洋酒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

洋酒(ようしゅ)とは、日本を含む東洋以外の地域、主にヨーロッパ北米に由来するアルコール飲料、又はその地域に由来する製法によって製造されたアルコール飲料。

明治維新後のヨーロッパ・北米を西洋と称したことから生じた一連の言葉(洋服洋楽、等)の一つであるが、対義語として「和酒」を用いることは少ない。1870年明治3年)に作成された太政官作成の公文書に「洋酒」の用語を見ることができる。

一般的には、アルコール飲料のうち、ウイスキーブランデー等の蒸留酒を指すことが多く、ビールワインは含まない場合がある。

商標法施行規則第6条別表に定めるところでは、商品類として「洋酒」があり、具体例としては「ウイスキーウォッカジンビタースブランデーラムリキュール」と定められており、ビール、ワイン、中国酒は別商品類に分類されている。

一方、日本洋酒輸入協会は、日本国外において製造され輸入される酒類を輸入洋酒としワイン、ブランデー、ウイスキー、リキュール、ビール等と例示している。