スロウ・ダウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ビートルズ > 作品リスト > スロウ・ダウン
ビートルズ > 曲名リスト > スロウ・ダウン
スロウ・ダウン
ラリー・ウィリアムズ楽曲
英語名Slow Down
リリース1958年3月
規格7インチシングル
A面ディジー・ミス・リジー
録音
  • 1957年9月11日
  • マスター・レコーダーズ
ジャンルロックンロール
時間2分40秒
レーベルスペシャルティ・レコード
作詞者ラリー・ウィリアムズ
作曲者ラリー・ウィリアムズ
ラリー・ウィリアムズ シングル 年表
  • フーチー・クー / ザ・ダミー
  • (1958年)

スロウ・ダウン」(Slow Down)は、ラリー・ウィリアムズの楽曲である。1957年にレコーディングが行われ、1958年3月にスペシャルティ・レコードからシングル盤『ディジー・ミス・リジー』のB面曲として発売された。後にA面曲と共にビートルズによってカバーされた。

レコーディング[編集]

「スロウ・ダウン」のレコーディングは、1957年9月11日にカリフォルニア州ハリウッドにあるマスター・レコーダーズで行なわれた[1]。音楽ジャーナリストのジーン・スクラッティ英語版は、バックバンドによる演奏について「止められない、ノン・ギミックで、叩きつけるようなピアノの音と沸き立つようなサックスで制御不能になりそうな『スロウ・ダウン』は、間違いなくウィリアムズの最もヒッピーな曲だ」と評している[1]

演奏者および担当楽器は、以下のとおりとなっている[1]

ビートルズによるカバー[編集]

スロー・ダウン
ビートルズ楽曲
英語名Slow Down
リリース
  • イギリスの旗 1964年6月19日 (EP "Long Tall Sally")
  • アメリカ合衆国の旗 1964年8月24日 (Single)
  • 日本の旗 1964年11月5日 (Single)
規格7インチシングル
A面アメリカ合衆国の旗日本の旗 マッチ・ボックス
録音
ジャンルロックンロール
時間2分54秒
レーベル
作詞者ラリー・ウィリアムズ
作曲者ラリー・ウィリアムズ
プロデュースジョージ・マーティン
チャート順位
ビートルズ シングル U.S. 年表
ビートルズ シングル 日本 年表
パスト・マスターズ Vol.1 収録曲
アイ・コール・ユア・ネーム
(12)
スロウ・ダウン
(13)
マッチボックス
(14)

ビートルズは、1960年より「スロウ・ダウン」をレパートリーの1つとしていた[3]。1963年7月16日にBBCラジオの『Pop Go The Beatles』用に演奏が録音され[4]、8月20日に放送された[5]。当時の演奏は、1994年に発売された『ザ・ビートルズ・ライヴ!!アット・ザ・BBC』に収録されている。1964年6月1日と4日に「スロウ・ダウン」のカバー・バージョンのレコーディングが行われた[6]。リズムトラックは3テイクで録音され、テイク3にジョン・レノンボーカルジョージ・ハリスンソロが加えられた[6]。ビートルズがコペンハーゲンにいた6月4日、ジョージ・マーティンによってピアノオーバー・ダビングされた[7]

ビートルズによるカバー・バージョンは、イギリスでは1964年6月19日に発売されたEP『のっぽのサリー』に収録された[8]。アメリカでは同月にキャピトル・レコードから発売されたアルバム『サムシング・ニュー』に収録された後、シングル盤『マッチ・ボックス」のB面曲として発売された[9]Billboard Hot 100では最高位25位を獲得[2]

音楽評論家のイアン・マクドナルド英語版は、著書『Revolution in the Head』の中でビートルズによるカバー・バージョンについて「ビートルズ史上最も成功しなかったロックンロール・カバーの1つ」「底力、推進力、基本的なまとまりに欠ける」と批判し、「ギターソロは恥ずかしいもので、サウンド・バランスはめちゃくちゃ」と述べている[10]。また、曲の1分14秒のところで、ピアノの音が一瞬消えて、ポール・マッカートニーベースの音が聴こえなくなるという編集ミスを指摘している[10]

クレジット[編集]

※出典[10]

その他のアーティストによるカバー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c Sculatti 1989, pp. 2, 6.
  2. ^ a b The Hot 100 Chart”. Billboard (1964年10月10日). 2021年8月10日閲覧。
  3. ^ Guesdon & Margotin 2014, p. 253.
  4. ^ Womack 2014, p. 844.
  5. ^ Winn 2008, p. 59.
  6. ^ a b Dogget & Humphries 2010, p. 173.
  7. ^ Womack, Kenneth (2017). Maximum Volume: The Life of Beatles Producer George Martin, The Early Years, 1926-1966. Chicago Review Press. p. 232. ISBN 1-6137-3192-2 
  8. ^ Womack 2014, p. 573.
  9. ^ Lewisohn 1988, p. 200.
  10. ^ a b c MacDonald 2007, p. 118.
  11. ^ Eder, Bruce. How Do You Like It? - Gerry & the Pacemakers | Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2021年8月10日閲覧。
  12. ^ Woodstra, Chris. In the City - The Jam | Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2021年8月10日閲覧。
  13. ^ Unterberger, Richie. In Retrospect - The Rascals | Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2021年8月10日閲覧。
  14. ^ Orens, Geoff. Live at the Adelphi: Liverpool 1988 - Pete Best | Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2021年8月10日閲覧。
  15. ^ Orens, Geoff. Another World - Brian May | Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2021年8月10日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]