モノ・マスターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
モノ・マスターズ
ビートルズコンピレーション・アルバム
リリース
録音 1962年 - 1970年
ジャンル ロック
時間
レーベル
プロデュース ジョージ・マーティン
専門評論家によるレビュー
テンプレートを表示

モノ・マスターズ』(英語: Mono Masters)は、ビートルズコンピレーション・アルバムで、2009年9月9日に発売されたボックス・セット『ザ・ビートルズ MONO BOX』にコンパイルされた作品の1つ[2]。『パスト・マスターズ』のモノラル盤にあたる作品[3][4][5]で、イギリス盤公式オリジナル・アルバム12作とアメリカ編集盤『マジカル・ミステリー・ツアー』に収録されなかった楽曲のモノラル・ミックスが収録されている。このような特徴から、収録曲も大半は『パスト・マスターズ』と同一だが、D面からモノラル・ミックスが存在しない「ジョンとヨーコのバラード」、「オールド・ブラウン・シュー」、「レット・イット・ビー」が外され、代わりにリアル・モノラル・ミックスが未発表となっていた「オンリー・ア・ノーザン・ソング」、「オール・トゥゲザー・ナウ」、「ヘイ・ブルドッグ」「イッツ・オール・トゥ・マッチ[注釈 1]が追加された。なお、リアル・ステレオ・ミックスが存在せず、『パスト・マスターズ』にモノラル・ミックスで収録されている「ラヴ・ミー・ドゥ」、「シー・ラヴズ・ユー」、「アイル・ゲット・ユー」、「ユー・ノウ・マイ・ネーム」の4曲は本作と重複している。

2014年9月8日に、本作のアナログ盤が発売された[6]

収録曲[編集]

特記を除き、作詞作曲はレノン=マッカートニーによるもの。

CD[編集]

DISC 1
#タイトル作詞・作曲リード・ボーカル時間
1.ラヴ・ミー・ドゥ (オリジナル・シングル・ヴァージョン)」(Love Me Do (Original Single Version)) 
2.フロム・ミー・トゥ・ユー(From Me To You) 
  • ジョン・レノン
  • ポール・マッカートニー
3.サンキュー・ガール(Thank You Girl) 
  • ジョン・レノン
  • ポール・マッカートニー
4.シー・ラヴズ・ユー(She Loves You) 
  • ジョン・レノン
  • ポール・マッカートニー
5.アイル・ゲット・ユー(I'll Get You) 
  • ジョン・レノン
  • ポール・マッカートニー
6.抱きしめたい(I Want To Hold Your Hand) 
  • ジョン・レノン
  • ポール・マッカートニー
7.ジス・ボーイ(This Boy) 
8.抱きしめたい(ドイツ語)(Komm, Gib Mir Deine Hand)レノン=マッカートニー=ニコラス=ヘルマー
  • ジョン・レノン
  • ポール・マッカートニー
9.シー・ラヴズ・ユー(ドイツ語)(Sie Liebt Dich)レノン=マッカートニー=ニコラス=ヘルマー
  • ジョン・レノン
  • ポール・マッカートニー
10.ロング・トール・サリー(Long Tall Sally)ポール・マッカートニー
11.アイ・コール・ユア・ネーム(I Call Your Name) ジョン・レノン
12.スロウ・ダウン(Slow Down)ラリー・ウィリアムズジョン・レノン
13.マッチボックス(Matchbox)カール・パーキンスリンゴ・スター
14.アイ・フィール・ファイン(I Feel Fine) ジョン・レノン
15.シーズ・ア・ウーマン(She's A Woman) ポール・マッカートニー
16.バッド・ボーイ(Bad Boy)ラリー・ウィリアムスジョン・レノン
17.イエス・イット・イズ(Yes It Is) 
  • ジョン・レノン
  • ジョージ・ハリスン
  • ポール・マッカートニー
18.アイム・ダウン(I'm Down) ポール・マッカートニー
合計時間:
DISC 2
#タイトル作詞・作曲リード・ボーカル時間
1.デイ・トリッパー(Day Tripper) 
  • ポール・マッカートニー
  • ジョン・レノン
2.恋を抱きしめよう(We Can Work It Out) ポール・マッカートニー
3.ペイパーバック・ライター(Paperback Writer) ポール・マッカートニー
4.レイン(Rain) ジョン・レノン
5.レディ・マドンナ(Lady Madonna) ポール・マッカートニー
6.ジ・インナー・ライト(The Inner Light)ジョージ・ハリスンジョージ・ハリスン
7.ヘイ・ジュード(Hey Jude) ポール・マッカートニー
8.レボリューション(Revolution) ジョン・レノン
9.オンリー・ア・ノーザン・ソング(Only A Northern Song)ジョージ・ハリスンジョージ・ハリスン
10.オール・トゥゲザー・ナウ(All Together Now) ポール・マッカートニー
11.ヘイ・ブルドッグ(Hey Bulldog) 
  • ジョン・レノン
  • ポール・マッカートニー
12.イッツ・オール・トゥ・マッチ(It's All To Much)ジョージ・ハリスンジョージ・ハリスン
13.ゲット・バック(Get Back (with Billy Preston)) ポール・マッカートニー
14.ドント・レット・ミー・ダウン(Don't Let Me Down (with Billy Preston)) ジョン・レノン
15.アクロス・ザ・ユニバース(Across the Universe) ジョン・レノン
16.ユー・ノウ・マイ・ネーム(You Know My Name (Look Up the Number)) ポール・マッカートニー
合計時間:

LP盤[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ いずれもアルバム『イエロー・サブマリン』収録曲。同作のモノラル盤は存在するが、これはステレオ盤をそのままモノラル化したものであるため、リアル・モノラル・ミックスは本作で初作品化となった。なお、「オンリー・ア・ノーザン・ソング」については、同日に発売された『イエロー・サブマリン』のリマスター盤にもリアル・モノラル・ミックスで収録されている。

出典[編集]

  1. ^ Erlewine, Stephen Thomas. Mono Masters - The Beatles | Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2020年9月28日閲覧。
  2. ^ Kozinn, Allan (2009年4月7日). “Original Beatles Albums to Be Reissued”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2009/04/08/arts/music/08beat.html?_r=1 2018年11月17日閲覧。 
  3. ^ “ザ・ビートルズ デジタル・リマスターに加え未CD化曲なども収録のボックスを同時発売!!”. rockin'on.com (ロッキング・オン). (2009年4月9日). https://rockinon.com/news/detail/19499 2020年4月13日閲覧。 
  4. ^ “ザ・ビートルズ、遂に待望のデジタル・リマスター登場”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2009年4月8日). https://www.barks.jp/news/?id=1000048496 2020年4月13日閲覧。 
  5. ^ “ビートルズのリマスター盤、ボックスの日本語タイトル&価格が決定!”. CDJournal ニュース (株式会社シ―ディージャーナル). (2009年7月16日). https://www.cdjournal.com/main/news/the-beatles/25145 2020年4月13日閲覧。 
  6. ^ THE BEATLES GET BACK TO MONO”. www.thebeatles.com. 2014年6月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年7月7日閲覧。