パスト・マスターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パスト・マスターズ
ビートルズベスト・アルバム
リリース
録音 1962年9月4日 - 1970年1月4日
ジャンル ロック
時間
レーベル パーロフォン
キャピトル・レコード
アップル・レコード
チャート最高順位
  • 31位(イギリス、OCC[1]
ビートルズ アルバム 年表
ラヴ
(2006年)
パスト・マスターズ
モノ・マスターズ
(2009年)
テンプレートを表示

パスト・マスターズ』(Past Masters)は、イギリスのロックバンドビートルズの2枚組ベスト・アルバム[2]。時として、「パスト・マスターズ Vol.1パスト・マスターズ Vol.2のプロジェクト」または 両方のアルバムを指すという意味としても「パスト・マスターズ」が使われる。

本項では本作のモノラル盤にあたる『モノ・マスターズMono Masters)』についても記述する。

概要[編集]

英国盤公式オリジナル・アルバム全12作とアルバム『マジカル・ミステリー・ツアー』のCD化が終わった後に、アルバムに未収録となっていたシングル曲をCD化するためのベスト・アルバム[2][3]。ビートルズによって編集されたものではないのだが、オリジナル・アルバム未収録曲を収集するためには必要なため『ザ・ビートルズ1962年〜1966年』『ザ・ビートルズ1967年〜1970年』より早くリマスターされるなど他のオリジナル・アルバムと同等の扱いを受けることが多々ある。

収録曲にはイギリスで発売されていたアルバムには未収録となっていたシングル曲の他、EP盤『ロング・トール・サリー』に収録の全4曲、ベスト・アルバム『オールディーズ』(未CD化)に収録の「バッド・ボーイ」、さらにチャリティー盤『No One's Gonna Change Our World』に収録の「アクロス・ザ・ユニバース」が含まれている[2]

CDで『パスト・マスターズ Vol.1』・『パスト・マスターズ Vol.2』が1988年3月7日に同時発売された。その1・2をまとめアナログ盤(LP)として1988年10月22日に発売されたのが、本アルバム「パスト・マスターズ」。CDにおいても2009年9月9日のオリジナル・アルバムのリマスターによる再発売に際して、『パスト・マスターズ Vol.1』と『パスト・マスターズ Vol.2』の合本として2枚組に組み直され、ボックスセット『ザ・ビートルズ BOX』に収録された[4]。また、それぞれ(Vol.1, Vol.2)が別々にレコードで発売されている。

本作のLP版が2012年11月12日に発売された[5]

収録曲(パスト・マスターズ)[編集]

特記を除き、作詞作曲はレノン=マッカートニーによるもの。

CDではA面〜B面が「Disc 1」、C面〜D面が「Disc 2」となっている。

アナログA面
#タイトル作詞・作曲リード・ボーカル時間
1.ラヴ・ミー・ドゥ[注釈 1](Love Me Do (Original Single Version)) ポール・マッカートニー
ジョン・レノン
2.フロム・ミー・トゥ・ユー(From Me To You) ジョン・レノン
ポール・マッカートニー
3.サンキュー・ガール(Thank You Girl) ジョン・レノン
ポール・マッカートニー
4.シー・ラヴズ・ユー[注釈 2](She Loves You) ジョン・レノン
ポール・マッカートニー
5.アイル・ゲット・ユー[注釈 2](I'll Get You) ジョン・レノン
ポール・マッカートニー
6.抱きしめたい(I Want To Hold Your Hand) ジョン・レノン
ポール・マッカートニー
7.ジス・ボーイ(This Boy) ジョン・レノン
ポール・マッカートニー
ジョージ・ハリスン
8.抱きしめたい(ドイツ語)(Komm, Gib Mir Deine Hand)レノン=マッカートニー=ニコラス=ヘルマージョン・レノン
ポール・マッカートニー
9.シー・ラヴズ・ユー(ドイツ語)(Sie Liebt Dich)レノン=マッカートニー=ニコラス=ヘルマージョン・レノン
ポール・マッカートニー
合計時間:
アナログB面
#タイトル作詞・作曲リード・ボーカル時間
1.ロング・トール・サリー(Long Tall Sally)エノトリス・ジョンソン
ロバート・ブラックウェル
リチャード・ペニーマン
ポール・マッカートニー
2.アイ・コール・ユア・ネーム(I Call Your Name) ジョン・レノン
3.スロウ・ダウン(Slow Down)ラリー・ウィリアムズジョン・レノン
4.マッチボックス(Matchbox)カール・パーキンスリンゴ・スター
5.アイ・フィール・ファイン(I Feel Fine) ジョン・レノン
6.シーズ・ア・ウーマン(She's A Woman) ポール・マッカートニー
7.バッド・ボーイ(Bad Boy)ラリー・ウィリアムスジョン・レノン
8.イエス・イット・イズ(Yes It Is) ジョン・レノン
ジョージ・ハリスン
ポール・マッカートニー
9.アイム・ダウン(I'm Down) ポール・マッカートニー
合計時間:
アナログC面
#タイトル作詞・作曲リード・ボーカル時間
1.デイ・トリッパー(Day Tripper) ポール・マッカートニー
ジョン・レノン
2.恋を抱きしめよう(We Can Work It Out) ポール・マッカートニー
3.ペイパーバック・ライター(Paperback Writer) ポール・マッカートニー
4.レイン(Rain) ジョン・レノン
5.レディ・マドンナ(Lady Madonna) ポール・マッカートニー
6.ジ・インナー・ライト(The Inner Light)ジョージ・ハリスンジョージ・ハリスン
7.ヘイ・ジュード(Hey Jude) ポール・マッカートニー
8.レボリューション(Revolution) ジョン・レノン
合計時間:
アナログD面
#タイトル作詞・作曲リード・ボーカル時間
1.ゲット・バック(Get Back (Single Version)) ポール・マッカートニー
2.ドント・レット・ミー・ダウン(Don't Let Me Down) ジョン・レノン
3.ジョンとヨーコのバラード(The Ballad of John and Yoko) ジョン・レノン
4.オールド・ブラウン・シュー(Old Brown Shoe)ジョージ・ハリスンジョージ・ハリスン
5.アクロス・ザ・ユニバース[注釈 3](Across the Universe (Wildlife Version)) ジョン・レノン
6.レット・イット・ビー(Let It Be (Single Version)) ポール・マッカートニー
7.ユー・ノウ・マイ・ネーム[注釈 2](You Know My Name (Look Up the Number)) ポール・マッカートニー
合計時間:

モノ・マスターズ[編集]

パスト・マスターズ
ビートルズベスト・アルバム
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル パーロフォン
キャピトル・レコード
アップル・レコード
チャート最高順位
  • 57位(イギリス、OCC[6]
ビートルズ アルバム 年表
ラヴ
(2006年)
パスト・マスターズ
モノ・マスターズ
(2009年)
テンプレートを表示

モノ・マスターズ』(Mono Masters)は、2009年9月9日に発売されたボックスセット『ザ・ビートルズ MONO BOX』に含まれている2枚組のベスト・アルバム[7]

同日に発売された『パスト・マスターズ』のモノラル盤にあたる作品。収録曲も大半は『パスト・マスターズ』と同一だが、D面部分が異なり、モノラル・バージョンが存在しない「ジョンとヨーコのバラード」「オールド・ブラウン・シュー」「レット・イット・ビー」が除外され、代わりにリアル・モノラル・バージョンが未発表となっていた「オンリー・ア・ノーザン・ソング」「オール・トゥゲザー・ナウ」「ヘイ・ブルドッグ」「イッツ・オール・トゥ・マッチ[注釈 4]が追加された。なお、リアル・ステレオ・バージョンが存在せず、『パスト・マスターズ』にモノラル・ミックスで収録されている「ラヴ・ミー・ドゥ」「シー・ラヴズ・ユー」「ユー・ノウ・マイ・ネーム」の3曲は本作と重複している。

収録曲(モノ・マスターズ)[編集]

特記を除き、作詞作曲はレノン=マッカートニーによるもの。

CDではA面〜B面が「Disc 1」、C面〜D面が「Disc 2」となっている。

アナログA面
#タイトル作詞・作曲リード・ボーカル時間
1.ラヴ・ミー・ドゥ[注釈 5](Love Me Do (Original Single Version)) ポール・マッカートニー
ジョン・レノン
2.フロム・ミー・トゥ・ユー(From Me To You) ジョン・レノン
ポール・マッカートニー
3.サンキュー・ガール(Thank You Girl) ジョン・レノン
ポール・マッカートニー
4.シー・ラヴズ・ユー(She Loves You) ジョン・レノン
ポール・マッカートニー
5.アイル・ゲット・ユー(I'll Get You) ジョン・レノン
ポール・マッカートニー
6.抱きしめたい(I Want To Hold Your Hand) ジョン・レノン
ポール・マッカートニー
7.ジス・ボーイ(This Boy) ジョン・レノン
ポール・マッカートニー
ジョージ・ハリスン
8.抱きしめたい(ドイツ語)(Komm, Gib Mir Deine Hand)レノン=マッカートニー=ニコラス=ヘルマージョン・レノン
ポール・マッカートニー
9.シー・ラヴズ・ユー(ドイツ語)(Sie Liebt Dich)レノン=マッカートニー=ニコラス=ヘルマージョン・レノン
ポール・マッカートニー
合計時間:
アナログB面
#タイトル作詞・作曲リード・ボーカル時間
1.ロング・トール・サリー(Long Tall Sally)エノトリス・ジョンソン
ロバート・ブラックウェル
リチャード・ペニーマン
ポール・マッカートニー
2.アイ・コール・ユア・ネーム(I Call Your Name) ジョン・レノン
3.スロウ・ダウン(Slow Down)ラリー・ウィリアムズジョン・レノン
4.マッチボックス(Matchbox)カール・パーキンスリンゴ・スター
5.アイ・フィール・ファイン(I Feel Fine) ジョン・レノン
6.シーズ・ア・ウーマン(She's A Woman) ポール・マッカートニー
7.バッド・ボーイ(Bad Boy)ラリー・ウィリアムスジョン・レノン
8.イエス・イット・イズ(Yes It Is) ジョン・レノン
ジョージ・ハリスン
ポール・マッカートニー
9.アイム・ダウン(I'm Down) ポール・マッカートニー
合計時間:
アナログC面
#タイトル作詞・作曲リード・ボーカル時間
1.デイ・トリッパー(Day Tripper) ポール・マッカートニー
ジョン・レノン
2.恋を抱きしめよう(We Can Work It Out) ポール・マッカートニー
3.ペイパーバック・ライター(Paperback Writer) ポール・マッカートニー
4.レイン(Rain) ジョン・レノン
5.レディ・マドンナ(Lady Madonna) ポール・マッカートニー
6.ジ・インナー・ライト(The Inner Light)ジョージ・ハリスンジョージ・ハリスン
7.ヘイ・ジュード(Hey Jude) ポール・マッカートニー
8.レボリューション(Revolution) ジョン・レノン
合計時間:
アナログD面
#タイトル作詞・作曲リード・ボーカル時間
1.オンリー・ア・ノーザン・ソング(Only A Northern Song)ジョージ・ハリスンジョージ・ハリスン
2.オール・トゥゲザー・ナウ(All Together Now) ポール・マッカートニー
3.ヘイ・ブルドッグ(Hey Bulldog) ジョン・レノン
ポール・マッカートニー
4.イッツ・オール・トゥー・マッチ(It's All To Much)ジョージ・ハリスンジョージ・ハリスン
5.ゲット・バック(Get Back (Single Version)) ポール・マッカートニー
6.ドント・レット・ミー・ダウン(Don't Let Me Down) ジョン・レノン
7.アクロス・ザ・ユニバース[注釈 3](Across the Universe (Wildlife Version)) ジョン・レノン
8.ユー・ノウ・マイ・ネーム(You Know My Name (Look Up the Number)) ポール・マッカートニー
合計時間:

チャート成績[編集]

パスト・マスターズ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ モノラル音源。本作に収録の「ラヴ・ミー・ドゥ」は1962年9月4日にレコーディングされたもので、リンゴ・スタードラムスを担当しているテイクである。
  2. ^ a b c モノラル音源
  3. ^ a b 本作に収録の「アクロス・ザ・ユニバース」は、チャリティー盤『No One's Gonna Change Our World』に収録のアレンジ
  4. ^ いずれもアルバム『イエロー・サブマリン』収録曲。同作のモノラル盤は存在するが、これはステレオ盤をそのままモノラル化したものであるため、リアル・モノラル・バージョンは本作で初作品化となった。なお、「オンリー・ア・ノーザン・ソング」については、同日に発売された『イエロー・サブマリン』のリマスター盤にもリアル・モノラル・バージョンで収録されている。
  5. ^ 本作に収録の「ラヴ・ミー・ドゥ」は1962年9月4日にレコーディングされたもので、リンゴ・スターがドラムスを担当しているテイクである。

出典[編集]

  1. ^ past masters|full Official Chart History”. Official Charts Company. 2019年9月19日閲覧。
  2. ^ a b c Ingham, Chris (October 2003). The Rough Guide to The Beatles. Rough Guides Ltd.. ISBN 1-84353-140-2. https://books.google.com/books?id=htl2U1fPq8QC&pg=PA88&dq=past+masters+beatles&hl=en&ei=fvGyTbqfHMax8gO-3fGVDA&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=3&ved=0CDwQ6AEwAg#v=onepage&q=past%20masters%20beatles&f=false 2018年11月17日閲覧。. 
  3. ^ Lewisohn, Mark (March 1988). The Beatles – Past Masters, Volume 1 – Booklet. Parlophone. 
  4. ^ The Beatles: Remastered”. Apple Corps. 2018年11月17日閲覧。
  5. ^ Inside the Beatles' Vinyl Album Remasters”. Rolling Stone (2012年11月12日). 2019年1月2日閲覧。
  6. ^ past masters|full Official Chart History”. Official Charts Company. 2019年9月19日閲覧。
  7. ^ Kozinn, Allan (2009年4月7日). “Original Beatles Albums to Be Reissued”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2009/04/08/arts/music/08beat.html?_r=1 2018年11月17日閲覧。 
  8. ^ "Australiancharts.com – The Beatles – Past Masters". Hung Medien. 2019年10月15日閲覧。
  9. ^ "Austriancharts.at – The Beatles – Past Masters" (in German). Hung Medien. 2019年10月15日閲覧。
  10. ^ "Ultratop.be – The Beatles – Past Masters" (in Dutch). Hung Medien. 2019年10月15日閲覧。
  11. ^ "Ultratop.be – The Beatles – Past Masters" (in French). Hung Medien. 2019年10月15日閲覧。
  12. ^ "Officialcharts.de – Top 100 Longplay". GfK Entertainment Charts. 2019年10月15日閲覧。
  13. ^ "Italiancharts.com – The Beatles – Past Masters". Hung Medien. 2019年10月15日閲覧。
  14. ^ "Dutchcharts.nl – The Beatles – Past Masters" (in Dutch). Hung Medien. 2019年10月15日閲覧。
  15. ^ "Charts.org.nz – The Beatles – Past Masters". Hung Medien. 2019年10月15日閲覧。
  16. ^ "Portuguesecharts.com – The Beatles – Past Masters". Hung Medien. 2019年10月15日閲覧。
  17. ^ "Spanishcharts.com – The Beatles – Past Masters". Hung Medien. 2019年10月15日閲覧。
  18. ^ "Swedishcharts.com – The Beatles – Past Masters". Hung Medien. 2019年10月15日閲覧。
  19. ^ "Swisscharts.com – The Beatles – Past Masters". Hung Medien. 2019年10月15日閲覧。
  20. ^ "The Beatles | Artist | Official Charts". UK Albums Chart. 2019年10月15日閲覧。
  21. ^ "Canadian album certifications – The Beatles – Past Masters". Music Canada. Retrieved 2019年10月15日.