太陽化学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
太陽化学株式会社
Taiyo Kagaku Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
本社所在地 日本の旗 日本
512-1111
三重県四日市市山田町800
設立 1948年1月28日
業種 食料品
法人番号 3190001015397
事業内容 鶏卵加工製品を中心とした食品素材の製造・販売
代表者 代表取締役社長 山崎長宏
資本金 77億3062万円
発行済株式総数 23,513,701株
売上高 連結 382億円
単体 358億円
(2015年3月期)
純資産 連結 338億円
単体 316億円
(2015年3月)
総資産 連結 418億円
単体 390億円
(2015年3月)
従業員数 連結 902人
(2015年3月)
決算期 3月31日
主要株主 長陽物産有限会社 9.98%
外部リンク www.taiyokagaku.com
テンプレートを表示

太陽化学株式会社(たいようかがく、: Taiyo Kagaku Co. Ltd.)は、食品用の乳化剤や安定剤、鶏卵加工品などの食品素材を製造・販売する企業。名古屋証券取引所第二部単独上場銘柄のひとつである(証券コードは2902)。

主力製品・事業[編集]

主要事業所[編集]

  • 本社・南部工場 - 三重県四日市市山田町800
  • 東京本社 - 東京都港区浜松町1-6-3
  • 塩浜工場・研究所 - 三重県四日市市宝町1-3

沿革[編集]

  • 1946年(昭和21年)5月 - 太陽化学工業有限会社として設立。
  • 1948年(昭和23年)1月 - 株式会社に組織変更。
  • 1948年(昭和24年)9月 - 食品用香料の製造を開始。
  • 1952年(昭和27年)1月 - 食品用乳化剤の開発に日本で初めて成功。
  • 1957年(昭和32年)5月 - 食品用安定剤の製造を開始。
  • 1958年(昭和33年)11月 - 太陽フード株式会社を設立し、鶏卵加工品の製造を開始。
  • 1963年(昭和38年)12月 - 太陽観光株式会社を合併し、観光事業部が発足。
  • 1975年(昭和50年)5月 - 加工乳糖の製造を開始。
  • 1978年(昭和53年)6月 - マイクロ波加工法による即席食品素材の販売を開始。
  • 1979年(昭和54年)8月 - 財団法人三重食品分析開発センターを設立。
  • 1981年(昭和56年)4月 - 太陽化学工業株式会社と太陽フード株式会社が合併し、太陽化学株式会社に社名を変更。
  • 1986年(昭和61年)11月 - 名古屋証券取引所第2部に株式を上場。
  • 1988年(昭和63年)8月 - 緑茶抽出物「サンフェノン」の製造を開始。
  • 1989年(平成元年)1月 - 水溶性食物繊維「サンファイバー」の製造を開始。
  • 1994年(平成6年)3月 - タイヨーインタナショナルインクを設立。
  • 1995年(平成7年)5月 - 開封金明食品有限公司(現・開封太陽金明食品有限公司)を設立。
  • 2000年(平成12年)6月 - 南部工場がISO9001を認証取得。
  • 2001年(平成13年)7月 - 上海事務所を開設。
  • 2002年(平成14年)3月 - タイヨーインターコリアリミテッドを設立。
  • 2002年(平成14年)9月 - タイヨールシードプライベイトリミテッドを設立。
  • 2004年(平成16年)2月 - 無錫太陽緑宝科技有限公司を設立。
  • 2004年(平成16年)4月 - 太陽食品(天津)有限公司を設立。
  • 2006年(平成18年)1月 - 上海太陽食研国際貿易有限公司を設立。
  • 2012年(平成24年)4月 - 開封香麦士食品有限公司、Taiyo GmbHを設立。
  • 2012年(平成24年)10月 - 香奈維斯(天津)食品有限公司を設立。

関連会社[編集]

海外グループ企業[編集]

外部リンク[編集]