ユー・アー・マイ・サンシャイン (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ユー・アー・マイ・サンシャイン(You Are My Sunshine)は、アメリカのポピュラーソング。作詞・作曲はジミー・デイビスとチャールズ・ミッチェル。

概要[編集]

1939年にパイン・リッジ・ボーイズ(Pine Ridge Boys)によって初録音された。1940年には作詞・作曲したデイビスとミッチェルが「Jimmie Davis with Charles Mitchell's Orchestra」名義で録音した。また、同年公開の映画「Take Me Back to Oklahoma」の挿入歌として使用された。その後、多くの歌手によってカバーされ、今なお多くのアメリカ国民の間で定着している。日本でも戦後復興の時期に流行した[1]のをきっかけに、広く知られている。ジミー・デイビスは、後にルイジアナ州知事となり、その際の選挙活動にもこの曲は使われた。現在ルイジアナ州の州歌にもなっている。

1962年には、レイ・チャールズによるカバーが大ヒットし、『ビルボード』誌のR&Bチャートで1位に達した。

その他[編集]

1996年度上半期のJASRACの著作権使用料分配額(外国作品)ランキングで総合1位にランクインされた[2]

近年では、2009年に公開されたアニメ映画ホッタラケの島の挿入歌にも使用された。

脚注[編集]

  1. ^ はだしのゲン」では戦後、駐留していたアメリカ兵の前で子どもたちが本曲を歌唱し周囲をひきつけ、その間に生きるために盗みをはたらくシーンの描写がある。
  2. ^ 1996年度上半期分配額ベスト10、JASRAC、1996年。