knowing she would"(オレは彼女がそうすると(俗的に言えば「ヤらせてくれる」と)知って(思って)いた)という言葉の語呂合わせとして、"Norwegian Wood"とした、という説を紹介している[6]

なお、当初『ノルウェーの森』と訳されたことについては、邦題を名づけた高嶋弘之(当時東芝音楽工業でビートルズ担当のディレクター)が「意味をとり間違えた」とコメントしている[7]

ミキシング[編集]

モノラル・ヴァージョンには最初の中間部(0'38")に小さく咳払いが入る。

その他下記の通り3つの定位の異なるミキシングがある。

ヴァージョン ヴォーカル シタール アコースティック・ギター
ラバー・ソウル』収録 右寄り
ラヴ・ソングス』収録 中央(やや右寄り) 左寄り 中央
ビートルズ バラード・ベスト20』収録 中央(やや左寄り) 中央(やや右寄り) 中央

収録盤[編集]

参考文献[編集]

  • 大津栄一郎「『ノルウェイの森』雑考」『図書』(岩波書店)538号(1994年4月)11 - 15頁。
  • Cross, Craig (2005). The Beatles: Day-by-day, Song-by-song, Record-by-record. Iuniverse. ISBN 0595346634. 

脚注[編集]

  1. ^ 中山康樹『ビートルズの謎』(講談社現代新書 2008年)p.72によれば、シタールを使った最初のグループはビートルズでなくヤードバーズのHeart Full Of Soul(邦題:ハートせつなく)だったという。ただし、この曲はシタール抜きで発表され、シタールバージョンは1984年に発表された。
  2. ^ Cross 2005, p.412.
  3. ^ Miles, Barry (1997). Paul McCartney: Many Years From Now. New York: Henry Holt & Company. ISBN 0-8050-5249-6. p. 270–1."
  4. ^ 大津 1994
  5. ^ 村上春樹 雑文集 p. 108
  6. ^ 村上春樹 雑文集 p. 111
  7. ^ ザ・ビートルズ レーベル公式サイト(ユニバーサルミュージックジャパン) ビートルズ来日時を知る初代ディレクター高島弘之氏に聞きました!