洋酒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

洋酒(ようしゅ)とは、日本を含む東洋以外の地域、主にヨーロッパ北米を含む西洋に由来する製法でつくられたアルコール飲料)の総称である。

日本において、欧米を意味する言葉としての「西洋」は江戸時代から使われ始め[1]明治維新後には「洋」を「西洋」の略語的に使い、欧米に由来する文物などを「洋●」と呼ぶようになった(洋風や洋行、洋館洋服洋楽等)。「洋酒」もその一つである。1870年明治3年)に作成された太政官作成の公文書に「洋酒」の用語を見ることができる。

なお対義語として「和酒」を用いることは少なく、日本で発達した原料の醸造酒は「日本酒」、様々な穀物・果実を使った蒸留酒は「焼酎」と呼ばれる。

一般的には、欧米起源の酒類のうちウイスキーブランデー等の蒸留酒を指すことが多く、ビールワインは含まない場合がある。広義・狭義のいずれの洋酒類も、輸入されるだけでなく日本国内でも作られるようになっており、輸出されることも多い。

日本の商標法施行規則第6条別表には商品類として「洋酒」があり、具体例としては「ウイスキーウォッカジンビタースブランデーラムリキュール」と定められている。ビール、ワイン、中国酒は別商品類に分類されている。

一方、日本洋酒輸入協会は、日本国外において製造され、輸入される酒類を「輸入洋酒」と分類。ワイン、ブランデー、ウイスキー、リキュール、ビール等と例示している。

大分県日田市には、ニッカウヰスキー初期の蒸留釜などを収蔵した「天領日田洋酒博物館」が所在している[2][3]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 新井白石西洋紀聞』など。
  2. ^ 高嶋甲子郎「洋酒への恋心 詰まる館◇内外の関連グッズ10万点、目玉はニッカ初期蒸留器◇」『日本経済新聞』朝刊2018年2月16日(文化面)
  3. ^ 天領日田洋酒博物館おいでひた.com(日田市観光協会)2018年2月22日閲覧