マックスウェルズ・シルヴァー・ハンマー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マックスウェルズ・シルヴァー・ハンマー
ビートルズ楽曲
収録アルバム アビイ・ロード
リリース 1969年9月26日
録音 アビー・ロード・スタジオ
1969年7月9日 - 8月6日
ジャンル ロック
時間 3:27
レーベル アップル・レコードEMI
作詞者 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン
アビイ・ロード 収録曲
A面
  1. カム・トゥゲザー
  2. サムシング
  3. マックスウェルズ・シルヴァー・ハンマー
  4. オー!ダーリン
  5. オクトパスズ・ガーデン
  6. アイ・ウォント・ユー
B面
  1. ヒア・カムズ・ザ・サン
  2. ビコーズ
  3. ユー・ネヴァー・ギヴ・ミー・ユア・マネー
  4. サン・キング
  5. ミーン・ミスター・マスタード
  6. ポリシーン・パン
  7. シー・ケイム・イン・スルー・ザ・バスルーム・ウィンドー
  8. ゴールデン・スランバーズ
  9. キャリー・ザット・ウェイト
  10. ジ・エンド
  11. ハー・マジェスティー


マックスウェルズ・シルヴァー・ハンマー(Maxwell's Silver Hammer)は、1969年に発表されたビートルズのアルバム『アビイ・ロード』に収録された曲。

リード・ヴォーカルはポール・マッカートニー。曲自体は『ゲット・バック』セッションでできあがっており、映画「レット・イット・ビー」でもそのリハーサル風景が収録されている。

ポールの演奏によるモーグ・シンセサイザーの軽快な音とトンカチの音が特徴。曲の内容はマックスウェル・エディスン(ジェームズ・クラーク・マクスウェルトーマス・エジソンを合成した名前。「majoring in medicine」に押韻している)という医学生がジョウンという変わった女の子(歌詞には化学実験が趣味と書かれている)を映画を見に行こうと誘っておいて銀のトンカチで撲殺するという所からはじまり、自分が授業を妨害したことを咎めた女性教授と、自分の事件の裁判長も撲殺するというもの。ただ、歌詞はを踏んでおり、「マザー・グース」のような言葉遊びの歌にもなっている。

「レット・イット・ビー」内でも歌われており、その制作途中の歌詞には「Maxwell's silver hammer made sure that Maxwell was dead(マックスウェルの銀のハンマーで彼は自殺した)」というくだりがあった。

外部リンク[編集]