スティーヴィー・ワンダー・プレゼンツ・シリータ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スティーヴィー・ワンダー・プレゼンツ・シリータ
シリータスタジオ・アルバム
リリース
録音 カリフォルニア州ロサンゼルス ザ・レコード・プラント[1]
ジャンル R&Bソウル
時間
レーベル モータウン
プロデュース スティーヴィー・ワンダー
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 116位(アメリカ[2]
  • シリータ アルバム 年表
    シリータ
    (1972年)
    スティーヴィー・ワンダー・プレゼンツ・シリータ
    (1974年)
    ワン・トゥ・ワン
    (1977年)
    テンプレートを表示

    スティーヴィー・ワンダー・プレゼンツ・シリータ』(Stevie Wonder Presents Syreeta)は、アメリカ合衆国R&B歌手シリータ・ライトシリータ名義で1974年に発表した、2作目のスタジオ・アルバム

    背景[編集]

    前作『シリータ』(1972年)をプロデュースしたスティーヴィー・ワンダーは、同年のうちにシリータと離婚するが、本作でも引き続きプロデューサーを務めた[3]。「カム・アンド・ゲット・ディス・スタッフ」は、元々ワンダーがルーファス英語版のために書き下ろした曲だが、ルーファスのリード・ボーカリストのチャカ・カーンがこの曲を拒否し、同じくワンダー作の「テル・ミー・サムシング・グッド」を選んだことから、本作に収録される運びとなった[4]。「アイ・ウォナ・ビー・バイ・ユア・サイド」は、当時モータウンに所属していたG.C.キャメロン英語版とのデュエット・ソングである[5]

    反響・評価[編集]

    母国アメリカでは、本作はBillboard 200で116位、『ビルボード』のR&Bアルバム・チャートで53位を記録したが、本作からのシングルはチャート入りしなかった[2]。一方イギリスでは、「スピニン・アンド・スピニン」が全英シングルチャートで49位に達し、1975年には「ユア・キス・イズ・スウィート」が同12位のヒットとなるが、本作は全英アルバムチャート入りしていない[6]

    Donald A. Guariscoはオールミュージックにおいて5点満点中4.5点を付け「彼女のキャリアの中で最も楽しめる、そして最も一貫性のあるアルバム」「『トーキング・ブック』や『インナーヴィジョンズ』といったアルバムにも通じるため、スティーヴィー・ワンダーのファンならこのアルバムも押さえておくべき」と評している[5]

    収録曲[編集]

    特記なき楽曲はスティーヴィー・ワンダーとシリータ・ライトの共作。

    Side 1
    1. アイム・ゴーイン・レフト "I'm Goin' Left" – 3:37
    2. スピニン・アンド・スピニン "Spinnin' and Spinnin'" – 4:21
    3. ユア・キス・イズ・スウィート "Your Kiss Is Sweet" – 4:31
    4. カム・アンド・ゲット・ディス・スタッフ "Come and Get This Stuff" (Stevie Wonder) – 3:37
    5. ヘヴィー・デイ "Heavy Day" – 4:00
    Side 2
    1. コーズ・ウィヴ・エンデッド・アズ・ラヴァーズ[7] "Cause We've Ended as Lovers" (S. Wonder) – 4:29
    2. ジャスト・ア・リトル・ピース・オブ・ユー "Just a Little Piece of You" – 4:01
    3. ウェイティン・フォー・ザ・ポストマン "Waitin' for the Postman" (S. Wonder) – 1:46
    4. ホエン・ユア・ダディズ・ノット・アラウンド "When Your Daddy's Not Around" (S. Wonder) – 1:03
    5. アイ・ウォナ・ビー・バイ・ユア・サイド "I Wanna Be by Your Side" (S. Wonder) – 4:04
    6. ユニヴァーサル・サウンド・オブ・ザ・ワールド(ユア・キス・イズ・スウィート) "Universal Sound of the World (Your Kiss Is Sweet)" – 4:06

    カヴァー[編集]

    参加ミュージシャン[編集]

    脚注・出典[編集]

    [脚注の使い方]
    1. ^ CD英文ブックレット内クレジット
    2. ^ a b Syreeta | Awards | AllMusic
    3. ^ Obituary: Syreeta”. The Guardian. Guardian News and Media (2004年7月13日). 2015年11月7日閲覧。
    4. ^ McMillian, Stephen (2014年5月5日). “Classic Soul Album Spotlight: Rufus' 'Rags to Rufus'”. Soul Train. 2015年11月7日閲覧。
    5. ^ a b Guarisco, Donald A.. “Stevie Wonder Presents Syreeta - Syreeta”. AllMusic. 2015年11月7日閲覧。
    6. ^ SYREETA | full Official Charts History | Official Charts Company
    7. ^ 2014年再発CD (UICY-76685)の表記に準拠。旧規格CD (POCT-1913)での邦題は「哀しみの恋人達」だった
    8. ^ Jerry Butler - Love's On The Menu (Vinyl, LP, Album) at Discogs