嬰ハ短調

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
嬰ハ短調
嬰ハ短調
各言語での名称
英語 C sharp minor
独語 Cis-Moll
仏語 Ut dièse mineur
伊語 Do diesis minore
中国語 升C小調
音階
C sharp minor scale.png
Points whole tone.png全音を、Points semitone.png半音を示す。
関係調
同主調 (I) 嬰ハ長調
平行調 (III) ホ長調
属調 (Vm) 嬰ト短調
属調平行調 (VII) ロ長調
下属調 (IVm) 嬰ヘ短調
下属調平行調 (VI) イ長調
前後の調と異名同音調
異名同音調 なし
半音下の調 ハ短調
半音上の調 ニ短調
テンプレートを表示

嬰ハ短調(えいハたんちょう)は、西洋音楽における調のひとつで、嬰ハ (C) 音を主音とする短調である。調号はシャープ4箇所 (F, C, G, D) である。

音階と和音[編集]

嬰ハ短調の音階構成音
上行→下行 1 2 3 4 5 6 7 8 7 6 5 4 3 2 1
自然短音階 C D E F G A B C B A G F E D C
和声的短音階 C D E F G A B C B A G F E D C
旋律的短音階 C D E F G A B C B A G F E D C

赤マスは一般に臨時記号により表される。

嬰ハ短調の和音構成音
コードネーム Cm Dm-5 Eaug Fm G A Bm-5 CmM7 Dm7-5 EaugM7 Fm7 G7 AM7 Bm7-5 G7(9)
第9音 A
第7音 B C D E F G A F
第5音 G A B C D E F G A B C D E F D
第3音 E F G A B C D E F G A B C D B
根音 C D E F G A B C D E F G A B G
和音記号 I II III IV V VI VII I7 II7 III7 IV7 V7 VI7 VII7 V9

和音は和声的短音階で考えたもの。
VIIの和音 (Bm-5) はV7 (G7) の、VII7の和音 (Bm7-5) はV9 (G7(9)) の根音を省略した形とみなされることがある。
その他のコードネームも実際の楽譜では異名同音的に変えられることがある。

特徴[編集]

曲の主調が嬰ハ短調という曲は少なく、ホ長調の曲でその平行調として現れることが多い。同主調は嬰ハ長調だが、♯を7箇所も (F, C, G, D, A, E, B) 使用しなければならないため、曲の途中では代わりに♭5箇所 (B, E, A, D, G) の変ニ長調を使用することが多い(ショパンの『幻想即興曲』など)。

ヴァイオリンでは音階開放弦の音が極端に少ないため、暗く曇った響きになり弾きづらい。一方、ピアノでの運指は黒鍵を利用することが多いため比較的容易であるといわれる。ショパンは好んで用い、特にノクターンに多い。彼の嬰ハ短調の曲には極めて叙情的なものが多い。そこからロマン派的な調とされ、よってノクターンを思わせるような曲想にもしばしば用いられる。

嬰ハ短調の曲の例[編集]

クラシック音楽[編集]

ポピュラー音楽[編集]

関連項目[編集]