ブロウ・バイ・ブロウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブロウ・バイ・ブロウ
ジェフ・ベックスタジオ・アルバム
リリース
録音 1974年10月
ジャンル ロック
時間
レーベル Epic
プロデュース ジョージ・マーティン
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 4位(アメリカ[1]
  • 27位(日本[2]
ジェフ・ベック 年表
ジェフ・ベック・グループ
(1972)
ブロウ・バイ・ブロウ
(1975)
ワイアード
(1976)
テンプレートを表示

ブロウ・バイ・ブロウ』 (Blow by Blow) は、1975年にリリースされたジェフ・ベックのアルバム。発表当時の邦題は、『ギター殺人者の凱旋』(The Return of Axe Murderer)であった。

1974年1月26日、ロンドンのレインボー・シアターでコンサートを行ったベック・ボガート・アンド・アピスであったが、このコンサートでジェフとティム・ボガートが衝突、その後のスケジュールもキャンセルとなり、BBAは5月頃に自然消滅という形となった。BBAの自然消滅後、ジェフはアップ(UPP)のレコーディングに参加したり、9月にはUPPと共にBBCへの出演を果たしている。

本作は1974年12月にレコーディングが開始される。マックス・ミドルトン、ボブ・テンチ、クライヴ・チャーマンはジェフ・ベック・グループの後ハミングバードというバンドで活動しており、ジェフの要請を受けたマックスは快諾してレコーディングに参加した。プロデューサーは、当時ジョン・マクラフリン率いるマハヴィシュヌ・オーケストラの『黙示録 Apocalypse』をプロデュースしたジョージ・マーティン。ジェフはマハヴィシュヌ・オーケストラのジャズ・ロック的なアプローチに傾倒し、そこからマーティンにプロデュースを依頼したのであった。レコーディングはロンドンのエアー・スタジオで行われた。

『ブロウ・バイ・ブロウ』は、ビルボード・チャートで4位を獲得している。6曲目の「哀しみの恋人達」はスティーヴィー・ワンダーの作曲で[3]ロイ・ブキャナンに捧げられている。本作もまた4チャンネル・ステレオ盤が存在し、全曲でミックスが異なっている。本作発表後ジェフは4月から7月にかけてアメリカ・ツアーを行っている。このツアーではマハヴィシュヌ・オーケストラとのジョイントも行われた。8月には二度目の来日を果たし、「ワールド・ロック・フェスティバル・イースト・ランド」に参加したものの、風邪をおしての出演で急性肺炎の疑いで京都仙台公演はキャンセルとなった。

収録曲[編集]

Side 1
  1. 分かってくれるかい - You Know What I Mean (Beck, Middleton) 4:05
  2. シーズ・ア・ウーマン - She's a Woman (Lennon-McCartney) 4:31
  3. コンスティペイテッド・ダック - Constipated Duck (Beck) 2:48
  4. エアー・ブロワー - Air Blower (Bailey, Beck, Chen, Middleton) 5:09
  5. スキャッターブレイン - Scatterbrain (Beck, Middleton) 5:39
Side 2
  1. 哀しみの恋人達 - Cause We've Ended as Lovers (Wonder) 5:42
  2. セロニアス - Thelonius (Wonder) 3:16
  3. フリーウェイ・ジャム - Freeway Jam (Middleton) 4:58
  4. ダイヤモンド・ダスト - Diamond Dust (Holland) 8:26

パーソネル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Blow by Blow - Jeff Beck : Awards : AllMusic
  2. ^ 『オリコンチャート・ブックLP編(昭和45年‐平成1年)』(オリジナルコンフィデンス/1990年/ISBN 4-87131-025-6)p.160
  3. ^ 原曲は、1974年にスティーヴィー・ワンダーが、当時の妻シリータ・ライトのアルバムのために作詞作曲し、本曲はそのインストルメンタル・ヴァージョンである。[1]