博報堂DYホールディングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社 博報堂DYホールディングス
Hakuhodo DY Holdings Incorporated
博報堂DYホールディングスロゴ
Akasaka Biz Tower.JPG
本社が入る赤坂Bizタワー
種類 株式会社
市場情報
東証1部 2433
2005年2月16日上場
略称 博報堂DYHD
本社所在地 日本の旗 日本
107-6320
東京都港区赤坂五丁目3番1号
赤坂Bizタワー
設立 2003年(平成15年)10月1日
業種 サービス業
法人番号 4010401051711
事業内容 広告主等に対しマーケティング・コミュニケーションサービス全般の提供を行う子会社の経営管理等
代表者 戸田裕一(代表取締役社長)
資本金 100億円(2015年3月31日現在)
発行済株式総数 3億8855万8千株
(2015年3月31日現在)
売上高 連結:1兆1310億円(2015年3月期)
営業利益 連結:368億円(2015年3月期)
純利益 連結:198億円(2015年3月期)
純資産 連結:2827億円
(2015年3月31日現在)
総資産 連結:6339億円
(2015年3月31日現在)
従業員数 連結:13021名 単体:189名
(2015年3月31日現在)
決算期 3月31日
会計監査人 有限責任あずさ監査法人
主要株主 (公財)博報児童教育振興会 18.17%
(一社)博政会 4.79%
(2015年3月31日現在)
主要子会社 博報堂 100%
大広 100%
読売広告社 100%
博報堂DYメディアパートナーズ 100%
外部リンク http://www.hakuhodody-holdings.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社博報堂DYホールディングス(はくほうどうディーワイホールディングス、Hakuhodo DY Holdings Incorporated)は、東京都港区に本社を置く、広告代理店持株会社

国内広告業界2位の広告代理店グループである。2003年10月に博報堂大広読売広告社の3社の株式移転により設立、完全親会社となった。

歴史[編集]

2003年10月1日に株式移転により、株式会社博報堂DYホールディングスは設立された。2003年12月1日博報堂大広読売広告社のメディア事業を統合、博報堂DYメディアパートナーズ設立した。

2008年3月10日 本社事務所およびグループ企業本社事務所を赤坂サカス赤坂Bizタワーに移転。

AD+VENTURE[編集]

AD+VENTUREは、博報堂グループ内の正社員から新規ビジネスの提案を集め、審査に通過したビジネスアイディアの事業化を目指す制度[1]

グループの社員からビジネスアイディアを募集し審査を行う。審査を通過した社員は、事業化のための体制構築を行って会社化し、1年間のテストマーケティングを行う。テストマーケティング期間後、会社化した際に定めた業績評価指標を達成できたかを審査し、達成できたと判断された場合は、事業が継続される。逆に達成できなかった場合は、博報堂グループの社員として戻る。失敗しても戻れるというある意味「過保護」な制度である[2]

AD+VENTUREを利用して、2014年に起業された会社を以下に挙げる。

NEWSY
気になる話題を独自調査して報じるサイト「しらべぇ」を運営する[2]
iichi
日本の個人作家と消費者をつなぐ消費者間取引サイトの運営会社[2]
オールブルー
日本のアイドルの最新動向を世界に発信する情報サイト「Tokyo Girls' Update」を運営する[2]

関連グループ企業[編集]

出典・脚注[編集]

外部リンク[編集]