小路明善

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
こうじ あきよし
小路 明善
生誕 (1951-11-08) 1951年11月8日(71歳)
日本の旗 日本 長野県
出身校青山学院大学法学部
職業実業家

小路 明善(こうじ あきよし、1951年11月8日 - )は、日本の企業家アサヒグループホールディングス代表取締役社長最高経営責任者日本経団連副会長。

略歴[編集]

長野県生まれ。長野県松本県ヶ丘高等学校を経て[1]青山学院大学法学部卒業。1975年アサヒビール株式会社入社。

1980年から10年にわたって労働組合専従として書記長などを務めた。2000年に人事戦略部長。2001年に執行役員。

2003年、アサヒ飲料株式会社常務取締役企画本部長。2007年、アサヒビール株式会社常務取締役兼常務執行役員。

2011年、持ち株会社制移行時にアサヒグループホールディングス株式会社取締役兼アサヒビール株式会社代表取締役社長。

2016年3月、アサヒグループホールディングス株式会社代表取締役社長。2018年から最高経営責任者兼務。2020年帝国ホテル取締役[2]

2021年、取締役会長兼取締役会議長。

2022年、日本経団連副会長。

(経歴の出典は 有価証券報告書

人物[編集]

米国の小説家レイモンド・チャンドラーが代表作で書いた「強くなければ生きていけない、優しくなければ生きていく資格がない」というセリフが好きで、その言葉を会社経営に重ね、「強いブランド、財務体質がなければ勝ち抜いていけない、だが優しい社風がなければ企業としての価値がない」と考える[3]

また影響を受けた言葉として、入社2週目に言われた先輩の言葉「君のような入社2週目の社員でも、毎日10件のお得意先を10年間まわり続けることはできるはず。それをやり遂げれば、能力がなかったとしても、必ず結果は出る」をあげている[4]。労働組合専従時代は会社の経営が苦しい時期で、無念のうちに社を去った社員の「地道に仕事をして会社を支えていた社員が、どんな思いで辞めていくのか、組合の幹部なら、声なき声を聞いてくれ」という言葉も忘れられないという[5]

妻と長女、長男の4人家族だが、長男が独立したため3人暮らし。趣味はギター演奏と映画鑑賞。

出典・脚注[編集]

外部リンク[編集]

先代
(新設)
アサヒビール社長
2011年 - 2016年
次代
平野伸一
先代
泉谷直木
アサヒグループホールディングス社長
2016年 - 2021年
次代
勝木敦志
先代
泉谷直木
アサヒグループホールディングスCEO
2018年 - 2021年
次代
勝木敦志