タムラ製作所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社タムラ製作所
Tamura Corporation
種類 株式会社
市場情報
東証1部 6768
1961年10月2日上場
本社所在地 日本の旗 日本
178-8511
東京都練馬区東大泉一丁目19番43号
設立 1939年昭和14年)11月21日
業種 電気機器
事業内容 電子部品、電子化学材料・はんだ付装置、情報機器の製造販売
代表者 田村 直樹(取締役社長)
資本金 118億29百万円
発行済株式総数 8277万1473株
売上高 連結:846億42百万円
(2016年3月期)
営業利益 連結:42億66百万円
(2016年3月期)
純利益 連結:17億83百万円
(2016年3月期)
純資産 連結:364億48百万円
(2016年3月現在)
総資産 連結:767億88百万円
(2016年3月現在)
従業員数 連結:5634名(2016年3月現在)
決算期 3月31日
主要株主 タムラ協力企業持株会 4.09%
(株)三井住友銀行 3.86%
(株)みずほ銀行 3.38%
(2016年3月31日現在)
主要子会社 (株)光波 100%
(株)若柳タムラ製作所 100%
外部リンク 株式会社タムラ製作所 公式サイト
テンプレートを表示

株式会社タムラ製作所(たむらせいさくしょ、英称:Tamura Corporation)は、東京都練馬区に本社を置く電子部品製造会社練馬区東大泉地区に工場がある。

概要[編集]

グローバルな連結経営をスピーディーに行う為のシステムとして、生・販一体の製品別原価管理を実現する基幹業務システムMAPS(Management, Accounting, Production, Sales System for Tamura G)を トップダウン遂行により世界的に導入。海外主要生産・販売拠点を含む計11拠点で稼動。

なでしこリーグASエルフェン埼玉との関係が深い。同チームは1991年(平成3年)の設立から一貫して、埼玉県狭山市にある同社の「タムラ狭山スポーツセンター」をホームグラウンドとして使用しているほか、2007年(平成19年)からは同チームのメインスポンサーを務めていた[1](2016年現在は袖スポンサー)。

自社のマスコットキャラクターとして「クーニュ」がいる。クーニュは東武東上線西武池袋線などの電車内に出される同社の広告に登場しているほか、ASエルフェン埼玉のマスコットにも使われている[2]

沿革[編集]

  • 1924年大正13年) - 田村ラヂオ商会として創業
  • 1939年昭和14年) - 株式会社タムラ製作所となる
  • 1958年(昭和33年) - タムラ化研株式会社を設立
  • 1961年(昭和36年) - 東京証券取引所市場第二部に上場
  • 1966年(昭和41年) - 若柳電子工業株式会社(現:株式会社若柳タムラ製作所)を設立
  • 1969年(昭和44年) - タムラ精工株式会社を設立
  • 1979年(昭和54年) - 東京証券取引所市場第一部に指定
  • 1986年(昭和61年) - 株式会社タムラ流通センターを設立
  • 1987年(昭和62年) - 株式会社会津タムラ製作所を設立
  • 1995年(平成7年) - 株式会社タムラエフエーシステムを設立
  • 2008年(平成20年) - 株式会社光波を連結子会社化
  • 2010年(平成22年) - タムラ化研株式会社・タムラ精工株式会社・株式会社タムラエフエーシステムの三社を吸収合併
  • 2011年(平成23年) - 株式会社光波を完全子会社化

製品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]