ヒーザン・ケミストリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ヒーザン・ケミストリー
オアシススタジオ・アルバム
リリース
録音 -
ジャンル ロック
ブリットポップ
時間
レーベル Big Brother
プロデュース Oasis
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 1位(イギリス[1]、スイス[2]、アイルランド)
  • 2位(イタリア[3]、スウェーデン[4]
  • 3位(日本[5]、ノルウェー[6]
  • 4位(オーストラリア[7]、オーストリア[8]、ドイツ[9]
  • 5位(フィンランド[10]、カナダ)
  • 8位(デンマーク[11]、フランス[12]、ベルギー・ワロン地域[13]
  • 16位(ニュージーランド[14]
  • 23位(アメリカ[15]
  • 25位(ベルギー・フランデレン地域[16]
  • 32位(オランダ[17]
オアシス 年表
ファミリアー・トゥ・ミリオンズ
(2000年)
ヒーザン・ケミストリー
(2002年)
ドント・ビリーヴ・ザ・トゥルース
(2005年)
テンプレートを表示

ヒーザン・ケミストリー (Heathen Chemistry) は、2002年6月26日に発売されたオアシスの5枚目のオリジナルアルバム。

バンド自身がプロデュースを担当。

今作からゲム・アーチャーアンディ・ベルも自作曲を提供するようになり、リアムの曲も複数収録されるようになる。

作曲するメンバーがノエルを筆頭に4人になったことにより、曲調に幅ができるようになった。

前作「スタンディング・オン・ザ・ショルダー・オブ・ジャイアンツ」で試したアプローチから一転、新メンバー加入による高い演奏力を軸としたバンドサウンドが特徴となる作風になっている。

ゲストプレーヤーとしてジョニー・マーが8、10、11曲目でギターで参加している。

ドラマーのアラン・ホワイトが、今作とそれに伴うツアーを最後に脱退した。

収録曲[編集]

特筆無い限り、ノエル・ギャラガーによる作詞作曲。

2、6、7、9曲目以外はリアムによるボーカル。

  1. ヒンドゥ・タイムズ The Hindu Times - 3:46
    1stシングル。3rdアルバム発表以降のバッシング、4th制作時からの一連のゴタゴタした騒動で疲労したノエルが書き上げた曲。
  2. フォース・オブ・ネイチャー Force of Nature - 4:51
    ノエルボーカル。1998年頃に書かれた曲で、映画「London Dogs」にも使用されていた曲。イギー・ポップの「Nightclubbing」からヒントを得て、同曲で使われたリズムマシーンも使用されている。
  3. ハング・イン・ア・バッド・プレイス Hung in a Bad Place (作詞作曲ゲム・アーチャー) - 3:28
    アルバム発売前からライブでも演奏された。
  4. ストップ・クライング・ユア・ハート・アウト Stop Crying Your Heart Out - 5:03
    2ndシングルになったバラード。映画バタフライ・エフェクトで使用された。
  5. ソングバード Songbird (作詞作曲リアム・ギャラガー) - 2:07
    リアム作曲による初のシングルになり、このアルバムからの4thシングル。演奏時間は2分と短く、使われるコードも2つだけ、アコーステックギターに鍵盤楽器、ハンドクラップだけとシンプルな曲。リアムが作った曲をノエルが初めて認めた曲でもある。またこの曲は、後に結婚するニコール・アップルトンへ捧げた曲である。
  6. リトル・バイ・リトル Little by Little - 4:52
    ノエルが歌う3rdシングル。
  7. ア・クイック・ピープ A Quick Peep (作曲アンディ・ベル) - 1:17
    1分強の短いインストナンバー。シングルB面に収録されたアンディのもう一つの曲「Thank You for the Good Times」より、こちらの曲の方がアンディらしいとのノエルの判断で収録された。
  8. (プロバブリー)オール・イン・ザ・マインド (Probably) All in the Mind - 4:02
    ジョニー・マーがギターで参加している。
  9. シー・イズ・ラブ She is Love - 3:09
    ノエルがボーカルを務める。
  10. ボーン・オン・ア・ディファレント・クラウド Born on a Different Cloud (作詞作曲リアム・ギャラガー) - 6:08
    3部構成からなる曲。ビートルズハッピネス・イズ・ア・ウォーム・ガンを参考にしている。
  11. ベター・マン Better Man (作詞作曲リアム・ギャラガー) - 4:21
  12. ユーヴ・ガット・ザ・ハート・オブ・ア・スター You've Got the Heart of a Star - 5:22
    日本盤のみのボーナストラック。ボーカルはノエルが担当。
日本盤は「You've Got the Heart of a Star」終了後、それ以外の海外盤では「Better Man」終了後約25分の空白があり、「The Cage」という短い隠しトラックが収録されている。

参加ミュージシャン[編集]

Oasis[編集]

Guest Musicians[編集]

The Hindu Times
Force of Nature
  • ポール・ステイシー - Piano
Hung in a Bad Place
  • ポール・ステイシー - Piano
Stop Crying Your Heart Out
Little by Little
(Probably) All in the Mind
She Is Love
Born on a Different Cloud
Better Man
  • ポール・ステイシー - Piano

脚注[編集]

外部リンク[編集]