ザ・ビートルズ・アンソロジー3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ザ・ビートルズ・アンソロジー3
The Beatles Anthology 3
ビートルズコンピレーション・アルバム
リリース
録音 1968年5月 - 1970年1月3日
ジャンル ロック
時間
レーベル Apple 34451キャピトル・レコードEMI東芝EMI
プロデュース ジョージ・マーティン
専門評論家によるレビュー
  • All Music Guide 星4 / 5 link
チャート最高順位
  • 1位(Billboard 200
  • 5位(オリコン
  • ビートルズ 年表
    ザ・ビートルズ・アンソロジー2
    (1996年)
    ザ・ビートルズ・アンソロジー3
    (1996年)
    イエロー・サブマリン 〜ソングトラック〜
    (1999年)
    テンプレートを表示

    ザ・ビートルズ・アンソロジー3 (The Beatles' Anthology 3) は、1996年にリリースされたビートルズの2枚組CDアルバムである。後に3枚組LPレコードでもリリースされた。

    解説[編集]

    本作はアンソロジーCDシリーズの完結編である。『ザ・ビートルズ』から『レット・イット・ビー』までの別テイクや未発表曲が収められている。なおリリース前には『アンソロジー1』『アンソロジー2』のような新曲が今回も収録されるのではとのファンの憶測もあったが、「ア・ビギニング」が代わりに1曲目に収録されている(実際にレノンの未発表曲"Now and Then"のデモ録音をもとに作業が行われていたが未完成になっている〈参照〉。)。

    ジャケットのアートワークは『リボルバー』のジャケット・デザインで知られるクラウス・フォアマンによるもので、『レット・イット・ビー』のアルバムジャケットのイメージを基調に描かれている。CDのレーベル面には『アンソロジー1・2』同様にアップル・レーベルが使われている。

    曲目[編集]

    Disc one (CD 1)[編集]

    アナログA面(Disc 1)[編集]

    1. ア・ビギニング - A Beginning (Martin)
      「ドント・パス・ミー・バイ」の前奏として作曲されたが没になった。
    2. ハッピネス・イズ・ア・ウォーム・ガン - Happiness Is a Warm Gun
    3. ヘルター・スケルター - Helter Skelter
    4. ミーン・ミスター・マスタード - Mean Mr. Mustard
    5. ポリシーン・パン - Polythene Pam
    6. グラス・オニオン - Glass Onion
    7. ジャンク - Junk (McCartney)
      ポールのソロアルバム『マッカートニー』に収録。
    8. ピッギーズ - Piggies (Harrison)
    9. ハニー・パイ - Honey Pie
    10. ドント・パス・ミー・バイ - Don't Pass Me By (Starkey)
    11. オブラディ・オブラダ - Ob-La-Di, Ob-La-Da
    12. グッド・ナイト - Good Night (only music)

    アナログB面(Disc 1)[編集]

    1. クライ・ベイビー・クライ - Cry Baby Cry
    2. ブラックバード - Blackbird
    3. セクシー・セディー - Sexy Sadie
    4. ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス - While My Guitar Gently Weeps (Harrison)
    5. ヘイ・ジュード - Hey Jude
    6. ノット・ギルティ - Not Guilty (Harrison)
      ジョージのソロ・アルバム『慈愛の輝き』に収録。
    7. マザー・ネイチャーズ・サン - Mother Natures Son

    アナログC面(Disc 2)[編集]

    1. グラス・オニオン - Glass Onion (mono version)
    2. ロッキー・ラクーン - Rocky Raccoon
    3. ホワッツ・ザ・ニュー・メリー・ジェーン - What's The New Mary Jane (Lennon)
      ジョンとジョージ、ヨーコの曲。ジョンは、プラスティック・オノ・バンド名義で発表しようとしたが、メンバーから拒否され、結果没となった。
    4. ステップ・インサイド・ラヴロス・パラノイア - Step Inside Love / Los Paranoias (Lennon - McCartney - Harrison - Starkey)
      前者はシラ・ブラックにポールが提供した曲。後者は即興で作られた曲。
    5. アイム・ソー・タイアード - I'm So Tired
    6. アイ・ウィル - I Will
    7. ホワイ・ドント・ウィー・ドゥー・イット・イン・ザ・ロード - Why Don't We Do It In the Road
    8. ジュリア - Julia

    Disc two (CD 2)[編集]

    アナログD面(Disc 2)[編集]

    1. アイヴ・ガッタ・フィーリング - I've Got a Feeling
    2. シー・ケイム・イン・スルー・ザ・バスルーム・ウィンドー - She Came In Through the Bathroom Window
    3. ディグ・ア・ポニー - Dig A Pony
    4. トゥ・オブ・アス - Two Of Us
    5. フォー・ユー・ブルー - For You Blue (Harrison)
    6. テディ・ボーイ - Teddy Boy (McCartney)
      「ジャンク」とともに『マッカートニー』に収録。
    7. メドレー:リップ・イット・アップ/シェイク・ラトル・アンド・ロール/ブルー・スエード・シューズ - Medley: Rip It Up (Blackwell-Marascalco) / Shake, Rattle and Roll (Calhoun) / Blue Suede Shoes (Perkins)

    アナログE面(Disc 3)[編集]

    1. ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード - The Long And Winding Road
    2. オー!ダーリン - Oh! Darling
    3. オール・シングス・マスト・パス - All Things Must Pass (Harrison)
    4. メイルマン・ブリング・ミー・ノー・モア・ブルース - Mailman, Bring Me No More Blues (Roberts-Katz-Clayton)
      バディ・ホリーの歌。
    5. ゲット・バック - Get Back
      アップル本社の屋上で行われたライヴ演奏
    6. オールド・ブラウン・シュー - Old Brown Shoe (Harrison)
    7. オクトパスズ・ガーデン - Octopus's Garden (Starkey)
    8. マックスウェルズ・シルヴァー・ハンマー - Maxwell's Silver Hammer

    アナログF面(Disc 3)[編集]

    1. サムシング - Something (Harrison)
    2. カム・トゥゲザー - Come Together
    3. カム・アンド・ゲット・イット - Come And Get It (McCartney)
    4. エイント・シー・スウィート - Ain't She Sweet (Ager-Yellen)
      かつてトニー・シェリダンとともに録音した曲。
    5. ビコーズ - Because
    6. レット・イット・ビー - Let It Be
    7. アイ・ミー・マイン - I Me Mine (Harrison)
    8. ジ・エンド - The End

    関連項目[編集]