ドント・パス・ミー・バイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ビートルズ > 曲名リスト > ドント・パス・ミー・バイ
ドント・パス・ミー・バイ
ビートルズ楽曲
収録アルバムザ・ビートルズ
英語名Don't Pass Me By
リリース1968年11月22日
録音
ジャンルカントリーロック[1]
時間
  • 3分46秒(mono version
  • 3分51秒(stereo version
レーベルアップル・レコード
作詞者リチャード・スターキー
作曲者リチャード・スターキー
プロデュースジョージ・マーティン
ザ・ビートルズ 収録曲
ロッキー・ラックーン
(B-5)
ドント・パス・ミー・バイ
(B-6)
ホワイ・ドント・ウィ・ドゥ・イット・イン・ザ・ロード
(B-7)

ドント・パス・ミー・バイ」(Don't Pass Me By)は、ビートルズの楽曲である。1968年に発売された9作目のイギリス盤オリジナル・アルバム『ザ・ビートルズ』に収録された楽曲。リンゴ・スター[注釈 1]が作詞作曲を手がけたカントリーロック調の楽曲で、スターのソングライターデビュー作である[注釈 2][2]。1968年6月にスターとポール・マッカートニーに加えて、ヴァイオリン奏者のジャック・ファロン英語版の3人でレコーディングが行われ、ジョン・レノンジョージ・ハリスンは参加していない。

スカンジナビアでシングル・カットされたが、作者名がレノン=マッカートニーと誤表記されている。このシングル盤は、1969年4月にデンマークのシングルチャートで第1位を獲得した[3]

背景[編集]

スターが本作の構想を練り始めたのは1964年で、同年6月のニュージーランドのラジオ局でのインタビューで、ポール・マッカートニーが「リンゴが初めて作曲に挑んだ。綺麗なメロディだ」と語り、スターは「カントリー&ウェスタンを想定して書いたけど、ジョンとポールがブルースのフィーリングで歌うと、もう一気に打ちのめされたよ」と語っている[4]

前述の番組から1か月後に出演したBBCラジオの番組『トップ・ギア英語版』で、スターがブライアン・マシューと本作を論じており、「良い曲を書いたんだけど、誰もレコーディングしたがらないんだ。もしかしたら、ポールはやってくれるかな」と語り、それに対してマッカートニーは否定した[4]。なお、同番組内でマッカートニーが「Don't pass me by, don't make me cry, don't make me blue, baby(僕を置いていかないで、僕を泣かせないで、僕をブルーにさせないで)」と本作のリフレイン部分の冒頭のフレーズを歌っている[5]

スターは、本作について「僕が初めて書いた曲で、書いた曲を形にするのは最高の気分だった。すごく興奮したし、みんなも本当に協力的で、あのイカれたヴァイオリニストのレコーディングは、特に胸がワクワクした」と語っている[6][4]

なお、本作の楽譜出版元はスターの楽曲専門会社スターティング・ミュージックが所有しているが発表されてしばらくはアップル・パブリッシング[注釈 3]が所有していた。

レコーディング[編集]

「ドント・パス・ミー・バイ」のレコーディングは、1968年6月5日と6日、7月12日にEMIスタジオのスタジオ2で行われた。前述のとおり1964年から制作された楽曲だが、6月5日のセッション・テープのラベルには「Ringo's Tune (Untitled)」、6月6日のセッション・テープのラベルには「This Is Some Friendly」と表記され、7月12日までに元の「ドント・パス・ミー・バイ」に戻された[7]

6月6日にレコーディングされたリード・ボーカルのトラックの合間では、スターが2小節をカウントする声が入っており[8]、これは2回目のリフレインと3回目のリフレインの間で確認できる。モノラル・ミックスは、ステレオ・ミックスよりもテープの回転速度が上げられており、フェード・アウト部分でのヴァイオリンのフレーズも異なっている[4]。1996年に発売された『ザ・ビートルズ・アンソロジー3』には、ヴァイオリンがオーバー・ダビングされる前のテイクを編集した音源が収録された[4]

ジョージ・マーティンは、本作のイントロとしてオーケストラの小曲を制作したが、最終的に没となった[9]。この小曲の一部の別音源が、1968年に公開されたアニメ映画『イエロー・サブマリン』で使用され、1996年に発売された『ザ・ビートルズ・アンソロジー3』に「ア・ビギニング」として収録された[10][9][4]

なお、本作においてジョン・レノンジョージ・ハリスンは演奏に参加していないが、レノンは6月5日のセッションに同席しており、同日にレコーディングされたテープのテイクの合間で、「ユー・アー・マイ・サンシャイン」の1フレーズを歌うレノンのボーカルが残されている[4]

評価[編集]

作家のバリー・マイルズ英語版は、本作を「リンゴのカントリー&ウェスタン・ナンバー」「素晴らしい曲」とし、ジャック・ファロン英語版ヴァイオリンの演奏とバグパイプ効果を称賛した[11]クラシック・ロック』誌のイアン・フォートナムは、「アルバム『ザ・ビートルズ』を『“永続的なロックの青写真”にした4曲」として「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」、「ヤー・ブルース」、「ヘルター・スケルター」と共に本作を挙げた[12]

クレジット[編集]

以上が、イアン・マクドナルド英語版[13]マーク・ルイソン英語版[7]の著書を出典としたクレジット。

しかし、2018年に発売された『ザ・ビートルズ (ホワイト・アルバム)〈スーパー・デラックス・エディション〉』に付属のブックレットには、以下のようなクレジットが掲載されている[4]

  • リンゴ・スター - リード・ボーカル、ピアノ、スレイベル、パーカッション
  • ポール・マッカートニー - ピアノ、ベース、ドラム
  • ジャック・ファロン - ヴァイオリン

カバー・バージョン[編集]

アメリカ・ジョージア州出身のロックバンド、ジョージア・サテライツが、1988年に発売されたアルバム『オープン・オール・ナイト』で本作をカバーし[14]、2004年にザ・パンクルズがアルバム『Pistol』でカバーした[15]

1994年10月31日、フィッシュがニューヨークでアルバム『ザ・ビートルズ』に収録の全曲をカバーするライブを行い、本作はブルーグラス調にアレンジされて演奏された。このライブでの演奏は、2002年に発売された4枚組のライブ・アルバム『LIVE PHISH 13 10.31.94』で音源化された[16]

スターは、2017年に発売されたアルバム『ギヴ・モア・ラヴ』で、ボーナス・トラックとして本作をセルフカバーした。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 名義は本名のリチャード・スターキー
  2. ^ 本作以前に発表されていたスター作の楽曲は、1965年に発表された「消えた恋」(※レノン=マッカートニー & リチャード・スターキー名義)と、1967年に発表された「フライング」(※メンバー全員で書いたインストゥルメンタル)。
  3. ^ ビートルズが設立したアップル・コア傘下の楽譜出版社。現在は解散している。

出典[編集]

  1. ^ Halpin, Brooke (2017). Experiencing the Beatles: A Listner's Companion. Rowman & Littlefield. p. 190. ISBN 1442271442. "...the country-rock song "Don't Pass Me By" is the first song in the Beatles' catalog that is written entirely by Ringo." 
  2. ^ Lewisohn 1988, pp. 137, 142, 144.
  3. ^ Top 10/Tipparaden/1969/Uge 14 (week 14)” (Danish). danskehitlister.dk (1969年4月3日). 2020年9月25日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h White Album 2018, p. 20.
  5. ^ Complete BBC Sessions, Vol.8, track 5, at the 1:10 mark
  6. ^ Guesdon, Jean-Michel; Margotin, Philippe (2014) [2013]. Freiman, Scott. ed. All the Songs: The Story Behind Every Beatles Release. Philadelphia, Pennsylvania: Running Press. p. 435. ISBN 1603763716 
  7. ^ a b Lewisohn 1988, p. 137.
  8. ^ Lewisohn 1988, pp. 137, 142.
  9. ^ a b MacDonald 2005, p. 286.
  10. ^ Lewisohn, Mark (1996年). The BeatlesAnthology 3』のアルバム・ノーツ, p. 4. London: Apple Records.
  11. ^ Miles, Barry (1968年11月29日). “Multi-Purpose Beatles Music”. International Times: p. 10 
  12. ^ Fortnam 2014, pp. 42–43.
  13. ^ Lewisohn 2005, p. 286.
  14. ^ Jurek, Thom. Open All Night - The Georgia Satellites - オールミュージック. 2020年9月25日閲覧。
  15. ^ Luerssen, John D.. Pistol - The Punkles - オールミュージック. 2020年9月25日閲覧。
  16. ^ Jarnow, Jesse. Live Phish, Vol. 13: 10/31/94, Glens Falls Civic Center, Glens Falls, NY - Phish | Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2020年9月22日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]