アイム・アウタ・タイム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アイム・アウタ・タイム
オアシスのシングル
収録アルバム ディグ・アウト・ユア・ソウル
リリース 2008年12月1日
規格 7" vinyl, CD, digital download
録音 アビーロード・スタジオ, ロンドン
ジャンル Alternative rock
時間 4:10 (アルバム)
3:55 (ビデオ)
3:49 (スタジオ)
レーベル Big Brother
作詞者 リアム・ギャラガー
プロデュース デイヴ・サーディー

ミュージックビデオ
"I'm Outta Time" - YouTube

アイム・アウタ・タイム」("I'm Outta Time")とはイギリスのロックバンド、 オアシスのアルバム「Dig Out Your Soul」の7曲目に収録、後にシングルカットされた楽曲。「ショック・オブ・ザ・ライトニング」に続くこの曲は、リードボーカリストのリアム・ギャラガーによって作曲、2008年12月1日にリリースされた[1]

構成[編集]

この曲は1970年代初頭のジョン・レノンの作品スタイルに似ている。このトラックに登場するピアノは、レノンの " Jealous Guy "のピアノを部分的にエミュレートしている。また、ビートルズの " A Day in the Life " [2]と似たバッキングピアノパートも持っている。リアムは冗談で歌を書くのに9年かかったと言っている [2] 。しかし、別のインタビューでは彼が「俺がベッドの端に座っている間に」この曲を書いたと主張した。

この曲は、1980年の彼の最後のインタビューの1つから取られた彼の短いスピーチのサンプルを特徴としている[3]。スピーチサンプルは次の通り。

"As Churchill said, it's every Englishman's inalienable right to live where the hell he likes. What's it going to do, vanish? Is it not going to be there when I get back?"

"チャーチルは言ったろ、どんなところに住もうがそれはイギリス国民固有の権利だってね。 それはどうなっちまったんだい、消えちまうのかい? 俺が帰ってくる頃には、そんなもん跡形もなくなくなっているだろうね。" [4]

ミュージック・ビデオ[編集]

"I'm Outta Time"のミュージックビデオは2008年11月にリリースされた。白黒で撮影されたビデオは「月に照らされたイギリスの風景を通したシュールな旅」で、クリップには唯一のバンドメンバーであるリアムが移っている。WIZの監督によるこのビデオは、ボートンオンザウォーター周辺で撮影された[5]。ビデオの終盤付近で、リアムは横になって横顔をクローズアップして撮影されている。これは、レノンのアルバム「イマジンの裏表紙のアートワークに似ており[6] 、また1973年のアルバム「マインド・ゲームスの表紙にも似ている。

カバー[編集]

この曲は2009年12月2日にBBCのライブラウンジでリリー・アレンによってカバーされた。

パーソナル[編集]

トラック・リスニング[編集]

CD (RKIDSCD55)
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「I'm Outta Time」(album version)Liam GallagherLiam Gallagher
2.「I'm Outta Time」(Twiggy Ramirez remix)L. GallagherL. Gallagher
3.The Shock of the Lightning(Jagz Kooner remix)Noel GallagherNoel Gallagher
7" (RKID55)
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「I'm Outta Time」(album version)L. GallagherL. Gallagher
2.「To Be Where There's Life」(Neon Neon remix)Gem ArcherGem Archer
7" (RKID55X)
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「I'm Outta Time」(Twiggy Ramirez remix)L. GallagherL. Gallagher
2.「The Shock of the Lightning」(Jagz Kooner remix)N. GallagherN. Gallagher
Digital bundle
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「I'm Outta Time」(album version)L. GallagherL. Gallagher
2.「I'm Outta Time」(Twiggy Ramirez remix)L. GallagherL. Gallagher
3.「I'm Outta Time」(demo)L. GallagherL. Gallagher
American iTunes EP[7]
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「I'm Outta Time」(album version)L. GallagherL. Gallagher
2.「I'm Outta Time」(remix)L. GallagherL. Gallagher
3.「I'm Outta Time」(demo)L. GallagherL. Gallagher
4.「The Shock of the Lightning」(Jagz Kooner remix)N. GallagherN. Gallagher
5.「To Be Where There's Life」(Neon Neon remix)ArcherArcher
In Japan SICP 2163[8]
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「I'm Outta Time」(album version)L. GallagherL. Gallagher
2.「I'm Outta Time」(remix)L. GallagherL. Gallagher
3.「To Be Where There's Life」(Neon Neon remix)ArcherArcher
4.「Waiting for the Rapture」(Alt Version #2)N. GallagherN. Gallagher
5.「To Be Where There's Life」(A Richard Fearless Production)ArcherArcher

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “Oasis Announce New Single”. Oasis. (2008年11月3日). http://www.oasisinet.com/NewsArticle.aspx?n=703 2008年11月6日閲覧。 
  2. ^ a b “I'm Outta Time's an epic track”. The Sun (London). (2008年11月21日). http://www.thesun.co.uk/sol/homepage/showbiz/bizarre/article1655250.ece 2008年11月21日閲覧。 
  3. ^ Oasis - Track Reviews : I'm Outta Time”. NME (2008年11月19日). 2008年12月12日閲覧。
  4. ^ Video Premiere: Oasis - I’m Outta Time”. Blog Stereopark (2008年11月6日). 2011年7月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年12月12日閲覧。
  5. ^ Oasis puts Bourton-on-the-Water in a trance”. Gloucester Citizen. 2015年5月14日閲覧。
  6. ^ “I'm Outta Time - Video now available on iTunes!”. Oasis. (2008年11月19日). http://www.oasisinet.com/NewsArticle.aspx?n=706 2008年12月12日閲覧。 
  7. ^ “Oasis to release exclusive iTunes EP”. NME. (2008年12月8日). http://www.nme.com/news/oasis/41524 2009年3月14日閲覧。 
  8. ^ Sony Music Online Japan : オアシス : アイム・アウタ・タイム”. Sonymusic.co.jp (2009年3月18日). 2012年2月24日閲覧。

参考文献[編集]