SMC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
SMC株式会社
SMC Corporation
Logo SMC Corporation.svg
AkihabaraUDX 201311.JPG
本社が入居する秋葉原UDX
種類 株式会社
市場情報
本社所在地 日本の旗 日本
101-0021
東京都千代田区外神田4-14-1[1]
秋葉原UDX
設立 1959年4月27日[1]
業種 機械
法人番号 3010001097635
事業内容 自動制御機器製品の製造加工および販売 焼結濾過体および各種濾過装置の製造および販売
代表者 丸山 勝徳(代表取締役社長[1]
資本金 610億円[1]
売上高 連結4756億円[1]
(2016年3月)
純資産 連結9418億円
(2016年3月)
総資産 連結1兆1201億円
(2016年3月)
従業員数 連結18,382人[1]
(2016年3月)
決算期 3月31日
主要株主 ステート・ストリート・バンク&トラスト 8.02%
トンファイナンスB.V. 5.33%
高田インターナショナル 4.24%
(2012年3月)
主要子会社 日本機材株式会社
外部リンク http://www.smcworld.com/
テンプレートを表示

SMC株式会社(えすえむしい、: SMC Corporation)は、東京都千代田区に本社を置く、日本の空気圧制御機器メーカーである[1]。社名のSMCは、発祥が焼結濾過体製造会社のため、「焼結金属」の英文名「Sintered Metal」に「Company」の頭字語TOPIX Large70構成銘柄の1つ。工場の自動化設備の空圧制御機器で世界首位(国内シェア6割、世界シェア3割)、ドイツのフェスト社(Festo)との世界2強を構成する[2]

沿革[編集]

  • 1956年 - フィルタ用焼結金属の焼結濾過体製造及び販売を目的に、東京都千代田区に焼結金属工業株式会社を設立。
  • 1961年 - 空気圧補助機器の製造・販売開始。
  • 1964年 - 自動制御機器製品の製造・販売開始。
  • 1965年 - 日本機材株式会社に資本参加。
  • 1970年 - 駆動機器の製造・販売開始。
  • 1971年 - 方向制御機器の製造・販売開始。
  • 1974年 - 本社を東京都港区に移転。
  • 1986年 - SMC株式会社に社名変更。
  • 1987年 - 東京証券取引所市場第二部に株式上場。
  • 1989年 - 東京証券取引所市場第一部銘柄に指定。
  • 1991年 - 筑波技術センター設置。
  • 2006年 - 本社を東京都千代田区に移転。

概要[編集]

  • 世界中の81カ国に400以上の営業拠点を展開する。
  • 1959年に焼結金属を製造する「焼結金属工業株式会社」として設立。かつては「ショーケツ」ブランドで製品を販売。 1986年に現社名に変更。
  • 空圧機器のほか、自動制御機器や焼結濾過体および各種濾過装置などを製造する。空圧機器は日本国内シェア6割である。世界シェアも3割を超える。

国内生産拠点[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h SMC株式会社 -会社概要”. 2016年7月5日閲覧。
  2. ^ SMC、純利益16%増 4~6月期 空気圧機器が好調” (2018年8月8日). 2018年8月17日閲覧。

外部リンク[編集]