サンデー・モーニング・コール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
「サンデー・モーニング・コール」
オアシスシングル
初出アルバム『スタンディング・オン・ザ・ショルダー・オブ・ジャイアンツ
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル Big Brother Recordings
作詞・作曲 ノエル・ギャラガー
プロデュース マーク・ステント
ノエル・ギャラガー
チャート最高順位
  • 4位(イギリス)
オアシス シングル 年表
フー・フィールズ・ラヴ?
(2000年)
サンデー・モーニング・コール
(2000年)
ヒンドゥ・タイムズ
(2002年)
ミュージックビデオ
「Sunday Morning Call」 - YouTube
テンプレートを表示

サンデー・モーニング・コール」(原題:Sunday Morning Call)は、イギリスのロックバンド、オアシスの2000年7月3日に発表された楽曲、および同曲を収録したシングル。 『スタンディング・オン・ザ・ショルダー・オブ・ジャイアンツ』からの4枚目のシングル。

概要[編集]

ノエル・ギャラガーの作詞作曲。 UKチャートでは最高位は4位であった。

ノエルが友人であるモデルのケイト・モスに影響を受けて書かれたと言われている。  『サンデー・モーニング・コール』はノエルがA,B両面の曲でリードボーカルを務めた最初のオアシスのシングルである。 A面のリードボーカルをノエルが務めるのは『ドント・ルック・バック・イン・アンガー』以降二枚目。 『タイム・フライズ…1994-2009』のDVDのコメンタリーでノエル自身は、この曲がとても嫌いであると語っている。 『サンデー・モーニング・コール』は、『タイム・フライズ…1994-2009』にも隠しトラックとして収録されている。

評価[編集]

他のオアシスの楽曲と同様に盛り上がりのある曲である。 全体的に評価の低かったアルバムの他の曲と違い、評価が分かれている曲である。 NMEは、とても退屈と評する一方で、Allmusicは、いつものバンドの勢いのある曲調と違い,大人びて内省的、ゆっくりとしていてメロウであると評価している。

ミュージックビデオ[編集]

ミュージックビデオはジャック・ニコルソン出演の映画『カッコーの巣の上で』の影響を受けている。 カナダのバンクーバーの精神病棟で撮影された。出演している男性はスコットランド人である。

収録曲[編集]

7インチアナログ (RKID 004)
  1. サンデー・モーニング・コール-Sunday Morning Call – 5:14
  2. キャリー・アス・オール-Carry Us All – 4:00
12インチアナログ (RKID 004T) and CD (RKIDSCD 004)
  1. サンデー・モーニング・コール-Sunday Morning Call – 5:14
  2. キャリー・アス・オール-Carry Us All– 4:00
  3. フル・オン-Full On – 4:16

脚注[編集]

[ヘルプ]