ホ長調

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホ長調
ホ長調
各言語での名称
英語 E major
独語 E-Dur
仏語 Mi majeur
伊語 Mi maggiore
中国語 E大調
音階
E major scale.png
Points whole tone.png全音を、Points semitone.png半音を示す。
関係調
同主調 (Im) ホ短調
平行調 (VIm) 嬰ハ短調
属調 (V) ロ長調
属調平行調 (IIIm) 嬰ト短調
下属調 (IV) イ長調
下属調平行調 (IIm) 嬰ヘ短調
前後の調と異名同音調
異名同音調 なし
半音下の調 変ホ長調
半音上の調 ヘ長調
テンプレートを表示

ホ長調(ホちょうちょう)は、西洋音楽における調のひとつで、 (E) 音を主音とする長調調号はシャープ4箇所 (F, C, G, D)。

音階と和音[編集]

ホ長調の音階構成音
上行→下行 1 2 3 4 5 6 7 8 7 6 5 4 3 2 1
自然長音階 E F G A B C D E D C B A G F E
和声的長音階 E F G A B C D E D C B A G F E
旋律的長音階 E F G A B C D E D C B A G F E

赤マスは一般に臨時記号により表される。

ホ長調の和音構成音
コードネーム E Fm Gm A B Cm Dm-5 EM7 Fm7 Gm7 AM7 B7 Cm7 Dm7-5 B9
第9音 C
第7音 D E F G A B C A
第5音 B C D E F G A B C D E F G A F
第3音 G A B C D E F G A B C D E F D
根音 E F G A B C D E F G A B C D B
和音記号 I II III IV V VI VII I7 II7 III7 IV7 V7 VI7 VII7 V9

和音は自然長音階で考えたもの。
VIIの和音 (Dm-5) はV7 (B7) の、VII7の和音 (Dm7-5) はV9 (B9) の根音を省略した形とみなされることがある。
その他のコードネームも実際の楽譜では異名同音的に変えられることがある。

特徴[編集]

ヴァイオリンでこの調は最高開放弦のE線を主音としており、響きが輝かしく同主調のホ短調同様、第1ポジションではF♯音を含むので他の弦からE弦に移る時、不自然に人差し指を動かす必要がなく演奏しやすい。そのためかヴァイオリン協奏曲の大家であるタルティーニヴィオッティは好んでこの調で書いた。

対位法が盛んだったバロック期に多い調性である。楽曲冒頭で主旋律に対して対旋律が属調の場合、ヴァイオリンでは響きが明るいホ長調と開放弦が少なく暗いロ長調となり、鍵盤楽器では当時主流であった中全音律系の調律の場合、主旋律のホ長調は主和音の響きが良く旋律は明瞭であるが対旋律のロ長調は主和音の響きが悪く旋律も不明瞭となり明暗の対比がはっきりと出るのでヘ短調同様この時代の楽曲の特徴を表しやすい調性といえる。

シャルパンティエはこの調について「騒々しく喧嘩のようである」と、マッテゾンは「絶望に満ちた、あるいは全く死ぬほどの悲しみを比類なくよく表現する。全く途方にくれ、希望のない恋愛上の事態に最も適している。」と述べている。

異名同音調はないが、臨時記号を使った変ヘ長調(調号を考えるならばダブルフラット1つ〈B〉とフラット6つ〈E, A, D, G, C, F〉)が、ショパン幻想ポロネーズの途中で現れる。

ホ長調の曲の例[編集]

クラシック音楽[編集]

ポピュラー[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ シンコーミュージック・エンタテイメント編集部 『バンドスコア ザ・ビートルズ 1962年-1966年』 ソニー・ミュージックパブリッシング2006年ISBN 4-401-36244-6

関連項目[編集]