アサヒグループホールディングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アサヒグループホールディングス株式会社
Asahi Group Holdings,Ltd.
ロゴ
Asahi Breweries Headquarters (derivative image).jpg
アサヒグループホールディングスの本店が入居するアサヒビール本社ビル
種類 株式会社
機関設計 監査役会設置会社[1]
市場情報
略称 アサヒHD
本社所在地 日本の旗 日本
130-8602
東京都墨田区吾妻橋一丁目23番1号
設立 1949年昭和24年)9月1日
朝日麦酒株式会社
業種 食料品
法人番号 6010601036386 ウィキデータを編集
事業内容 持株会社
代表者 勝木敦志(代表取締役社長CEO
資本金 1825億3100万円
発行済株式総数 507,003,362株
売上高 連結:2兆2,360億76百万円
単独:2,100億60百万円
(2021年12月期)
営業利益 連結:2,119億00百万円
単独:1,725億98百万円
(2021年12月期)
純利益 連結:1,535億00百万円
単独:1,735億74百万円
(2021年12月期)
総資産 連結:4兆5,477億48百万円
単独:3兆456億52百万円
(2021年12月期)
従業員数 連結:30,200人
(2021年12月31日現在)
決算期 12月31日
会計監査人 有限責任あずさ監査法人[2]
主要株主 日本マスタートラスト信託銀行株式会社 6.04%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 4.26%
旭化成株式会社 3.88%
第一生命保険株式会社 3.50%
富国生命保険相互会社 3.21%
主要子会社 アサヒグループジャパン株式会社 100%
アサヒバイオサイクル株式会社 100%
関係する人物 山本爲三郎村井勉樋口廣太郎
中條高徳瀬戸雄三
泉谷直木
外部リンク https://www.asahigroup-holdings.com/
特記事項:2011年7月1日、(旧)アサヒビール株式会社が持株会社移行に伴い現在の商号に変更。同日、会社分割により(旧)アサヒグループホールディングス株式会社(同日、アサヒビール株式会社に商号変更)に現業全般を移譲。
テンプレートを表示

アサヒグループホールディングス株式会社(英: Asahi Group Holdings,Ltd.)は、アサヒビールアサヒ飲料アサヒグループ食品などを傘下に持つ持株会社である。日経平均株価およびTOPIX Large70JPX日経インデックス400の構成銘柄の一つ[3][4][5]

概要[編集]

日本の大手ビールメーカー4社(アサヒ・キリンサッポロサントリー)の内、サッポロが2003年(平成15年)、キリンが2007年(平成19年)、サントリーが2009年(平成21年)にそれぞれ純粋持株会社制度に移行したが、その中でアサヒは最後まで事業持株会社を堅持していた。しかし社会情勢の変化により、2010年8月、アサヒが純粋持株会社制度になることを公表した。そして、2011年7月1日付で旧アサヒビール株式会社(当社)がアサヒグループホールディングス株式会社に商号変更し、旧アサヒビール社の現業全般を会社分割によって新設したアサヒビール株式会社[注釈 1]に移譲させた。

事業子会社はビールなどの酒類を製造・販売する(新)アサヒビール株式会社や清涼飲料水の製造・販売を行うアサヒ飲料、食品・健康食品・医薬品の製造・販売を行うアサヒグループ食品の3社からなる。

白水会や住友グループ広報委員会のメンバーではないが、創業が大阪なことと一時期住友銀行(現:三井住友銀行)から経営再建のため経営陣を送り込まれた関係上、住友グループの企業として扱われることが多い[6]。かつては業績が悪く銀行からの支援が必要不可欠であったため三代目から六代目社長まで住友銀行出向者が勤めたが業績が回復してからは生え抜きが社長を務めている。

コーポレート・スローガンは「その感動を、わかちあう。」が使用されていたが、2019年(平成31年/令和元年)より廃止された。

沿革[編集]

歴代経営者[編集]

大阪麦酒社長
大日本麦酒社長
朝日麦酒社長
アサヒビール社長
アサヒグループホールディングス社長

グループ会社[編集]

中間持株会社[編集]

事業子会社[編集]

3社ともアサヒグループジャパンの子会社である。

機能子会社[編集]

アサヒビールグループ[編集]
  • アサヒロジ - 物流会社
    • エービーカーゴ東日本
    • エービーカーゴ西日本
  • ニッカウヰスキー - 洋酒焼酎などの製造
    • 北海道ニッカサービス
    • 仙台ニッカサービス
    • ニッカ余市ヴィンヤード
  • エノテカ
  • アサヒフードクリエイト
  • なだ万
  • アサヒドラフトマーケティング
  • 沖縄アサヒ販売
  • アサヒビールコミュニケーションズ
  • アサヒビールモルト
  • アサヒグループエンジニアリング
  • アサヒビールフィード
  • 東京墨田川ブルーイング
アサヒ飲料グループ[編集]
アサヒグループ食品グループ[編集]
  • 日本エフディ
  • 和光食品工業
  • アサヒフィールドマーケティング
  • Yeastock

その他の事業子会社[編集]

以下の4社は2022年1月以降もアサヒグループホールディングスの完全子会社となる。

  • アサヒビジネスソリューションズ
  • アサヒバイオサイクル - 飼育用生菌剤などの製造・販売
  • アサヒプロマネジメント - 日本国内のアサヒグループにおける経理、人事、総務、営業間接業務のシェアードサービス
  • アサヒクオリティーアンドイノベーションズ

海外現地法人[編集]

提携・友好会社[編集]

  • オリオンビール - アサヒグループHDのグループ紹介には記載されていないが、提携関係にあるので便宜上記述する。
    • ホテルロイヤルオリオン
    • オリオン嵐山ゴルフ倶楽部
    • オリオンサポート
    • チョーヤ梅酒 - 上記のオリオンビール同様、アサヒグループHDのグループ紹介には記載されていないが、業務提携にあるので便宜上記述する。

代表される商品[編集]

アサヒビール
アサヒ飲料
アサヒグループ食品

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2010年8月、旧法人の「アサヒグループホールディングス株式会社」として設立。
  2. ^ 後のアサヒビール吹田工場

出典[編集]

  1. ^ コーポレートガバナンスの考え方と体制 - アサヒグループホールディングス株式会社
  2. ^ コーポレートガバナンス報告書 2021年2月2日閲覧
  3. ^ 構成銘柄一覧:日経平均株価 Nikkei Inc. 2021年10月8日閲覧。
  4. ^ 「TOPIXニューインデックスシリーズ」の定期選定結果及び構成銘柄一覧 (PDF) jpx.co.jp 2020年10月7日公表 2021年10月8日閲覧。
  5. ^ JPX日経400・JPX日経中小型 jpx.co.jp 2021年10月8日閲覧。
  6. ^ 4大金融グループの関連企業 - 現代労働問題研究会の公式サイト労働通信内のページ。
  7. ^ “アサヒ、カルピスの買収を完了 味の素から920億円で”. 産経新聞 (産経新聞社). (2012年10月1日) 
  8. ^ a b c “国内の事業基盤強化を目指し、飲料事業と食品事業再編”. アサヒグループホールディングス. (2015年6月3日). http://www.asahigroup-holdings.com/news/2015/0603.html 2016年1月4日閲覧。 
  9. ^ アサヒが欧州ビールブランド買収で基本合意、海外市場強化狙う” (2016年2月11日). 2016年2月12日閲覧。
  10. ^ 欧州ビール事業取得(子会社化)に関する最終提案書の提出に関するお知らせ” (2016年2月11日). 2016年2月12日閲覧。
  11. ^ 東欧ビール事業買収合意 国内市場縮小で海外加速毎日新聞 2016年12月13日
  12. ^ アサヒ、チルド清涼飲料子会社「エルビー」を投資ファンドに売却ロイター 2017年11月2日
  13. ^ アサヒ、1.2兆円で豪ビール最大手買収”. Sannkei Biz (2019年7月19日). 2019年7月24日閲覧。
  14. ^ 健康領域の強化に向けて、国内食品事業を再編 アサヒグループ食品とアサヒカルピスウェルネスを2021年1月に統合アサヒグループホールディングス 2020年11月27日
  15. ^ アサヒグループジャパン指導に向け濱田社長会見、横断機能を発揮、事業拡大・価値最大化へ”. 食品産業新聞社 (2021年12月16日). 2022年1月10日閲覧。
  16. ^ 海外シフト鮮明のアサヒGHD、社長が強調する組織改編の狙い”. 日刊工業新聞 (2022年1月10日). 2022年1月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]