シリータ・ライト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シリータ・ライト
出生名 Rita Wright[1]
出生 1946年8月3日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ペンシルベニア州ピッツバーグ
死没 2004年7月6日(満57歳没)
ジャンル R&Bソウル
職業 歌手
担当楽器 ボーカル
レーベル モータウン
モーターシティ
共同作業者 スティーヴィー・ワンダー
ビリー・プレストン

シリータ・ライト (Syreeta Wright1946年8月3日-2004年7月6日[1])はアメリカ合衆国ソウルシンガー。ソロ活動においてはファースト・ネームのシリータ名義で活動していた。

来歴[編集]

ペンシルベニア州ピッツバーグで生まれ、ミシガン州デトロイトで育つ[1]モータウンでバックアップシンガーとして活動していた折にスティーヴィー・ワンダーと出会い、1970年に結婚[2]。1972年にワンダーのプロデュースによるデビュー・アルバム『シリータ』を発表するが、この年にはワンダーと離婚している[2]。1974年には、再びワンダーのプロデュースによるアルバム『スティーヴィー・ワンダー・プレゼンツ・シリータ』を発表し、同アルバムの収録曲「コーズ・ウィヴ・エンデッド・アズ・ラヴァーズ」は、後にジェフ・ベックによるインストゥルメンタル・ヴァージョンが広く知られるようになる。

1977年、リオン・ウェアのプロデュースによる3年ぶりのアルバム『ワン・トゥ・ワン』を発表[3]。また、マイゼル兄弟がプロデュースしたゲイリー・バーツ英語版のアルバム『ミュージック・イズ・マイ・サンクチュアリ』にもゲスト参加した。

1979年公開の映画『ザ・ドロッパーズ英語版』のサウンドトラックではビリー・プレストンと共演し、同作から「ウィズ・ユー・アイム・ボーン・アゲイン」が大ヒットした[2]。プレストンとはその後も共演を重ねる。1983年のアルバム『The Spell』を最後に一度引退するが、1980年代末期のイギリスで初期の作品が再評価されたことから音楽活動を再開し、イギリスのレーベル「モーターシティ」からシングルをリリースしている[1]

2004年7月6日に心不全により死去。

ディスコグラフィ[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c d Huey, Steve. “Syreeta - Biography & History”. AllMusic. 2015年11月7日閲覧。
  2. ^ a b c Obituary: Syreeta”. The Guardian. Guardian News and Media (2004年7月13日). 2015年11月7日閲覧。
  3. ^ Elias, Jason. “One to One - Syreeta”. AllMusic. 2015年11月7日閲覧。