ホワットエヴァー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ホワットエヴァー
オアシスシングル
初出アルバム『タイム・フライズ…1994-2009
B面
  • (イッツ・グッド)トゥ・ビー・フリー
  • ハーフ・ザ・ワールド・アウェイ
  • スライド・アウェイ
リリース
規格
録音 ロックフィールド・スタジオ
ジャンル ポップ[1]
時間
レーベル クリエイション・レコーズ
作詞・作曲
プロデュース
ゴールドディスク
後述を参照
チャート最高順位
後述を参照
オアシス シングル 年表
  • ホワットエヴァー
  • (1994年)
タイム・フライズ…1994-2009 収録曲
シー・イズ・ラヴ
(10)
ホワットエヴァー
(11)
アイム・アウタ・タイム
(12)
ミュージックビデオ
「Whatever」 - YouTube
テンプレートを表示

ホワットエヴァー」(Whatever)は、イギリスロックバンドオアシスの楽曲である。1994年12月18日にシングルとして発売された。オリジナル・アルバムには収録されず、2010年に発売されたベスト・アルバム『タイム・フライズ…1994-2009』でアルバム初収録となった。作詞作曲はノエル・ギャラガーによるものだが、後の訴訟により共同作曲者としてニール・イネスの名がクレジットされている。

背景とリリース[編集]

「ホワットエヴァー」のレコーディングは、モンマスシャーにあるロックフィールド・スタジオで行われ、プロデュースはオーウェン・モリス英語版、ノエル、デイビット・バチェラーの3人が手がけた[2]。本作のストリングスは、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団による演奏で、ニック・イングマン英語版とノエルが編曲を手がけた[3]

シングル『ホワットエヴァー』は、1994年に発売されたデビュー・アルバム『オアシス』と、2作目のアルバム『モーニング・グローリー』の間にクリスマス・シングル[4]として発売され[3]全英シングルチャートで最高位3位を獲得し[5]、オアシスにとって初めてトップ5入りしたシングルとなった[3]。オリジナル・アルバムには収録されず、2010年に発売されたベスト・アルバム『タイム・フライズ…1994-2009』でアルバム初収録となった。シングルは、2016年9月6日時点で54万枚の売上を記録している[6]

訴訟[編集]

「ホワットエヴァー」の出だしとメロディが、1973年にニール・イネスが作曲した「How Sweet To Be An Idiot」のメロディに類似していることを理由に、イネスが所属するレコード会社がオアシスを提訴[3][7]。訴訟を経て、オアシスはイネス側と和解し、本作の作曲者の1人としてイネスを連ねることとなった[3][8][7]。なお、イネスは1996年に発売されたラトルズの『アーキオロジー』に収録の「シャングリラ」の冒頭で本作のフレーズを引用している[3]

メディアなどでの使用[編集]

「ホワットエヴァー」は、2012年にコカ・コーラの創業125周年記念キャンペーンで使用された[9]ほか、イギリスの銀行HalifaxのCM[10]で使用された。日本では、ソニーVAIO[11]アサヒ「off」[12]のCMなどで使用された。

シングル収録曲[編集]

CD(イギリス盤 / CRESCD 195)
#タイトル作詞・作曲時間
1.「ホワットエヴァー」(Whatever)
2.「(イッツ・グッド)トゥ・ビー・フリー」((It's Good) to Be Free)ノエル・ギャラガー
3.「ハーフ・ザ・ワールド・アウェイ」(Half the World Away)ノエル・ギャラガー
4.「スライド・アウェイ」(Slide Away)ノエル・ギャラガー
合計時間:
7インチシングル(CRE 195)
#タイトル作詞・作曲時間
1.「ホワットエヴァー」(Whatever)
  • ノエル・ギャラガー
  • ニール・イネス
2.「(イッツ・グッド)トゥ・ビー・フリー」((It's Good) to Be Free)ノエル・ギャラガー
合計時間:
12インチシングル(CRE 195T)
#タイトル作詞・作曲時間
1.「ホワットエヴァー」(Whatever)
  • ノエル・ギャラガー
  • ニール・イネス
2.「(イッツ・グッド)トゥ・ビー・フリー」((It's Good) to Be Free)ノエル・ギャラガー
3.「スライド・アウェイ」(Slide Away)ノエル・ギャラガー
合計時間:
カセット・シングル(CRECS 195)
#タイトル作詞・作曲時間
1.「ホワットエヴァー」(Whatever)
  • ノエル・ギャラガー
  • ニール・イネス
2.「(イッツ・グッド)トゥ・ビー・フリー」((It's Good) to Be Free)ノエル・ギャラガー
合計時間:
CD(日本盤 / ESCA 6127)
#タイトル作詞・作曲時間
1.「ホワットエヴァー」(Whatever)
  • ノエル・ギャラガー
  • ニール・イネス
2.「(イッツ・グッド)トゥ・ビー・フリー」((It's Good) to Be Free)ノエル・ギャラガー
3.「フェイド・アウェイ」(Fade Away)ノエル・ギャラガー
4.「リッスン・アップ」(Listen Up)ノエル・ギャラガー
5.「ハーフ・ザ・ワールド・アウェイ」(Half the World Away)ノエル・ギャラガー
6.アイ・アム・ザ・ウォルラス (ライヴ)」(I Am The Walrus (Live at the Glasgow Cathouse))レノン=マッカートニー
合計時間:

チャート成績[編集]

認定[編集]

国/地域 認定 認定/売上枚数
イギリス (BPI)[28] Platinum 600,000double-dagger

double-dagger認定のみに基づく売上枚数と再生回数

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ Rabid, Jack. Whatever - Oasis | Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2021年9月15日閲覧。
  2. ^ WHATEVER”. oasisnet.com. 2021年9月18日閲覧。
  3. ^ a b c d e f rockin'on.com 2018.
  4. ^ NOEL'S NOTES”. NME. BandLab Technologies (1998年11月3日). 2021年9月18日閲覧。
  5. ^ a b "Official Singles Chart Top 100". UK Singles Chart. 2021年9月18日閲覧。
  6. ^ “Revealed: Official Top 20 Biggest Selling Oasis Songs”. Official Charts Company. (2016年10月6日). https://www.officialcharts.com/chart-news/revealed-official-top-20-biggest-selling-oasis-songs__5841/ 2021年9月18日閲覧。 
  7. ^ a b Mulligan 2018, p. 109.
  8. ^ Have Oasis plagiarised Cliff Richard?”. theguardian.com. Guardian News & Media Limited (2008年10月6日). 2021年9月18日閲覧。
  9. ^ Coca-Cola celebrates 125 years”. Trinidad Guardian. Guardian Media Limited (2011年4月10日). 2021年9月18日閲覧。
  10. ^ 児島由紀子 (2021年3月3日). “オアシスの曲が使われている英国のCM動画♪(最新版)”. rockin'on.com. ロッキング・オン. 2021年9月18日閲覧。
  11. ^ “オアシス、シークレットギグでファン感涙のあの曲を……”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2006年11月16日). https://www.barks.jp/news/?id=1000028176 2021年9月18日閲覧。 
  12. ^ 本日より「Whatever」アサヒ”off”CMソングとしてOAスタート!”. ソニーミュージックオフィシャルサイト. ソニー・ミュージックエンタテインメント (2009年2月24日). 2021年9月18日閲覧。
  13. ^ "Australian-charts.com – Oasis – Whatever". ARIA Top 50 Singles. 2021年9月18日閲覧。
  14. ^ “Eurochart Hot 100 Singles”. Music & Media 11 (5): 36. (4 February 1995). https://www.americanradiohistory.com/UK/Music-and-Media/90s/1995/MM-1995-02-04.pdf. 
  15. ^ Nyman, Jake (2005) (フィンランド語). Suomi soi 4: Suuri suomalainen listakirja (1st ed.). Helsinki: Tammi. ISBN 951-31-2503-3 
  16. ^ "Lescharts.com – Oasis – Whatever" (in French). Les classement single. 2021年9月18日閲覧。
  17. ^ "Musicline.de – Oasis Single-Chartverfolgung" (in German). Media Control Charts. PhonoNet GmbH. 2021年9月18日閲覧。
  18. ^ “Islenski Listinn Topp 40 (4.2 '95 - 10.2 '95)” (アイスランド語). Dagbladid Visir: 20. (4 February 1995). https://timarit.is/page/2724298#page/n19/mode/2up. 
  19. ^ "The Irish Charts – Search Results – Whatever (Re 1)". Irish Singles Chart. 2021年9月18日閲覧。
  20. ^ "Dutchcharts.nl – Oasis – Whatever" (in Dutch). Single Top 100. 2021年9月18日閲覧。
  21. ^ "Official Scottish Singles Sales Chart Top 100". Scottish Singles Top 40. 2021年9月18日閲覧。
  22. ^ "Swedishcharts.com – Oasis – Whatever". Singles Top 100. 2021年9月18日閲覧。
  23. ^ "Swisscharts.com – Oasis – Whatever". Swiss Singles Chart. 2021年9月18日閲覧。
  24. ^ “Top 100 Singles 1994”. Music Week: 9. (14 January 1995). 
  25. ^ “Arslistinn 1995” (アイスランド語). Dagbladid Visir: p. 25. (1996年1月2日). https://timarit.is/page/2935413?iabr=on#page/n15/mode/2up 2021年9月18日閲覧。 
  26. ^ Arslista Singlar - Ar 1995” (スウェーデン語). Topplistan. 2016年2月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年9月18日閲覧。
  27. ^ “Top 100 Singles 1995”. Music Week: 9. (13 January 1996). 
  28. ^ "British single certifications – Oasis – Whatever". British Phonographic Industry. 2021年9月18日閲覧 Enter Whatever in the field Keywords. Select Title in the field Search by. Select single in the field By Format. Select Platinum in the field By Award. Click Search

参考文献[編集]