FOSCHIA JAPAN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

FOSCHIA JAPAN(フォスキア ジャパン) 株式会社(英文社名:FOSCHIA JAPAN, Inc.)は、埼玉県熊谷市にある地方創生や社会貢献を主たる目的とした IT 総合商社である。長谷川幸世と萩原真太郎によって設立された。

概要[編集]

長谷川幸世と萩原真太郎が、熊谷市立富士見中学校の同級生ということもあり、二人で社会起業家を目指し、2016年2月29日に会社の設立をした。長谷川幸世が、高校時代にオーストラリアの高校へ転校するまでは、二人とも同じ埼玉栄高等学校に通う同級生だった。2015年に中学校の同窓会を契機に再開し、意気投合した結果、会社設立へと動いた。

当初は、Google ストリートビュー(店内版)の認定代理店として事業を開始し、Google のブランド統一化の方針のもと、現在は、Google ストリートビュー認定フォトグラファーという位置付けである。

事業を拡大していくにあたり、地方の Google ストリートビューの撮影を積極的に行い、地方とのふれあいの中から、徐々に、地方創生を含む社会貢献を基軸としたサービス展開を始める。

ハーバード・ビジネス・スクールマイケル・ポーターの提唱した CSV (Creating Shared Value = 共有価値の創出)による事業設計が行われている。

主な事業[編集]

  • Google ストリートビュー(店内版)
  • 街ジャック
  • VR 関連事業
  • インバウンド対策関連サービス
  • 各種コンサルティング サービス
  • メディア コンテンツ サービス
  • 通販関連サービス

子会社(いずれも完全子会社)[編集]

  • FJ Solare 株式会社
  • FREE UNIVERSITY 株式会社
  • GB コミュニケーションズ 株式会社
  • Zquen 株式会社

沿革[編集]

  • 2016年2月:FOSCHIA JAPAN 株式会社を設立
  • 2017年2月:FREE UNIVERSITY 株式会社、GB コミュニケーションズ 株式会社、Zquen 株式会社を設立
  • 2017年10月:株式会社光通信の子会社である株式会社ハルエネと共同出資し、合弁会社である FJ Solare 株式会社を設立
  • 2018年1月:株式会社ハルエネとの合弁契約を解消し、FJ Solare 株式会社を完全子会社化

外部リンク[編集]