ワンダーウォール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ワンダーウォール
オアシスシングル
初出アルバム『モーニング・グローリー
B面
  • ラウンド・アー・ウェイ
  • ザ・スワンプ・ソング
  • ザ・マスタープラン
リリース
規格
録音 1995年5月
ジャンル ブリットポップ[1]
時間
レーベル
作詞・作曲 ノエル・ギャラガー
プロデュース
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 1位(オーストラリア[5]ニュージーランド[5]
  • 2位イギリス[6]
  • 5位(ノルウェー[7]
  • 8位アメリカ[8]オランダ[9]
  • 10位(フランス[10]
  • オアシス シングル 年表
    • ワンダーウォール
    • (1995年)
    ミュージックビデオ
    「Wonderwall」 - YouTube
    テンプレートを表示

    ワンダーウォール」(英語: Wonderwall)は、イギリスロックバンドオアシスの楽曲。1995年10月2日クリエイション・レコーズからリリースされたアルバム『モーニング・グローリー』の収録曲で、作詞作曲はノエル・ギャラガーによるもの。2002年にノエルは、本作の歌詞について「自分を救ってくれる架空の友人について歌ったもの」と明かしている[11]

    本作は1995年10月30日にアルバムから第3弾シングルとしてリカットされ、日本盤は同年11月23日Epic/Sony RecordsSony Music Entertainment)からリリースされた。オーストラリアとニュージーランドのシングルチャートで首位、全英シングルチャートとアイルランド シングル チャートで2位、カナダのシングルチャートで5位、アメリカのBillboard Hot 100で8位を獲得した。シングルは、英国レコード産業協会から4×プラチナ、アメリカレコード協会からゴールド認定を受けた。

    2013年にオーストラリアのラジオ局Triple Jが発表した「Triple J Hottest 100 of the Past 20 Years, 2013」では1位に選出され[12]ライアン・アダムスキャット・パワーブラッド・メルドーなど多数のアーティストによってカバーされた[13]

    背景[編集]

    本作は当初「Wishing Stone」というタイトルの楽曲で、1996年のNME誌のインタビューで、ノエルは本作について(当時の彼女でのちに妻となった)メグ・マシューズに向けて書いたものであると話していた[14][15]。その後2001年にノエルとメグが離婚して以降は、メグに向けた歌であることを否定し、「自分を救ってくれる架空の友人について歌ったもの。」としている[11]。現行のタイトルは、ジョージ・ハリスンのソロ・アルバム『不思議の壁』(英語: Wonderwall Music)にインスパイアされたもの[16]

    本作は、アルバム『モーニング・グローリー』のレコーディング・セッションが行われていた1995年5月に、ウェールズにあるロックフィールド・スタジオでレコーディングされた。オーウェン・モリス英語版は、ノエルと共に半日かけて曲の制作を行い、ブリックウォールを駆使して音を増強させた[17]。なお、リード・ボーカルはノエルが「ドント・ルック・バック・イン・アンガー」のリードを務める関係から、リアム・ギャラガーが務めた[15]

    「ワンダーウォール」は、F minorで書かれており、穏やかなダンスグルーヴをもたせた普通拍子で構成されている。なお、本作におけるリアムの声域は、E3からF4となっている[18]

    ミュージック・ビデオ[編集]

    本作のミュージック・ビデオは、ジョアンナ・バウティスタによって考案され、1995年9月30日にUnit 217Bで撮影されたもの。監督はナイジェル・ディック英語版。撮影当時、ベーシストのポール・ "ギグジー" ・マッギーガン英語版神経衰弱によりバンドを一時的に脱退していたため、代役としてスコット・マクロード英語版が他のメンバー4人と共に出演した[19]。このミュージック・ビデオは、ブリット・アワード1996の最優秀ブリティッシュ・ビデオ賞を受賞した。

    なお、ミュージック・ビデオは2種類が制作されており、そのうちの一つがYouTubeVEVOチャンネルで公開されて再生回数3億5800万回、もう一つがオアシスの公式チャンネルで公開されて再生回数2億5700万回を突破した。

    アートワーク[編集]

    本作のアートワークは、ルネ・マグリットの絵画に触発されたものでマイケル・スペンサー・ジョーンズ英語版によってプリムローズ・ヒルで撮影された写真が使用された。なお、フレームを持っている手は、アートディレクターのブライアン・キャノン英語版の手。フレームの中に入っている女性は、クリエイション・レコーズのスタッフであるアニータ・ヘリエットで[20]、当初はノエルがフレームを持ち、そのフレームの中にリアムが入るというアイデアが挙がっていた[21]

    演奏[編集]

    収録曲[編集]

    CD(イギリス・日本)
    全作詞・作曲: ノエル・ギャラガー
    #タイトル作詞作曲・編曲編曲時間
    1.「ワンダーウォール」(Wonderwall)ノエル・ギャラガーノエル・ギャラガー 
    2.「ラウンド・アー・ウェイ」(Round Are Way)ノエル・ギャラガーノエル・ギャラガー
    3.「ザ・スワンプ・ソング」(The Swamp Song)ノエル・ギャラガーノエル・ギャラガー 
    4.「ザ・マスタープラン」(The Masterplan)ノエル・ギャラガーノエル・ギャラガー
    • ニック・イングマン
    • ノエル・ギャラガー(ブラス編曲)
    合計時間:
    CD(アメリカ)
    #タイトル作詞・作曲編曲時間
    1.「ワンダーウォール」(Wonderwall)ノエル・ギャラガー 
    2.「ラウンド・アー・ウェイ」(Round Are Way)ノエル・ギャラガー
    • ニック・イングマン
    • ノエル・ギャラガー(ブラス編曲)
    3.「トーク・トゥナイト」(Talk Tonight)ノエル・ギャラガー 
    4.「ロッキンチェアー」(Rockin' Chair)ノエル・ギャラガー 
    5.アイ・アム・ザ・ウォルラス(I Am the Walrus (Live Glasgow Cathouse June 1994))レノン=マッカートニー 
    合計時間:
    7inchシングル(イギリス・アメリカ)
    全作詞・作曲: ノエル・ギャラガー。
    #タイトル作詞作曲・編曲時間
    1.「Wonderwall (Album Version)」ノエル・ギャラガーノエル・ギャラガー
    2.「Round Are Way」ノエル・ギャラガーノエル・ギャラガー
    合計時間:
    12inchシングル(イギリス)
    全作詞・作曲: ノエル・ギャラガー。
    #タイトル作詞作曲・編曲時間
    1.「Wonderwall」ノエル・ギャラガーノエル・ギャラガー
    2.「Round Are Way」ノエル・ギャラガーノエル・ギャラガー
    3.「The Swamp Song」ノエル・ギャラガーノエル・ギャラガー
    合計時間:
    12inchシングル(イギリス)
    全作詞・作曲: ノエル・ギャラガー。
    #タイトル作詞作曲・編曲時間
    1.「Wonderwall」ノエル・ギャラガーノエル・ギャラガー
    2.「Round Are Way」ノエル・ギャラガーノエル・ギャラガー
    3.「Wonderwall」ノエル・ギャラガーノエル・ギャラガー
    4.「Round Are Way」ノエル・ギャラガーノエル・ギャラガー
    合計時間:
    カセット(イギリス)
    全作詞・作曲: ノエル・ギャラガー。
    #タイトル作詞作曲・編曲時間
    1.「Wonderwall」ノエル・ギャラガーノエル・ギャラガー
    2.「Round Are Way」ノエル・ギャラガーノエル・ギャラガー
    3.「Talk Tonight」ノエル・ギャラガーノエル・ギャラガー
    4.「Wonderwall」ノエル・ギャラガーノエル・ギャラガー
    5.「Round Are Way」ノエル・ギャラガーノエル・ギャラガー
    6.「Talk Tonight」ノエル・ギャラガーノエル・ギャラガー
    合計時間:

    出典[編集]

    [脚注の使い方]

    出典[編集]

    1. ^ Bennett, Andy (2010). Britpop and the English Music Tradition. Ashgate Publishing, Ltd. p. 148. ISBN 978-0-7546-6805-3. https://books.google.com/?id=cK-gFIUijQYC 
    2. ^ “This Week In... 1996”. ARIA Charts (Australian Recording Industry Association). (2016年2月9日). https://www.ariacharts.com.au/news/2016/this-week-in-1996 2020年6月24日閲覧。 
    3. ^ BRIT Certified”. British Phonographic Industry. 2020年6月24日閲覧。
    4. ^ Gold & Platinum”. Recording Industry Association of America. 2020年6月24日閲覧。
    5. ^ a b Oasis - Wonderwall”. australian-charts.com. 2020年6月24日閲覧。
    6. ^ Official Singles Chart Top 100 (05 November 1995 - 11 November 1995 Oasis)”. Official Charts Company (1995年11月5日). 2020年6月24日閲覧。
    7. ^ Oasis - Wonderwall”. norwegiancharts.com. 2020年6月24日閲覧。
    8. ^ The Hot 100 Chart”. Billboard. Prometheus Global Media (1996年3月9日). 2020年6月24日閲覧。
    9. ^ Oasis - Wonderwall”. dutchcharts.nl. 2020年6月24日閲覧。
    10. ^ Oasis - Wonderwall”. lescharts.com. 2020年6月24日閲覧。
    11. ^ a b “Noel: Wonderwall 'not about Meg'”. BBC NEWS (BBC). (2002年10月17日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/2337721.stm 2020年6月24日閲覧。 
    12. ^ Countdown – Twenty Years of triple j's Hottest 100 - triple j”. Australian Broadcasting Corporation (2013年4月18日). 2020年6月24日閲覧。
    13. ^ Brad Mehldau Trio Add To The "Wonderwall" Cover Canon, Ryan Adams To Tour with the Guys Who First Recorded That Song”. Stereogum (2008年4月10日). 2020年6月24日閲覧。
    14. ^ Harris, John (2004). Britpop!: Cool Britannia and the Spectacular Demise of English rock. Cambridge, Massachusetts: Da Capo Press. p. 226. ISBN 0-306-81367-X. https://books.google.com/?id=fXQCAvSLoAoC 
    15. ^ a b Krugman, Michael (1997). Oasis: supersonic supernova. Macmillan Publishers. pp. 99-102. ISBN 0-312-15376-7. https://books.google.com/?id=BfjKZJOFCowC 
    16. ^ “Liam Gallagher's foul-mouthed reaction to Oasis' Wonderwall - and why he still hates it”. Mirror Online (MGN Limited). (2019年10月30日). https://www.mirror.co.uk/3am/celebrity-news/liam-gallaghers-foul-mouthed-reaction-20743647 2020年6月24日閲覧。 
    17. ^ Bennett, Andy (2010). Britpop and the English Music Tradition. Ashgate Publishing, Ltd. p. 148. ISBN 978-0-7546-6805-3. https://books.google.com/?id=cK-gFIUijQYC 
    18. ^ Digital Sheet Music, Oasis "Wonderwall"”. musicforte.com. Peer International Music Publishing (2011年). 2014年3月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年6月24日閲覧。
    19. ^ Robinson, John (2004年6月19日). “Not Here Now”. The Guardian (London). http://arts.guardian.co.uk/glastonbury2004/story/0,,1242267,00.html 2020年6月24日閲覧。 
    20. ^ Oasis – Fun Facts, Answers, Factoids, Info, Information”. Funtrivia.com. 2020年6月24日閲覧。
    21. ^ Q Special Edition – Oasis: Ten Years Of Rock 'n' Roll Mayhem (EMAP Metro)