パーティーはそのままに

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ビートルズ > 作品リスト > パーティーはそのままに
ビートルズ > 曲名リスト > パーティーはそのままに
パーティーはそのままに
ビートルズシングル
初出アルバム『ビートルズ・フォー・セール
A面 アメリカ合衆国の旗 エイト・デイズ・ア・ウィーク
B面 日本の旗 みんないい娘
リリース
規格 7インチシングル
録音
ジャンル
時間
レーベル
作詞・作曲 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン
チャート最高順位
ビートルズ シングル U.S. 年表
ビートルズ シングル 日本 年表
  • パーティーはそのままに
  • (1965年)
ビートルズ・フォー・セール 収録曲
エヴリー・リトル・シング
(B-4)
パーティーはそのままに
(B-5)
ホワット・ユー・アー・ドゥーイング
(B-6)
テンプレートを表示

パーティーはそのままに」(原題 : I Don't Want to Spoil the Party)は、ビートルズの楽曲である。レノン=マッカートニー名義となっているが、ジョン・レノンによって書かれた楽曲[4]。1964年12月にイギリスで発売された4作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム『ビートルズ・フォー・セール』に収録されたのち、EP 『ビートルズ・フォー・セール・ナンバー・トゥー英語版』にも収録された[5]

アメリカでは、シングル盤『エイト・デイズ・ア・ウィーク』のB面曲として発売されたのち、1965年にキャピトル・レコードから発売された『ビートルズVI』に収録された。シングルのB面曲ながら、Billboard Hot 100で最高位39位を記録した[3]。日本でも1965年1月にシングル盤が発売され、B面には「みんないい娘」が収録された。

歌詞・レコーディング[編集]

歌詞は、疎外感と内面的な苦悩を歌ったもので、語り手がパーティに参加しているが、誘った彼女がパーティに来ないことから、パーティを台無しにしないためにその場を去ることを決めるという内容。本作についてレノンは「僕自身のすごく個人的な歌」と説明している[6]

「パーティーはそのままに」のレコーディングは、1964年9月29日にEMIスタジオで行われ、19テイク録音された中から最後のテイクがリリース版となった[7]ジョージ・ハリスンは、この楽曲においてカール・パーキンスを彷彿させるギターソロをグレッチ・テネシアンで演奏している[8]

低いハーモニー・パートを歌ったメンバーについて、音楽評論家によって異なった意見が出ている。イアン・マクドナルド英語版はハリスン[8]、ジョン・ウィンはレノンの歌唱法を真似たポール・マッカートニー[9]としていて、音楽学者のウォルター・エヴェレット英語版オーバー・ダビングによるレノンの二重唱としている[10]

クレジット[編集]

※出典[10]

ロザンヌ・キャッシュによるカバー[編集]

パーティーはそのままに
ロザンヌ・キャッシュ英語版シングル
初出アルバム『ヒッツ1979年〜1989年英語版
B面 ルック・ホワット・アワー・ラヴ・イズ・カミング・トゥ
リリース
規格 7インチシングル
ジャンル カントリー
時間
レーベル コロムビア・レコード
作詞・作曲 レノン=マッカートニー
プロデュース
チャート最高順位
後述を参照
ロザンヌ・キャッシュ英語版 シングル 年表
  • パーティーはそのままに
  • (1989年)
  • ブラック・アンド・ホワイト
  • (1989年)
テンプレートを表示

ロザンヌ・キャッシュ英語版は、1989年2月に「パーティーはそのままに」のカバー・バージョンをシングル盤として発売した。このカバー・バージョンは、同月に発売されたコンピレーション・アルバム『ヒッツ1979年〜1989年英語版』にも収録された。

キャッシュによるカバー・バージョンは、『ビルボード』誌が発表したHot Country Songsチャートで第1位を獲得した[11]。なお、本作がキャッシュにとって最後の首位獲得作品となり、レノン=マッカートニーの作品がカントリー・チャートにチャートインした唯一の例となった。

チャート成績[編集]

週間チャート[編集]

チャート(1989年) 最高位
Canada Country Tracks (RPM)[12] 1
US Hot Country Songs (Billboard)[11] 1

年間チャート[編集]

チャート(1989年) 順位
Canada Country Tracks (RPM)[13] 23
US Country Songs (Billboard)[14] 16

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ Kingsbury, McCall & Rumble 2012, p. 106.
  2. ^ O'Grady, Terence J. (1 May 1983). The Beatles, a musical evolution. Twayne. p. 58. ISBN 978-0-8057-9453-3. https://books.google.com/books?id=n33uAAAAMAAJ 
  3. ^ a b The Hot 100 Chart”. Billboard (1965年3月20日). 2020年11月12日閲覧。
  4. ^ Miles 1997, p. 175.
  5. ^ Ruhlmann 2009.
  6. ^ Beviglia 2017, p. 81.
  7. ^ Lewisohn 1988, p. 49.
  8. ^ a b MacDonald 2005, p. 129.
  9. ^ Winn 2008, p. 273.
  10. ^ a b Everett 2001, p. 258.
  11. ^ a b Rosanne Cash Chart History (Hot Country Songs)”. Billboard. 2022年7月1日閲覧。
  12. ^ "Top RPM Country Tracks: Issue 6373." RPM. Library and Archives Canada. 26 June 1989. 2020年11月12日閲覧。
  13. ^ RPM Top 100 Country Tracks of 1989”. RPM. Library and Archives Canada (1989年12月23日). 2020年11月12日閲覧。
  14. ^ Best of 1989: Country Songs”. Billboard. Prometheus Global Media (1989年). 2020年11月12日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]