荻田伍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

荻田 伍(おぎた ひとし、1942年1月1日- )は、福岡県出身の日本の実業家。アサヒグループホールディングス相談役。

略歴[編集]

  • 1942年1月1日[1] - 福岡県飯塚市に生まれる。
  • 1965年 - 九州大学経済学部卒、アサヒビールに入社。
  • 1997年 - アサヒビール取締役に就任。
  • 2000年 - アサヒビール常務執行役員に就任。
  • 2002年 - アサヒ飲料に出向、同社の副社長に就任。
  • 2003年 - アサヒ飲料の社長に就任。
  • 2006年3月 - アサヒビールに復帰、同社の代表取締役社長兼COOに就任[2]
  • 2010年3月 - 代表取締役会長兼CEOに就任[3]
  • 2011年7月 - アサヒグループホールディングス株式会社 代表取締役会長兼CEO
  • 2012年6月 - 日本電気株式会社 社外取締役(現任)
  • 2014年3月 - アサヒグループホールディングス株式会社相談役

人物[編集]

アサヒビール入社当初は営業職を務めた。当時のビール市場のシェアキリンビールが50%を越えており[4]、アサヒの売り上げは低迷していた。酒販店の協力を得て、他社のビールケースの四隅に自社製品を入れたり、店頭の冷蔵庫に自社のビールを入れて、冷えたビールを求める客に薦めてもらうなどの工夫で小売店や料飲店との信頼を築いていった[5]。2002年のアサヒ飲料出向後は専用をうたったWONDAモーニングショット発売[6]三ツ矢サイダーのリニューアル[4]などにより、債務超過目前といわれていた赤字体質から脱却、2003年度からは単年度黒字を出すまでに業績を回復させた[4]。これを買われ、2006年にはアサヒビールの代表取締役社長兼COOに抜擢された[4]

脚注[編集]