ブリット・アワード1996

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ブリット・アワード1996
1996 Brit Awards
受賞対象1995年度の音楽作品
開催日1996年2月19日
会場イギリスの旗 イギリス
ロンドンアールズ・コート
アールズ・コート・エキシビション・センター
イギリスの旗 イギリス
主催英国レコード産業協会
司会クリス・エヴァンス

ブリット・アワード19961996 Brit Awards)は、1996年2月19日ロンドンアールズ・コート・エキシビション・センターで開かれた、英国レコード産業協会が主催する音楽の祭典式。1995年の音楽を対象とし、今回で16回目となる。

パフォーマンス[編集]

アーティスト
David Bowie & Pet Shop Boys
  • Hallo Spaceboy
Michael Jackson
Alanis Morissette
  • Hand in My Pocket
Pulp
  • Sorted for E's & Wizz
Simply Red
  • Fairground
Take That

受賞・候補作[編集]

最優秀ブリティッシュ・男性賞
(Best British Male)
最優秀ブリティッシュ・女性賞
(Best British Female)

プレゼンター:Iggy Pop

プレゼンター:Tina Turner

最優秀ブリティッシュ・グループ賞
(Best British Group)
最優秀ブリティッシュ・ニューカマー賞
(Best British Newcomer)

プレゼンター:Pete Townshend from The Who

プレゼンター:Robbie Williams

最優秀ブリティッシュ・プロデューサー賞
(Best British Producer)
最優秀ブリティッシュ・ダンス・アクト賞
(Best British Dance Act)

プレゼンター:-

プレゼンター:Vic Reeves, Bob Mortimer & Ulrika Jonsson

最優秀ブリティッシュ・アルバム賞
(Best British Album)
最優秀ブリティッシュ・シングル賞
(Best British Single)

プレゼンター:Lenny Kravitz

プレゼンター:Jo Whiley

最優秀ブリティッシュ・ビデオ賞
(Best British Video)
最優秀サウンドトラック/キャスト・レコーディング賞
(Best Soundtrack / Cast Recording)

プレゼンター:Michael Hutchence from INXS

プレゼンター:-

  • Wonderwall - Oasis
  • Country House - Blur
  • The Universal - Blur
  • Protection - Massive Attack
  • Common People - Pulp
  • Just - Radiohead
  • Like a Rolling Stone - The Rolling Stones
  • Fairground - Simply Red
  • Alright - Supergrass
  • Back for Good - Take That
最優秀インターナショナル・男性賞
(Best International Male)
最優秀インターナショナル・女性賞
(Best International Female)

プレゼンター:-

プレゼンター:Kylie Minogue

最優秀インターナショナル・グループ賞
(Best International Group)
最優秀インターナショナル・ニューカマー賞
(Best International Newcomer)

プレゼンター:Celine Dion

プレゼンター:Martin Clunes & Neil Morrissey

音楽への素晴らしい貢献に対する表彰
(Outstanding Contribution)
フレディ・マーキュリー
(Freddie Mercury Award)

プレゼンター:Tony Blair

プレゼンター:Roger Taylor from Queen

  • The Help Album for the charity War Child[注釈 1]
アーティスト・オブ・ア・ジェネレーション
(Artist of a Generation)

プレゼンター:Bob Geldof

注釈[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ War Childのチャリティ・アルバム。受賞の際にはブライアン・イーノとレディオヘッドのトム・ヨークが登壇した。

出典[編集]

外部リンク[編集]