バッド・ボーイ (ラリー・ウィリアムズの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

バッド・ボーイBad Boy)は、ラリー・ウィリアムズの楽曲。1959年にシングルA面曲として発表された。

ビートルズによるカヴァー[編集]

バッド・ボーイ
Bad Boy
ビートルズシングル
リリース
録音 アビー・ロード・スタジオ (1965年5月10日)
ジャンル ロック
時間
レーベル パーロフォン(イギリス)
キャピトル・レコード(アメリカ)
オデオン(日本)
作詞・作曲 ラリー・ウィリアムズ
プロデュース ジョージ・マーティン
オールディーズ 収録曲
A面
  1. シー・ラヴズ・ユー
  2. フロム・ミー・トゥ・ユー
  3. 恋を抱きしめよう
  4. ヘルプ!
  5. ミッシェル
  6. イエスタデイ
  7. アイ・フィール・ファイン
  8. イエロー・サブマリン
B面
  1. キャント・バイ・ミー・ラヴ
  2. バッド・ボーイ
  3. デイ・トリッパー
  4. ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!
  5. 涙の乗車券
  6. ペイパーバック・ライター
  7. エリナー・リグビー
  8. 抱きしめたい
パスト・マスターズ Vol.1 収録曲
  1. ラヴ・ミー・ドゥ
  2. フロム・ミー・トゥ・ユー
  3. サンキュー・ガール
  4. シー・ラヴズ・ユー
  5. アイル・ゲット・ユー
  6. 抱きしめたい
  7. ジス・ボーイ
  8. 抱きしめたい(ドイツ語)
  9. シー・ラヴズ・ユー(ドイツ語)
  10. ロング・トール・サリー
  11. アイ・コール・ユア・ネーム
  12. スロウ・ダウン
  13. マッチ・ボックス
  14. アイ・フィール・ファイン
  15. シーズ・ア・ウーマン
  16. バッド・ボーイ
  17. イエス・イット・イズ
  18. アイム・ダウン
テンプレートを表示

1965年にビートルズによってカヴァーされており、ジョン・レノンがリード・ヴォーカルを採っている。きっかけは、キャピトル・レコードがビートルズ側に「何でも良いから早くアメリカ用に2曲よこせ」と要請したため、急遽録音されたナンバー。もう1曲は、同じくラリー・ウィリアムズの楽曲「ディジー・ミス・リジー」である。

レコードでは、英国盤アルバム『オールディーズ』、米国盤アルバム『ビートルズ VI』、CDでは「パスト・マスターズ Vol.1」に収録。

1965年に 日本のO.P.KINGもカヴァーしている。