シーズ・ア・ウーマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ビートルズ > ビートルズの作品 > シーズ・ア・ウーマン
ビートルズ > ビートルズの曲名一覧 > シーズ・ア・ウーマン
シーズ・ア・ウーマン
ビートルズ楽曲
英語名 She's A Woman
リリース
  • アメリカ合衆国の旗 1964年11月23日 (1964-11-23)
  • イギリスの旗 1964年11月27日
  • 日本の旗 1965年1月5日
規格 7インチシングル
録音
ジャンル
時間 3分01秒
レーベル
作詞者 レノン=マッカートニー
作曲者 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン
チャート順位

後述を参照

ビートルズ シングル U.K. 年表
ビートルズ シングル U.S. 年表
ビートルズ シングル 日本 年表
パスト・マスターズ Vol.1 収録曲
アイ・フィール・ファイン
(14)
シーズ・ア・ウーマン
(15)
バッド・ボーイ
(16)
ミュージックビデオ

シーズ・ア・ウーマン」(英語: She's A Woman)は、ビートルズの楽曲。レノン=マッカートニー名義となっているが、実質的にはポール・マッカートニーによって書かれた楽曲で、ミドルエイト部分のみジョン・レノンが書いている。1964年11月にシングル盤『アイ・フィール・ファイン』のB面曲として発売され、Billboard Hot 100では、B面収録曲でありながらも最高4位を獲得し[4]、ニュージーランドのシングルチャートでは第1位を獲得した[5]

1965年に公開されたビートルズ主演の映画『ヘルプ!4人はアイドル』では、本作のコーラスが使用されたが、同作のサウンドトラック盤には未収録となった。

作曲とレコーディング[編集]

「シーズ・ア・ウーマン」は、ロックンロールR&Bポップ・ロックの要素を持った楽曲で、ボーカルはリトル・リチャードを彷彿させる歌唱法が採られている。

「シーズ・ア・ウーマン」のレコーディングは、『ビートルズ・フォー・セール』のレコーディング・セッション中であった1964年10月8日にEMIスタジオの第2スタジオで開始された。この日は7テイク録音されて、第6テイクが採用された。その後、第6テイクにジョージ・マーティンピアノリンゴ・スターショーカリョがオーバー・ダビングされた。

ライヴではほとんどの場合1曲目、もしくは2曲目(マッカートニーが歌う最初の曲)として演奏されている。1966年に日本武道館で行なわれた来日公演でも演奏され、当時の演奏は1996年にリリースされた『ザ・ビートルズ・アンソロジー2』に収録された。

ミキシング[編集]

1981年12月リリースの『ザ・ビートルズ EPコレクション』収録の『ザ・ビートルズ』の「シーズ・ア・ウーマン」にはイントロ前にポール・マッカートニーのカウントが入る。『パスト・マスターズ Vol.1』収録のものやモノラル・ヴァージョンにはカウントが入らない。

米国盤『ビートルズ '65』収録ヴァージョンは、ステレオ・モノラルともに通常ヴァージョンよりフェード・アウトが早く、なおかつ強いエコーがかけられている。

「シーズ・ア・ウーマン」のリアル・ステレオ・ヴァージョンはビートルズの活動中にはリリースされなかった。解散後の1980年11月リリースの『リヴァプールより愛を込めて ザ・ビートルズ・ボックス』に収録された。CDでは『パスト・マスターズ Vol.1』に収録された。ちなみに、米国盤『ビートルズ '65』のステレオ盤では擬似ステレオで収録されている。

演奏[編集]

※出典[6][7]

レコーディング・エンジニアノーマン・スミスが務めた。

チャート成績[編集]

チャート(1964年 - 1965年) 最高位
ベルギー (Ultratop 50 Wallonia)[8] 7
ニュージーランド (Lever Hit Parade)[5] 1
US Billboard Hot 100[4] 4

カバー・バージョン[編集]

収録アルバム[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ Frontani, Michael R. (2009-09-18). The Beatles: Image and the Media. Univ. Press of Mississippi. p. 113. ISBN 978-1-60473-156-9. https://books.google.com/books?id=QHtMYEl4QxsC&pg=PA113 2019年6月29日閲覧。 
  2. ^ Riley, Tim (2002). Tell Me Why: The Beatles: Album by Album, Song by Song, the Sixties and After. Da Capo Press. p. 118. ISBN 978-0-306-81120-3. https://books.google.com/books?id=lHvx9QnnorYC&pg=PA118 2019年6月29日閲覧。 
  3. ^ O'Grady, Terence J. (1 May 1983). The Beatles: A Musical Evolution. Twayne Publishers. p. 56. ISBN 978-0-8057-9453-3. https://books.google.com/books?id=n33uAAAAMAAJ. "Both "I Feel Fine" and "She's a Woman" are heavily rhythm and blues influenced pop-rock songs." 
  4. ^ a b The Hot 100 Chart”. Billboard (1964年12月26日). 2020年8月29日閲覧。
  5. ^ a b Lever hit parades: 24-Dec-1964”. Flavour of New Zealand. 2020年8月29日閲覧。
  6. ^ Winn 2009, p. 279-284.
  7. ^ Everett 2001, p. 266.
  8. ^ "Ultratop.be – The Beatles – She's A Woman" (in French). Ultratop 50. 2020年11月24日閲覧。
  9. ^ José Feliciano - Rain / She's A Woman - RCA Victor - USA - 47-9757”. 45cat. 2020年8月29日閲覧。
  10. ^ Official Singles Chart Top 100”. Official Charts Company (1991年3月31日). 2020年8月29日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]