オクトパス・ガーデン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ビートルズ > ビートルズの曲名一覧 > オクトパス・ガーデン
オクトパス・ガーデン
ビートルズ楽曲
収録アルバム アビイ・ロード
英語名 Octopus's Garden
リリース 1969年9月26日 (1969-09-26)
録音
ジャンル カントリーロック[2]
時間 2分51秒
レーベル アップル・レコード
作詞者 リチャード・スターキー
作曲者 リチャード・スターキー
プロデュース ジョージ・マーティン

アビイ・ロード 収録曲
オー!ダーリン
(A-4)
オクトパス・ガーデン
(A-5)
アイ・ウォント・ユー
(A-6)
ミュージックビデオ

オクトパス・ガーデン」 (英語: Octopus's Garden) は、ビートルズの楽曲である。1969年9月に発売された11作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム『アビイ・ロード』に収録された。作詞作曲はリンゴ・スター[注釈 1]作の楽曲で、スターの作品としては「ドント・パス・ミー・バイ」に続く2曲目となる。作曲面でジョージ・ハリスンも手伝っている。なお、本作はリンゴ・スターがリード・ボーカルを務めた最後のビートルズの楽曲となった。

背景[編集]

歌詞のアイデアは、スターが1968年にイタリアのサルデーニャで休暇中にピーター・セラーズから聞いた話に由来している[1]。スターはその日の昼食でフィッシュ・アンド・チップスを注文していたが、魚の代わりにイカが出された。その後にセラーズは、タコが海の底を動き回って、光沢のある石やブリキやビンなどを探して、自分達が暮らす洞窟の前に飾る習性を持っていることを話した[3][1]

1969年1月より開始されたゲット・バック・セッションのために、本作と「テイキング・ア・トリップ・トゥ・キャロライン」、「ピカソ」の3曲のスケッチを提出した[1]。同年1月26日にアップル・スタジオで行われたセッション時に、スターはハリスン、グリン・ジョンズジョージ・マーティンの3人に既に出来ていた部分を聴かせた。曲を聴いて乗り気になったハリスンは、アコースティック・ギターを合わせながら、さまざまな提案をした[1]。このことについて、スターは「ヴァースとサビは問題ないけど、僕は絶対に曲を仕上げられなかった。ジョージが代わりに仕上げてくれたんだ。僕は3つのコードを弾くだけだった。それしか弾けなかったからね。ジョージが経過のコードを入れると、その数が10に増えて、僕は天才のような感じになった」と振り返っている[1]。映画『レット・イット・ビー』にも、この時の模様が収録されており、この最中にスタジオに入ってきたジョン・レノンドラムスを叩く場面も含まれている[4]

1969年9月のインタビューで、「子供にすごく受けるのでは?」という質問に対して、ハリスンは「何人かの大きな子供たちからも、この曲がアルバムで一番のお気に入りと聞いている。つまり、大抵の人達は『ああ、リンゴの曲か』となるんだけど、リンゴがこの曲をやったのは素晴らしいことだと僕は思ってる。すごくカントリー&ウエスタンっぽくって、ハッピーな曲だ」と答えており、「resting our head on the sea bed(海の底を枕代わりにして)」と「we would be warm below the storm(嵐が来たって暖かい)」というフレーズがお気に入りであると語っている[1]

レコーディング[編集]

「オクトパス・ガーデン」のレコーディングは、1969年4月26日にEMIスタジオの第2スタジオで開始された。8トラック・レコーダーのトラック1にポール・マッカートニーベース、トラック2にスターのドラムス、トラック3にハリスンのリードギター、トラック4にレノンの指弾きによるリズムギター、トラック8にスターのボーカルが録音された[1]。レコーディング初日には歌詞が完成していたが、テイク23では「his little hideaway in a cave(洞窟の中の小さな隠れ家)」と韻を踏むために、「Octopus's garden in his grave(彼の墓の中のタコさんの庭)」と歌われている[1]。同日は32回録音され、最終テイクとなるテイク32が、オーバー・ダビング用のマスターに採用された[1][5]

4月29日にスターのリード・ボーカルがダブルトラックになり、マッカートニーのピアノを追加した後に4種類のステレオ・ミックスが作成された[1]

7月17日に第32テイクに対して、コンプレッサーリミッターの処理が施されたコーラスと、「イエロー・サブマリン」でも聴けるコップの水をストローで泡立てた音が加えられた[1]

最終段階で8トラック・レコーダーのトラック1にマッカートニーのベース、トラック2にスターのドラムス、トラック3に効果音、トラック4にピアノの低音部とこれをなぞったギター、トラック5にタムタムとバッキング・ボーカル、トラック6に追加のバッキング・ボーカルとオーバー・ダビングされたリードギター、トラック7にピアノとリードギター、トラック8にリズムギターが収録された[1]

本作が完成した後に、試験的に7種類のモノラル・ミックスが作成されたが、いずれも未発表となっている。また、ステレオ・ミックスについても、現存しているのはマスターのみとなっている[1]

リリース[編集]

「オクトパス・ガーデン」は、1969年9月26日に発売されたオリジナル・アルバム『アビイ・ロード』のA面5曲目に収録され、後にコンピレーション・アルバム『ザ・ビートルズ1967年〜1970年』、『リヴァプールより愛を込めて ザ・ビートルズ・ボックス』にも収録された。楽曲について、オールミュージックのトーマス・ワードは、「カントリー・スタイルで書かれた楽曲で、明白に馬鹿げでいるものの、これは意図的なもので、楽曲には気取らない魅力がある」「リンゴ・スターがこれまで書いた中で最高の曲」と評価している[6]

1996年に発売された『ザ・ビートルズ・アンソロジー3』には、1969年4月26日に録音されたテイク2が収録された[1]。このテイクは、本作のセッションにおいて初めて完奏したテイクとなっている[1]

2006年に発売されたアルバム『LOVE』にリミックスされた音源が収録された。同作に収録のものは「グッド・ナイト」のストリングスをバックにしたスターのボーカルから始まり、バックでは「イエロー・サブマリン」の効果音が含まれている。「ラヴリー・リタ」のフィルインが入るとオリジナルのバッキング・トラックに移行する。曲の終盤には、「ヘルター・スケルター」のギターと「サン・キング」の冒頭が加えられている[7]

2019年に発売された『アビイ・ロード (スーパー・デラックス・エディション)』のCD2には、1969年4月26日に収録されたテイク9が収録された[1]

演奏[編集]

※出典[1]

カバーやパロディ作品など[編集]

サミュエル・E・ライトは、アニメ映画『リトル・マーメイド』で自身が演じたセバスチャンとして本作をカバーしており、1991年に発売された『Party Gras!』に収録された[8]

オアシスノエル・ギャラガーは、「ホワットエヴァー」をライブで演奏する際に、曲の最後に「オクトパス・ガーデン」のフレーズを歌うことがある。

コメディグループ・CollegeHumorは、2009年に本作のパロディ曲「Ringo Wants to Sing More」を発表している[9]

2013年10月24日にイギリスで本作を原作とした絵本『タコくんのおにわ(英語: Octopus's Garden)』が発売され[10]、日本でも2014年12月10日に発売された[11]。絵はベン・コートが手がけた。絵本にはスターによる朗読や未発表のテイクを収録したCDが付属した[10][11]

収録アルバム[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 本名のリチャード・スターキー名義。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s Abbey Road 2019, p. 8.
  2. ^ Halpin, Brooke (2017). Experiencing the Beatles: A Listener's Companion. Rowman & Littlefield. p. 104. https://books.google.co.jp/books?id=P5MtDwAAQBAJ&pg=PA104&dq=Octopus%27s+Garden+country&hl=ja&sa=X&ved=2ahUKEwis36ePu9PsAhVF-WEKHWKpAgAQ6AEwAnoECAAQAg#v=onepage&q=Octopus's%20Garden%20country&f=false 
  3. ^ The Beatles 2000, p. 312.
  4. ^ Spizer 2003, p. 166.
  5. ^ Lewisohn 2004.
  6. ^ Ward, Thomas. Octopus's Garden - The Beatles | Song Info - オールミュージック. 2020年9月8日閲覧。
  7. ^ Gundersen, Edna (2006年11月13日). “A likely lament: 'You can't do that to The Beatles”. USA Today (Gannett). オリジナルの2012年10月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121025005818/http://usatoday30.usatoday.com/life/music/news/2006-11-13-beatles-cover_x.htm 2018年11月1日閲覧。 
  8. ^ Party Gras! - Sebastian | Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2020年9月8日閲覧。
  9. ^ CollegeHumor (2009年8月4日). Ringo Wants to Sing More (Music Video). https://www.youtube.com/watch?v=PMGbrTruXsE&lc=Ugj2S5O3hr-cungCoAEC 2020年9月8日閲覧。 
  10. ^ a b “リンゴ・スター、「オクトパス・ガーデン」が未発表ヴァージョンの曲入り絵本に”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク). (2013年6月13日). https://www.barks.jp/news/?id=1000091247 2020年9月8日閲覧。 
  11. ^ a b “なごむ! リンゴ・スターの絵本『タコくんのおにわ』12月に刊行”. OTOTOY (オトトイ). (2014年10月10日). https://ototoy.jp/news/80306 2020年9月8日閲覧。 

参考文献[編集]

  • The Beatles (2000). The Beatles Anthology. San Francisco, CA: Chronicle Books. ISBN 978-0-8118-2684-6 
  • ハウレット, ケヴィン (2019) (楽曲解説). アビイ・ロード (スーパー・デラックス・エディション). アップル・レコード 
  • Lewisohn, Mark (2004). The Complete Beatles Recording Sessions. London: Hamlyn. ISBN 0-681-03189-1 
  • Spizer, Bruce (2003). The Beatles on Apple Records. 498 Productions. p. 166 

外部リンク[編集]