哀しみの恋人達

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
哀しみの恋人達
シリータ楽曲
収録アルバム スティーヴィー・ワンダー・プレゼンツ・シリータ
リリース 1974年
録音 ザ・レコード・プラント、ロサンゼルス
ジャンル R&Bソウル
時間 4分29秒
レーベル モータウン
作詞者 スティーヴィー・ワンダー
作曲者 スティーヴィー・ワンダー
プロデュース スティーヴィー・ワンダー
哀しみの恋人達
ジェフ・ベック楽曲
収録アルバム ブロウ・バイ・ブロウ
リリース 1975年3月
録音 1974年10月
エアー・スタジオ、ロンドン
ジャンル ロック
時間 5分42秒
レーベル エピック・レコード
作曲者 スティーヴィー・ワンダー
プロデュース ジョージ・マーティン

哀しみの恋人達」(Cause We've Ended As Lovers) は、アメリカの歌手シリータ・ライト(アーティストとしての名義はシリータ)が1974年のアルバム『スティーヴィー・ワンダー・プレゼンツ・シリータ』で発表した楽曲。作詞、作曲、プロデュースは、かつてシリータの夫であったスティーヴィー・ワンダーによる。1975年にはイギリスギタリストジェフ・ベックのファースト・ソロアルバム『ブロウ・バイ・ブロウ(LPリリース時のタイトル『ギター殺人者の凱旋』)』に収録されたインストゥルメンタル・ヴァージョン(LPではB面1曲目)で広く知られるようになる。

ジェフ・ベックによるカヴァー[編集]

1972年、スティーヴィー・ワンダーはジェフ・ベックのために「迷信」を作曲するが、所属レーベルのモータウンなどに反対され、自らのシングルとしてリリースし大ヒットしたため、ジェフ・ベックは「迷信」をオリジナルとしてやる事ができなくなった[1]。スティーヴィーはこの事のお詫びとして、かつての妻であったシリータ・ライトのセカンド・アルバム『スティーヴィー・ワンダー・プレゼンツ・シリータ』(1974)に収録されたバラードである本曲を提供した[2]

スティーヴィー・ワンダーの原曲はソフトなヴォーカルの物静かな曲であったが、ジェフ・ベックの解釈により、メロディラインの寸断や調性の変化がなされ、曲中には、ボリューム奏法ピッキング・ハーモニクス、3音(増4度)チョーキングなどのテクニックが組み込まれるなどして、ダイナミックで知的な泣きのギター・インストゥルメンタル曲となり[2]、後のギタリストに大きな影響を与えた[3]。そういったテクニックを多用していたロイ・ブキャナンに捧げるとアルバムジャケットに記されており、ジェフ・ベックは米ギター・プレイヤー誌のインタビューにおいても「ロイのヴァイブレーションと同じになるように弾いた」と答えている[2]。ロイ・ブキャナンは、その後リリースされた『メシアが再び(原題 A Street Called Straight)』(1976)において、アンサーソング的な「マイ・フレンド・ジェフ」で応えている。

途中6小節ほどにギターのオーヴァーダビングが入る以外は、一発録りのいわゆるスタジオライヴである[1]。使用ギターは、ブルース・ギタリストのロニー・マックの破損したギブソン・フライングVに搭載されていたP.A.Fピックアップ[2]を、セイモア・ダンカンが修理しテレキャスターに移植したもの(通称テレギブ)である。

「哀しみの恋人達」は、ジェフ・ベックがインストルメンタル主体に転向した『ブロウ・バイ・ブロウ』以降の代表曲のひとつとなり、ライヴにおいてもハイライト曲として演奏される事が多い。1975年の第1回ワールド・ロック・フェスティバル公演時、来日記念盤として国内限定でシングルカットされている。

パーソネル[編集]

  • ジェフ・ベック - ギター
  • マックス・ミドルトン - キーボード
  • フィル・チェン - ベース
  • リチャード・ベイリー - ドラムス

その他のカヴァー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「ギター・グレイツ」、ジョン・トプラー他著、神川あや訳・ロッキング・オン、1985、ISBN 4-947599-11-1
  2. ^ a b c d HOT WIRED GUITAR:The Life of JEFF BECK、Martin Power、2011、ISBN 978-1849388696
  3. ^ 「スーパー・ロック・ギタリスト」、シンコー、1987、ISBN 4-401-61212-4