嬰ヘ短調

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
嬰ヘ短調
嬰ヘ短調
各言語での名称
英語 F sharp minor
独語 fis-Moll
仏語 Fa dièse mineur
伊語 Fa diesis minore
中国語 升F小調
音階
F sharp minor scale.png
Points whole tone.png全音を、Points semitone.png半音を示す。
関係調
同主調 嬰ヘ長調
平行調 イ長調
属調 嬰ハ短調
属調平行調 ホ長調
下属調 ロ短調
下属調平行調 ニ長調
前後の調と異名同音調
異名同音調 なし
テンプレートを表示

嬰ヘ短調(えいへたんちょう)は、西洋音楽における調の1つで、嬰ヘ (F) 音を主音とする短調調号はシャープ3箇所(F, C, G)。

音階と和音[編集]

音階構成音
上行→下行 1 2 3 4 5 6 7 8 7 6 5 4 3 2 1
自然短音階 F♯ G♯ A B C♯ D E F♯ E D C♯ B A G♯ F♯
和声的短音階 F♯ G♯ A B C♯ D E♯ F♯ E♯ D C♯ B A G♯ F♯
旋律的短音階 F♯ G♯ A B C♯ D♯ E♯ F♯ E D C♯ B A G♯ F♯

赤マスは一般に臨時記号により表される

和音構成音(ダイアトニック・コード)
コードネーム Fm Gm-5 Aaug Bm C D Edim FmM7 Gm7-5 AaugM7 Bm7 C7 DM7 Edim7 C7(♭9)
第9音 D
第7音 E F G A B C D B
第5音 C D E F G A B C D E F G A B G
第3音 A B C D E F G A B C D E F G E
根音 F G A B C D E F G A B C D E C
和音記号 I II III IV V VI VII I7 II7 III7 IV7 V7 VI7 VII7 V9

コードネームは実際の楽譜では異名同音的に変えられることがある。


特徴[編集]

ヴァイオリンでこの調の音階を弾くと開放弦が少なく、暗く曇った響きとなる。マッテゾンはこの調について「大いに憂愁のこもったものであるが、悩ましげで恋に夢中になっているような感じを表す。さらに、孤独な厭世的なものを有している。」と述べている。

嬰ヘ短調の曲の例[編集]

Category:嬰ヘ短調を参照。

関連項目[編集]