リヴ・フォーエヴァー (オアシスの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リヴ・フォーエヴァー
オアシスシングル
収録アルバム オアシス
リリース
録音 1994年
ジャンル ロック
時間
作詞・作曲 ノエル・ギャラガー
プロデュース オアシス、オーウェン・モリス、マーク・コイル
チャート最高順位
10位(イギリス
年表
シェイカーメイカー
1994年
リヴ・フォーエヴァー
(1994年)
シガレッツ・アンド・アルコール
1994年
オアシス 収録曲
シェイカーメイカー
(2)
リヴ・フォーエヴァー
(3)
アップ・イン・ザ・スカイ
(4)
ミュージックビデオ
「Live Forever (US Version)」 - YouTube
テンプレートを表示

リヴ・フォーエヴァー」 (Live Forever) は、イギリスロックバンドであるオアシス1994年に発表した楽曲、および同曲を収録したシングル。

概要[ソースを編集]

ノエル・ギャラガー作詞・作曲。デビュー・アルバム『オアシス』からのシングル・カット第3弾。全英シングルチャートで10位を記録し[1]、オアシスにとって最初のトップ10に入る作品となった。日本盤CDは収録曲の「クラウドバースト」がアルバムに収録された関係で発売されていない。

この曲は、ノエルがオアシスが誕生する前の1991年ローリング・ストーンズの「ワイルド・ホース」にインスパイアされて作曲した[2]。歌詞は、ギャラガー兄弟(ノエルとリアム)の母を称える歌だと言われている[3]。また、ノエルは次のようにも語っている。

当時のニルヴァーナなどのグランジは、自己嫌悪と死にたいというものばかりだった。俺はそう思わないし、カート・コバーンみたいなのには腹が立った。だから永遠に生きたいというような曲を作った[2]

ミュージック・ビデオでも、コバーンの他に、シド・ヴィシャスジム・モリソンブライアン・ジョーンズジョン・レノンジミ・ヘンドリックスマーク・ボランサッカー選手のボビー・ムーアといった、故人たちのポートレートが映っている。

デモでは、アコースティックギターのイントロから始まっている。しかし、アルバム・バージョンをレコーディングする際、プロデューサーのオーウェン・モリスが、トニー・マッキャロルのドラムに入れ替え、その上ノエルのギター・ソロ部分もカットした。モリス曰く、この部分がガンズ・アンド・ローゼズスラッシュのように感じていた[4]

2016年4月のツアー(SSE Hydroでのライヴ)では、プリンスにこの曲を捧げた。

収録曲[ソースを編集]

  • 英国盤CD CRESCD 185
  1. リヴ・フォーエヴァー - "Live Forever" – 4:38
  2. アップ・イン・ザ・スカイ - "Up in the Sky" (acoustic) – 3:32
  3. クラウドバースト - "Cloudburst" – 5:21
  4. スーパーソニック - "Supersonic" (live) – 5:12
  • 7インチアナログ CRE 185
  1. リヴ・フォーエヴァー - "Live Forever" – 4:38
  2. アップ・イン・ザ・スカイ - "Up in the Sky" (acoustic) – 3:32
  • 12インチアナログ CRE 185T
  1. リヴ・フォーエヴァー - "Live Forever" – 4:38
  2. アップ・イン・ザ・スカイ - "Up in the Sky" (acoustic) – 3:32
  3. クラウドバースト - "Cloudburst" – 5:21
  • カセット CRECS 185
  1. リヴ・フォーエヴァー - "Live Forever" – 4:38
  2. アップ・イン・ザ・スカイ - "Up in the Sky" (acoustic) – 3:32

脚注[ソースを編集]

  1. ^ ChartArchive - Oasis - Live Forever”. 2012年6月28日閲覧。
  2. ^ a b 英「MOJO」誌編・著、中山啓子・訳 『ロック不滅の100曲』 廣済堂出版、1999年ISBN 4-331-50696-7
  3. ^ Harris, John (2004). Britpop!: Cool Britannia and the Spectacular Demise of English Rock, Da Capo Press, p. 177. ISBN 0-306-81367-X
  4. ^ Definitely Maybe [DVD]. Epic, 2004.