ジ・エンド (ビートルズの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジ・エンド
ビートルズ楽曲
収録アルバム アビイ・ロード
リリース 1969年9月26日
録音 1969年7月23日 - 8月18日
ジャンル ロック
時間 2分19秒
レーベル アップル・レコード
プロデュース ジョージ・マーティン
アビイ・ロード 収録曲
A面
  1. カム・トゥゲザー
  2. サムシング
  3. マックスウェルズ・シルヴァー・ハンマー
  4. オー!ダーリン
  5. オクトパスズ・ガーデン
  6. アイ・ウォント・ユー
B面
  1. ヒア・カムズ・ザ・サン
  2. ビコーズ
  3. ユー・ネヴァー・ギヴ・ミー・ユア・マネー
  4. サン・キング
  5. ミーン・ミスター・マスタード
  6. ポリシーン・パン
  7. シー・ケイム・イン・スルー・ザ・バスルーム・ウィンドー
  8. ゴールデン・スランバーズ
  9. キャリー・ザット・ウェイト
  10. ジ・エンド
  11. ハー・マジェスティー

ジ・エンド(The End)は、イギリスロックバンドビートルズが1969年に発表したアルバム『アビイ・ロード』の収録曲。ポール・マッカートニー作。同アルバム後半のメドレーの最後を飾る曲。実質的に本アルバムの収録を以てビートルズは解散したので「ビートルズ最後の曲」と解釈することもできる[1]

短い曲ながらも、リンゴ・スターのドラム・ソロや、ポール・ジョージ・ジョンの3人によるギターソロ・リレーなど、それまでのビートルズにはみられなかった展開で、最後に「結局、あなたが得る愛は、あなたが与える愛(の量)に等しい(And, in the end, the love you take/ Is equal to the love you make.)」というメッセージが歌われる。

2012年に開催されたロンドンオリンピック開会式では、フィナーレにポール・マッカートニーがヘイ・ジュードと共に演奏した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「最後に録音された曲」という意味ではないが、4人全員が顔を突き合わせて録音した曲としては最後のものになった。また、同アルバム中、この後に収録された「ハー・マジェスティー」は、編集上、結果的に独立された曲となったもの

関連項目[編集]