みらかホールディングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
みらかホールディングス株式会社
Miraca Holdings Inc.
種類 株式会社
市場情報
略称 みらかHD
本社所在地 日本の旗 日本
163-0408
東京都新宿区西新宿2-1-1
新宿三井ビルディング8F
設立 1950年昭和25年)12月18日
業種 サービス業
法人番号 1011101039628
代表者 代表執行役社長:竹内 成和
資本金 89億62百万円(2017年3月
売上高 連結2,042億円(2017年3月期)
純資産 連結1,480億円(2017年3月)
総資産 連結2,139億円(2017年3月)
従業員数 連結6,116人(2017年3月)
決算期 3月31日
外部リンク http://www.miraca-holdings.co.jp/ (日本語)
テンプレートを表示

みらかホールディングス株式会社英称:Miraca Holdings Inc.)は、日本の臨床検査企業の持株会社である。傘下の株式会社エスアールエル (SRL) はビー・エム・エルLSIメディエンスと並ぶ日本三大臨床検査センターに数えられる。

沿革[編集]

富士レビオ株式会社[編集]

株式会社エスアールエル[編集]

  • 1970年(昭和45年)6月 - 富士臓器製薬株式会社が株式会社東京スペシアルレファレンスラボラトリーとして東京都新宿区下落合に設立。
  • 1975年(昭和50年)9月 - 株式会社スペシアルレファレンスラボラトリーに商号変更。
  • 1989年平成元年)7月 - 株式会社エスアールエルに商号変更。
  • 1990年(平成2年) - 東京証券取引所2部上場(9700)。
  • 2001年(平成13年)12月 - 東京証券取引所1部指定替え。
  • 2005年(平成17年)4月 - 株式交換により富士レビオが完全子会社化、3月に上場廃止

みらかホールディングス株式会社[編集]

  • 2005年(平成17年)7月 - 新設分割により富士レビオ株式会社(新設)へ事業を承継し、持株会社に移行。「みらかホールディングス」株式会社へ商号変更。
  • 2011年(平成23年)11月24日 - 米国で病理検査や関連サービスを手掛ける米カリス・ダイアグノスティクス(テキサス州)を買収。買収総額は7億2500万ドル。
  • 2017年(平成29年)4月3日 - 子会社の富士レビオ株式会社が単独株式移転を実施し、完全親会社(中間持株会社)の富士レビオ・ホールディングス株式会社を設立。

関連会社[編集]

臨床検査薬事業[編集]

  • 富士レビオ・ホールディングス
    • 富士レビオ株式会社
    • 株式会社先端生命科学研究所
    • Fujirebio America, Inc.(米国)
    • Fujirebio Diagnostics, Inc.(米国)
    • Fujirebio Diagnostics AB(スウェーデン)
    • Fujirebio Europe N.V.(ベルギー)
    • 台富製薬股份有限公司(台湾)
    • FUJIREBIO INDIA PRIVATE LIMITED (インド)

受託臨床検査事業[編集]

  • 株式会社エスアールエル
  • 株式会社日本医学臨床検査研究所
  • 株式会社北信臨床
  • 株式会社エスアールエル北関東検査センター
  • 株式会社フォーネット
  • Miraca Life Sciences, Inc.(米国)

ヘルスケア関連事業[編集]

  • 日本ステリ株式会社
  • 株式会社エスアールエル・メディサーチ
  • ケアレックス株式会社
  • 株式会社ヒューマンヘルスプロモーション(2014年10月解散[1]
  • ウエルクリニックス株式会社(2016年3月解散[1]

出典[編集]

  1. ^ a b SRL|沿革の詳細(1970~2000)”. 株式会社エスアールエル. 2016年11月13日閲覧。

外部リンク[編集]