小路明善

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小路 明善(こうじ あきよし、1951年11月8日 - )は、日本の企業家。アサヒグループホールディングス社長。

略歴[編集]

長野県生まれ。長野県松本県ヶ丘高等学校[1]青山学院大学法学部卒業後、1975年アサヒビール入社。

東京支社特約店営業部長などを経て、1995年より同社人事を担当し、2001年に執行役員として経営戦略・人事戦略等を担当。

2003年から2007年まで同社子会社のアサヒ飲料株式会社の常務取締役企画本部長を担当し、2007年より同社の常務取締役兼常務執行役員として帰任。

2011年代表取締役就任。

2016年3月よりアサヒグループホールディングス社長就任[2]

人物[編集]

米国の小説家レイモンド・チャンドラーが代表作で書いた「強くなければ生きていけない、優しくなければ生きていく資格がない」というセリフが好きで、その言葉を会社経営に重ね、「強いブランド、財務体質がなければ勝ち抜いていけない、だが優しい社風がなければ企業としての価値がない」と考える[3]。 また影響を受けた言葉として、入社2週目に言われた先輩の言葉「君のような入社2週目の社員でも、毎日10件のお得意先を10年間まわり続けることはできるはず。それをやり遂げれば、能力がなかったとしても、必ず結果は出る」をあげている[4]

妻と長女、長男の4人家族だが、長男が独立したため3人暮らし。趣味はギター演奏と映画鑑賞。

出典・脚注[編集]

  1. ^ 縣陵22回昭和45年(小西教室)卒「長野県松本県ヶ丘高校同窓会 母校愛のリレー」
  2. ^ 日本経済新聞 アサヒGHD社長に小路氏 泉谷氏は会長に
  3. ^ 毎日新聞 アサヒグループホールディングス・小路明善次期社長インタビュー
  4. ^ リダーたちの名言集(入社直後に私の担当になった先輩の言葉)

外部リンク[編集]